生後8か月男児死亡 広島

虐待内容:ネグレクト
発生日:2016年2月上旬から3月2日
ところ:広島県呉市
子の氏名:璃音(りと)ちゃん
子の年齢:生後8カ月
子の所属:
性別:男
子の状態:死亡

虐待した人(続き柄):父母(長男)
年齢:41歳と22歳
職業:無職と無職
容疑:保護責任者遺棄容疑
逮捕の日:2016年3月2日
虐待の状況:3月2日午前8時ごろ、広島県呉市の住宅で「赤ちゃんが冷たくなっている」と父親から消防に通報があり、警察と消防が駆けつけたところ、この住宅に住む生後8か月の男の赤ちゃんが1階の和室の布団の上で倒れているのが見つかり、その場で死亡が確認された。死因は栄養不足による呼吸・循環不全とみられる。また、死亡推定時刻は、3月1日の午後1時15分ごろから24時間以内だとみられる。長男の背中には床ずれの痕もあったという。男の子がやせていたことなどから警察が捜査を進めた結果、父親(41)と母親(22)が先月上旬から十分な食事や水を与えず衰弱させた疑いがあるとして2人を保護責任者遺棄の疑いで逮捕した。両親は「2階で寝ていて1階に降りたら璃音ちゃんが冷たくなっていた」と供述。父は「衰弱していなかったし、世話をしていた」と容疑を否認し、母は「子どもを大事にしてやれなかった」と認めているという。死亡した長男の体にあかが付着していた。璃音ちゃんを入浴させていなかった疑いもあるとみられる。母は1月下旬までミルクをあげていたが、2月上旬から放置していたことを認めた。

家族構成:
その他: 長男は2015年6月に生まれた。同9~12月に予防接種を計3回受けており、医療機関からも虐待などを疑わせる報告がなかったことから「経過は順調で、子育てに問題はない」と判断していたとしている。しかし長男は3カ月と6カ月の乳児健診を受診していなかった。父は2015年12月、「生活が苦しい」と市の生活支援課に相談。職員が2016年1月7日、自宅を訪問し、親子3人と会った際、長男に変わった様子はなかったという。亡くなった長男は、1カ月健診時と比べ、体重が500グラム程度しか増えていなかった。長男は3キロ弱の体重で出生し、7月の1カ月健診では約3・6キロと順調だったという。しかし、父母は3カ月、6カ月の健診を受診させず、長男は3月2日、同時期の乳児の半分ほどの約4キロとやせ細った状態で、栄養不足により亡くなっているのが見つかった。市によると、昨年度の3カ月健診の対象乳児は1613人で、受診率は約97%だった。受診しなかった理由は「里帰りで不在」などだったといい、市は「居住していながら催促に応じないケースはまれだった。今後の対策を検討したい」としている。
[PR]

by tatata24 | 2016-03-02 16:54 | 広島県
line

忘れないために・・・。ニュースは流れて消えていきます。繰り返さないために、ここに記録しておきます。(ニュースとして公表された内容です。ただし全てを網羅しているわけではありません)


by tatata24
line