生後3カ月男児死亡 大阪

虐待内容:身体的虐待
発生日:2010年10月~2010年12月10日
ところ:大阪市住之江区
子の氏名:颯(はやて)ちゃん
子の年齢:生後3カ月
性別:男
子の状態:死亡
虐待した人(続き柄):父母(長男)
年齢:21歳と34歳
職業:自称会社員と職業訓練学校生
容疑:傷害容疑
逮捕の日:2011年5月15日
虐待の状況:10年10月~12月10日、自宅で長男に暴行、腕や両脚の骨を折ったり、硬膜下水腫の重傷を負わせた容疑。
2010年12月11日、両親が長男を住之江区の病院へ連れてきた。男児は意識不明の重体で外傷性くも膜下出血と診断され、都島区の病院へ転院。2011年1月17日午後6時40分ごろ、大阪市都島区の病院で死亡した。外傷性くも膜下出血と診断された。父親(21)は、「自宅の浴室に置いたベビーバスで沐浴(もくよく)させていた際、誤って2度落とした。人工呼吸したが意識が戻らず、ぐったりしていた」と説明。この病院が「男児にあざがあり、虐待の可能性がある」と府警に通報した。18日に司法解剖し、死因は血液中の酸素濃度が低下する急性呼吸促迫症候群とみられる。司法解剖では、死因は肺損傷による呼吸困難とされた。
同居の知人男性は「当時は父親と男児の2人だけだった。父親は『手をすべらせ、おぼれさせてしまった』と説明していた」「両親は男児をかわいがっており、暴力をふるったりしていなかった」
と話した。
男児は昨年11月4日ごろに左腕を骨折、同30日には両足のすねを骨折し12月10日まで入院していた。
府警の鑑定で、颯ちゃんは、関節を逆向きにねじられたり、体を強く揺さぶられた可能性が高いことが分かった
家族構成:父(21)、母(34)、長男、父の妹(19)、その交際相手の男性(21)の5人暮らし。
その他:両親は2年前に結婚、ともに耳が不自由という。
腕や足の骨折を診察した市立住吉市民病院(住之江区)の医師がカルテに2度、「虐待の可能性」と記載していたが、 医師は結局、原因を特定できないまま男児を退院させ、市こども相談センター(児相)へ通告もしなかった。
[PR]

by tatata24 | 2011-01-18 20:28 | 大阪府
line

忘れないために・・・。ニュースは流れて消えていきます。繰り返さないために、ここに記録しておきます。(ニュースとして公表された内容です。ただし全てを網羅しているわけではありません)


by tatata24
line