生後間もない女児死亡 大阪

虐待内容:身体的虐待
発生日:2012年9月下旬~10月中旬
ところ:大阪府柏原市
子の年齢:生後まもない
子の所属:
性別:女
子の状態:死亡
虐待した人(続き柄):母(子)
年齢:28歳
職業:無職
容疑:殺人容疑
逮捕の日:2013年2月、2013年5月15日
虐待の状況:大阪府柏原市の用水路で昨年10月、生後まもない女児の遺体が見つかった事件で、母は、遺体を用水路に放置した死体遺棄容疑で2013年2月に逮捕され翌月、起訴された。母は死体遺棄容疑で逮捕された際、「1週間ぐらい育児をしたが、連れ去られた」と供述していた。遺体に目立った外傷はなく首を絞められたような跡はみられなかった。司法解剖の結果、病死の可能性はない上、女児の肺にはわずかに空気を吸っていた形跡が残っていたといい、出産直後に殺害されたとみられるという。 口をふさがれたりして窒息死した可能性があり府警は5月15日、母=死体遺棄罪で起訴=を、女児を窒息死させた殺人の疑いで再逮捕した。母は「女の赤ちゃんを出産したが、殺害していない」と容疑を否認。


家族構成:
その他:
[PR]

by tatata24 | 2013-05-16 20:19 | 大阪府
line

忘れないために・・・。ニュースは流れて消えていきます。繰り返さないために、ここに記録しておきます。(ニュースとして公表された内容です。ただし全てを網羅しているわけではありません)


by tatata24
line