生後1か月重体 大阪

虐待内容:身体的虐待
発生日:2014年1月19日から2月15日までの間
ところ:大阪府高槻市
子の氏名:颯馬(そうま)ちゃん
子の年齢:生後間もない
子の所属:
性別:男
子の状態:急性硬膜下血腫などで意識不明。回復の見込み薄い。

虐待した人(続き柄):父(長男)
年齢:31歳
職業:無職
容疑:傷害容疑
逮捕の日:2014年11月27日
虐待の状況:父は、2014年1月19日に生まれた長男の颯馬そうまちゃんに対し、2月15日までの間に何ら
かの暴行を加え、急性硬膜下血腫などを負わせた疑い。2月15日夜に母が風呂から出てきた際、父と一緒にいた長男の意識がなくなっていた。同日、父母が長男を高槻市内の病院に連れて行き、けがの程度が重いことから2月17日、別の大学病院に転院した。病院の通報で同署が捜査。同署は医師の診断結果などから、暴行により脳が損傷したと判断した。母は「(父が)これまでも泣いている長男の頭や顔をたたいたりしていたので、止めていた」と話す。父は「虐待したことは事実です」と容疑を認めている。父親に精神疾患がある可能性があり、高槻署は責任能力の有無を慎重に調べる。

家族構成:父母(19)と長男の3人暮らし(10月に離婚)
その他:  高槻市によると、市は母の年齢を考慮し、長男の誕生前後から家庭を支援していた。2月12日に保健師が家庭訪問した際、母が「長男が抱っこされても泣くので、夫が頭をはたいたのを見たことがある」と説明したが、父親が育児に協力的な態度を示していたことから、虐待はないと判断していたという。
[PR]

by tatata24 | 2014-11-28 22:03 | 大阪府
line

忘れないために・・・。ニュースは流れて消えていきます。繰り返さないために、ここに記録しておきます。(ニュースとして公表された内容です。ただし全てを網羅しているわけではありません)


by tatata24
line