カテゴリ:未分類( 2 )


生後2か月男児重傷 鹿児島

虐待内容:身体的虐待
発生日:2013年8月14日
ところ:鹿児島県鹿屋市
子の氏名:
子の年齢:生後2か月(当時)
子の所属:
性別:男
子の状態:急性硬膜下血腫や頭蓋骨骨折などの重傷のち2013年12月に肺炎で死亡

虐待した人(続き柄):父(長男)
年齢:29歳
職業:無職
容疑:傷害容疑
逮捕の日:2014年7月14日
虐待の状況:2013年8月14日午後8時頃、鹿児島市のアパートの自室で、同居する女性との間に生まれた男児の体を揺さぶるなど暴行を加え、急性硬膜下血腫や頭蓋骨骨折などの傷害を負わせた疑い。父は同日、男児を市内の病院に連れて行き、診察した医師が「虐待の可能性がある」と同署に通報した。男児は顔や手足にあざがあった。長男には視覚障害の後遺症が残ったほか、将来的に手足が不自由になったり、言語能力に障害が生じたりする可能性があると診断された。長男は約1か月間入院した後、乳児院に預けられたが、昨年12月、肺炎の疑いで死亡した。暴行と死亡との因果関係は不明という。父は「泣きやまなかったので揺さぶった」と供述。

家族構成:父、母(27)、長男の3人暮らし。父母は事実婚。
その他:
[PR]

by tatata24 | 2014-07-16 21:58

「心中」事件について

これまで、「親子心中」事件については、児童虐待のくくりで扱うべきかどうか迷いがあり、載せてきませんでした。しかし、事件が非常に多いこと、子どもの命が奪われていることから、あわせて扱うことにします。
[PR]

by tatata24 | 2011-06-19 20:27
line

忘れないために・・・。ニュースは流れて消えていきます。繰り返さないために、ここに記録しておきます。(ニュースとして公表された内容です。ただし全てを網羅しているわけではありません)


by tatata24
line