生後間もない女児死亡 鳥取

虐待内容:身体的虐待
発生日:2016年6月上旬
ところ:鳥取県岩美町
子の氏名:
子の年齢:生後間もない
子の所属:
性別:女
子の状態:死亡

虐待した人(続き柄):母(子)
年齢:35歳
職業:パート従業員
容疑:死体遺棄容疑
逮捕の日:2016年7月13日
虐待の状況:母は6月上旬、出産してまもない女児の遺体をポリ袋に入れ、岩美町の県道沿いの雑木林に遺棄した疑い。遺体は6月6日に清掃中の作業員が見つけ、110番通報。司法解剖の結果、死因は窒息死だった。母は「私が産んだ」と供述。逮捕を受けて、警察は7月13日に母の自宅を捜索したところ、物置から紙袋に入れられた別の赤ちゃんの遺体を見つけました。性別は分からず、死後1年から3年が経っているとみられる。警察はこの赤ちゃんも母が出産後に遺棄したとみて、死亡した経緯を調べている。

家族構成:父母と子ども3人との計5人暮らし。
その他:事件を受けて7月14日に鳥取市内で開かれた緊急児童相談所長会議で、母から妊娠届が町に提出されていなかったことが報告された。今後事件が起きた背景を調べ再発防止につなげるため、検証委員会を発足させることを決めた。
[PR]

by tatata24 | 2016-07-15 21:01 | 鳥取県
line

忘れないために・・・。ニュースは流れて消えていきます。繰り返さないために、ここに記録しておきます。(ニュースとして公表された内容です。ただし全てを網羅しているわけではありません)


by tatata24
line