2歳男児死亡 奈良

虐待内容:身体的虐待
発生日:2016年4月10日
ところ:奈良県生駒市
子の氏名:幸也(ゆきや)くん
子の年齢:2歳
子の所属:
性別:男
子の状態:死亡

虐待した人(続き柄):父(長男)
年齢:39歳
職業:会社員
容疑:殺人容疑
逮捕の日:2016年4月11日
虐待の状況:父は、4月10日午後5時50分ごろ、自宅マンション和室で、プラスチック製の収納ケース(幅約80センチ、奥行き約40センチ、深さ約30センチ)に長男と長女(3)を入れて蓋をロックし、約20~30分放置して長男を殺害した疑い。父は、収納ケースの下に長男を、長女(3)を上にして閉じ込め、外から蓋をロック
していた。父が蓋を開けると、長女は起き上がったが、長男はぐったりして意識がなく110番。2人に目立った外傷などはなかったが、長男は約7時間後に搬送先の病院で死亡が確認された。収納ケースは、グレー色の外から中が見えないもので、おもちゃやCDなども入っており、蓋の両端にロックが付いていた。身長は長男が約90センチ、長女が約96センチだった。長女に目立ったけがはなかったが、県警は長女への殺人未遂容疑も視野に捜査している。司法解剖の結果、死因は窒息による低酸素脳症と判明。父は「子供2人がリビングのテレビをたたいて騒ぎ、注意しても聞かなかったので仕方なくやった。殺すつもりはなかった」と供述。「ケースへの閉じ込めについては何回もやった」とも説明。父は当時、別の部屋で仕事をし、母は別室で食事の支度中で状況を認識していたが「前にもあったから大丈夫だと思っていた」と話している母はリビングでテレビを見ていた長男と長女がテレビに近寄りすぎているのを見つけ、「テレビを近くで見すぎたらだめ」などと注意。2人が言うことを聞かず、その後テレビをたたくなどして騒いでいたことから、父が長男と長女を収納ケースに閉じ込め、蓋をロックした。父は「子供の発達に問題があった」とも供述しており、母は今月、長男の発育について市の相談窓口を母子で訪ねる予定だった。県警は、子育ての悩みなどから父が同様の行為を繰り返していた可能性もあるとみて調べている。

家族構成:父、母(35)、長女(3)長男の4人暮らし
その他: 県中央こども家庭相談センター(児童相談所)によると、昨年12月21日に「子供の泣き声がする」との通報があり、生駒市が今年1月になって2度の家庭訪問を実施。母親と2人の子供に面会したが「けがやあざもなかったので、一時保護など緊急対応が必要とは判断しなかった」としている。ただ、「継続的な見守りは必要」として今年1月6日、2人を「要保護児童」とした。1月12、18日には市職員が家庭訪問して母親と子どもと面会した。その後は子どものインフルエンザなどを理由に面会できなかったが、母子は今月中に健康相談のため市健康課を訪れる予定だったという。
[PR]

by tatata24 | 2016-04-11 23:13 | 奈良県
line

忘れないために・・・。ニュースは流れて消えていきます。繰り返さないために、ここに記録しておきます。(ニュースとして公表された内容です。ただし全てを網羅しているわけではありません)


by tatata24
line