5歳女児に睡眠薬 大阪

虐待内容:身体的虐待
発生日:2012年9月
ところ:大阪市東住吉区
子の年齢:当時5歳
子の所属:
性別:女
子の状態:軽度の意識障害、後遺症が残る可能性
虐待した人(続き柄):母(長女)
年齢:39歳
職業:無職
容疑:傷害容疑
逮捕の日:2013年2月28日
虐待の状況:2012年9月まで複数回、自宅などで女児に睡眠薬を飲ませ、20日間の入院が必要な薬物中毒にさせた疑い。昨年9月、呼吸困難となった女児を母親が病院に搬送し発覚した。府警は女児の血液から、成人の基準値で致死量に近い睡眠薬成分を検出した。女児は「家と病院で、母親に『ラムネ』と言われてピンク色の物を飲まされた。飲まないとたたかれた」と説明。女児は11年10月から2回、軽度の意識障害で大阪市内の病院に入院しており、同署は母親が日常的に睡眠薬を飲ませていた可能性が高いとみて捜査。女児は府内の施設で保護されたが、後遺症が残る可能性がある。母親は「自分が寝る時に一緒に寝てほしくて薬を飲ませていた」と容疑を認めている。


家族構成:祖父母、母、長女、母の弟との5人暮らし。
その他:
[PR]

by tatata24 | 2013-02-28 23:12 | 大阪府
line

忘れないために・・・。ニュースは流れて消えていきます。繰り返さないために、ここに記録しておきます。(ニュースとして公表された内容です。ただし全てを網羅しているわけではありません)


by tatata24
line