1歳女児やけどと骨折 大阪

虐待内容:身体的虐待
発生日:2012年11月末~12月上旬
ところ:大阪府松原市
子の年齢:当時1歳6カ月
性別:女
子の状態:約3週間のやけど、右足をひねって股関節を骨折
虐待した人(続き柄):母(娘)
年齢:31歳
職業:無職
容疑:傷害容疑
送検の日:2012年6月11日
虐待の状況:2011年11月末~12月上旬、当時1歳だった娘の足をひねったり、胸などをたたいたり、手にたばこの火を押し付けたり、する暴行を加え、やけどや太ももの骨を折る重傷を負わせた疑い。母親は「オムツ交換の際、足を持って何度もひねった」「子供の夜泣きがひどく、近所迷惑になると気になってやった。将来の不安やストレスもたまっていた」2011年12月中旬、母親が娘の一時預かりサービスの利用のため松原市役所を訪れた際、市の職員が娘にあざがあるのを発見、富田林子ども家庭センターに通告.

家族構成:当時、父、母、娘の3人暮らしだった。父母は内縁関係だが、娘は実子。
その他: 娘は施設に保護され、現在もリハビリ中。
[PR]

by tatata24 | 2012-06-12 20:39 | 大阪府
line

忘れないために・・・。ニュースは流れて消えていきます。繰り返さないために、ここに記録しておきます。(ニュースとして公表された内容です。ただし全てを網羅しているわけではありません)


by tatata24
line