生後10ヶ月女児死亡 大阪(心中?)

虐待内容:身体的虐待
発生日:2011年6月29日
ところ:大阪市西成区
子の年齢:生後10カ月歳
性別:女
子の状態:死亡
虐待した人(続き柄):母(次女)
年齢:30歳
職業:
容疑:
逮捕の日:
虐待の状況:29日午後7時半ごろ、大阪市西成区北津守のマンション4階の一室で、この部屋に住む生後10カ月の女児が倒れているのを、近くに住む姉(10)が発見。連絡を受けた祖母(50)が119番した。室内には母親(30)も倒れており、病院に搬送されたが意識不明の重体。女児は、死後しばらく経過している。いずれも台所でうつぶせの状態で倒れており、目立った外傷はなく、着衣に乱れはなかった。姉が訪れた際、玄関は施錠されており、姉は合鍵を使って部屋に入った。部屋の窓の鍵もかかっており、室内に荒らされた様子はなかった。姉は近くに住む祖母と同居。母親と連絡がつかないため、祖母が、姉に様子を見に行かせた。次女の尿から睡眠薬などに含まれる成分が検出された。次女の死因は低酸素症だった。28日夜に死亡したとみられる。母親が次女を寝かし付けるために睡眠薬を飲ませ自分でも服用したか、無理心中を図った可能性がある。

家族構成:母と女児の2人暮らし
その他:2010年10月と2011年6月、「子供の泣き声がする」と通報があり、同署員が訪れたところ、母親が育児による疲れを訴えるなどしたため、大阪市こども相談センター(児相)に通告。同センターは、女児にあざがないことなどから、身体的虐待はないと判断し、保護はしなかった。
母は2010年9月、内縁の夫から暴力を振るわれていると警察に相談していた。
[PR]

by tatata24 | 2011-06-30 22:54 | 大阪府
line

忘れないために・・・。ニュースは流れて消えていきます。繰り返さないために、ここに記録しておきます。(ニュースとして公表された内容です。ただし全てを網羅しているわけではありません)


by tatata24
line