生後2カ月男児死亡 大阪

虐待内容:身体的虐待
発生日:2013年3月25日
ところ:大阪市住吉区
子の年齢:生後2カ月
性別:男
子の状態:死亡
虐待した人(続き柄):父(長男)
年齢:34歳
職業:介護福祉士
容疑:傷害致死容疑
逮捕の日:2013年11月25日
虐待の状況:3月25日午前10時半ごろ、大阪市住吉区に住む男児の父親(34)から「子どもが呼吸をしていない」と119番があった。男児は意識不明の状態で病院へ運ばれたが、同日午後8時半ごろ死亡。病院が「虐待の疑いがある」と住吉署へ届けた。虐待による傷害致死の疑いがあるとみて、両親から任意で事情を聴いている。 司法解剖の結果、男児の死因は外傷性急性くも膜下出血とみられる。父は「泣き出したので持ち上げたらミルクを吐き出した。動かないので、寝ている妻を起こし、119番通報した」と話している。
当時、一緒に部屋にいた母は、長男にミルクを与えたあと、寝室で寝ていて、リビングには、父と長男が、2人きりだった。長男には、後頭部に外傷があり、警察は、長男が、自ら動いて、けがをすることは考えにくく、2人きりだった父が暴行したとみて調べている。大阪府警捜査1課は25日、暴行を加えた疑いが強まったとして、父を傷害致死容疑で逮捕した。父は「身に覚えのないことです。冬馬の容体が悪くなった理由がわからない」と容疑を否認。

家族構成:父(34)、母(25)と男児の3人暮らし
その他:
[PR]

by tatata24 | 2013-04-26 22:51 | 大阪府
line

忘れないために・・・。ニュースは流れて消えていきます。繰り返さないために、ここに記録しておきます。(ニュースとして公表された内容です。ただし全てを網羅しているわけではありません)


by tatata24
line