2歳男児重傷 大阪

虐待内容:身体的虐待
発生日:2010年7月3日
ところ:大阪府堺市東区
子の年齢:3歳
性別:男
子の状態:両足骨折など約2カ月半の重傷
虐待した人(続き柄):継父(同居女性の長男)
年齢:26歳
職業:無職
容疑:傷害容疑
逮捕の日:2011年1月11日
虐待の状況:継父は2010年7月3日ごろ、当時2歳だった内縁の妻の長男に回し蹴りなどの暴行を加え、両足骨折など約2カ月半の重傷を負わせた疑い。長男は2010年7月6日に病院に運ばれたが、継父らは「階段から落ちた」と説明していた。継父は「『長男が誤って階段から落ちてけがをした』と説明するよう、母に指示した」と供述。継父は容疑を認め、「食事の際に『いただきます』と言わなかったので蹴った」「自分が厳しくしつけられたので、長男の態度にかっとなり、食卓がある2階から、1階に長男を連れて行って蹴った。
長男は壁に頭をぶつけていた」と供述。長男の体には事件以前のものとみられるあざもあった。
2010年7月初旬、付近住民が「室内で『骨が折れてるのに、やめて』と女性が叫んでいる」と市に通報。
児童相談所は府警に支援要請し、搬送先の病院で長男を保護した。

家族構成:継父と母は2009年1月ころ知り合い、2010年から継父、母(27)、長女(5)、長男の4人暮らし
その他:09年7月に虐待の通報を受けて同相談所職員らが数回訪問。2010年2月、姉弟を約1週間一時保護したが、母親が『兄弟げんか』との説明を繰り返したため、関係機関で見守るという判断をし、母親が「けがをさせない」と約束したため、保護を解除した。しかし、2010年3月にも、2人の顔のあざが確認された。
[PR]

by tatata24 | 2011-01-12 21:41 | 大阪府
line

忘れないために・・・。ニュースは流れて消えていきます。繰り返さないために、ここに記録しておきます。(ニュースとして公表された内容です。ただし全てを網羅しているわけではありません)


by tatata24
line