カテゴリ:東京都( 45 )


3歳男児死亡 東京

虐待内容:身体的虐待
発生日:2016年1月25日~27日
ところ:東京都大田区
子の氏名:礼人(あやと)くん
子の年齢:3歳
子の所属:保育所
性別:男
子の状態:死亡

虐待した人(続き柄):継父(母の長男)
年齢:20歳
職業:無職。指定暴力団住吉会系組員。
容疑:傷害容疑
逮捕の日:2016年1月27日
虐待の状況:1月27日午前0時5分ごろ、東京都大田区のマンションに住む20代の女性から「息子に熱があり、反応がない」と119番があった。男児は病院に搬送されたが、間もなく死亡が確認された。顔や下半身の複数箇所にあざがあり、警視庁大森署は同居している男性(20)が虐待した疑いが強まったとして傷害容疑
で逮捕した。継父は1月25日午後8時半〜同10時ごろ、マンション室内で男児に殴る蹴るの暴行を加え、投げ飛ばすなどして重傷を負わせた疑い。司法解剖の結果によると、死因は外傷性硬膜下血腫とみられる。継父は「3人で夕食中、俺をにらんだので頭にきてやった」と供述。継父は身長約195センチ、体重約120キロ。母は「暴行を止めようとしたが、暴力を振るわれ止められなかった」と話した。1時間以上にわたって暴行したとみられる。

家族構成:継父、母、長男の3人暮らし。母親と継父は2015年6月ごろ、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を通じて知り合い、1月8日ごろから3人で同居するようになった。
その他: 乳幼児に対する健診(生後4か月と1歳6か月、3歳の3回)を、礼人くんは3回とも受診していた。
健診の結果はいずれも、虫歯も1本もない「良好」な状態で、異常な点は見られなかった。また0歳のころから自宅の近くにある区の保育所に週3回通っていたが、25日もふだんどおり保育所に来ていた。保育士が25日に着衣を手伝ったときに体にあざなどはなかった。署や児童相談所に、虐待の相談や通報は寄せられていなかった。
[PR]

by tatata24 | 2016-01-27 22:16 | 東京都

14歳男児自殺 東京都

虐待内容:身体的虐待
発生日:2010年~2014年7月29日
ところ:東京都西東京市
子の氏名:
子の年齢:14歳
子の所属:中学2年
性別:男
子の状態:首をつって自殺

虐待した人(続き柄):継父(妻の長男)
年齢:41歳
職業:無職
容疑:傷害容疑
逮捕の日:2014年7月31日
虐待の状況:継父は7月29日午後、自宅で長男の顔や胸を数回殴ったり蹴ったりしてけがをさせた疑い。継父は29日午後、長男の顔を殴るなどしたうえ、「24時間以内に首をつって死んでくれ」と自殺を迫った。「部屋を出るな」と長男に指示もしていたという。長男は30日、自室で首をつって自殺しており、同署では長男が日常的に虐待を受け、それを苦に自殺した可能性があるとみている。30日朝、母親が自宅で首をつっている長男を見つけ119番。遺体には古いものも含め、顔や胸、足などにあざがあり、継父が暴行を加えたことを認めた。「ふすまの開け閉めが悪かったので殴った」と容疑を認めている。同居する母親は「3~4年前から暴行が始まり、今年6月ごろから激しくなった」と説明。継父は6月中旬、中学校に「体調が悪いので休ませる」などと連絡。長男は6月13日から中学を休んでいた。継父はボクシング経験者で、「ボクシングのグロープをはめて長男を殴ったことがある」などと供述。

家族構成:継父、母、長男、次男の4人暮らし。3〜4年前から西東京市内の都営アパートで同居を始め、2年前に結婚した。家計は妻がパートで支えていたという。その他: 2013年10~11月ごろ長男の右目付近にあざがあるのを中学校の担任が見つけた。生徒は「継父から暴力を受けた」と話した。学校は母親に医者へ連れて行くよう伝え、母親が了解したため、様子を見ようと判断した。2014年4月にも顔にあざが見つかり、長男は継父の暴力と認めたうえで、教諭に「いつもではないので大丈夫」と話した。学校は、継父から話を聴いたが「子どもを強くしたい」などと説明を受け、特段の対応は取らなかった。6月中旬から不登校になり学校は家庭訪問したいと伝えたが、継父に「来ないでほしい」「祖母宅に移るので自宅にはいない」などと断られ、そのままにしていたという。強制的な立ち入り権限を持つ児童相談所には通告せず、市教委に報告したのは生徒の自殺後だった。
[PR]

by tatata24 | 2014-07-31 22:26 | 東京都

4歳男児死亡 東京

虐待内容:ネグレクト
発生日:2013年3月
ところ:東京都足立区
子の氏名:
子の年齢:4歳
子の所属:
性別:男
子の状態:死亡

虐待した人(続き柄):父母(次男)
年齢:30歳と27歳
職業:無職
容疑:詐欺容疑
逮捕の日:2014年6月26日
虐待の状況:夫婦は4歳になる次男が行方不明になっている事実を隠し、1年ほどにわたって次男分の児童手当や生活保護費、およそ43万円を不正に受給していたとして詐欺の疑い。父は「次男が死んで届け出ると額が減ってしまうから不正に受給した」と供述、母も「生活が苦しかったので死んだことを隠して届け出ず、もらい続けていた」と供述。夫婦は「去年3月に朝起きたら次男が死んでいた。遺体は遺棄した」と供述。警視庁は、供述に基づいて山梨県の河口湖周辺の捜索を続けているが、これまでのところ発見には至っていない。

家族構成:父母と死亡した次男を含めて子ども6人の8人暮らし
その他:「育児放棄」の恐れがあるなどと判断し、児相は家庭訪問をしていた。児相が次男を最後に確認したのは201年2月の家庭訪問でその後、同7月と12月にも家に出向いたが、いずれも父が玄関先などで対応し、「妻が寝ているので別の日にしてほしい」などと応じなかったため、子ども6人全員の姿を確認せずに引き揚げていた。児相は5月14日、「次男がいなくなっている」との情報を得て、同16日に計2回、自宅を訪問。父は布団をかけて寝ている子ども6人の姿を見せた。布団で寝ている子ども6人の頭部を確認した。職員が同日午後に再び訪ねた時には、居間で背を向けて座っている姿を、父が「次男です」と指さした。一緒に寝ている妻について「体調不良だ」と言ったため、それ以上の調査はしなかった。警視庁によると、父母は今年3月、インターネットで体長約1メートルのマネキン人形を購入していた。警視庁は、次男とされたのは人形だったとみている。 また母親が5月、近所の知人に「次男を児童相談所に連れて行かないといけないので、あなたの子供を貸してほしい」と頼んでいた。児相は次男と出頭するように要請しており、警視庁捜査1課は父母が別人を次男にみせかけ、事件発覚を逃れようとしたとみて調べている。
[PR]

by tatata24 | 2014-06-27 22:55 | 東京都

生後八カ月女児に熱湯 東京

虐待内容:身体的虐待
発生日:2014年1月29日~30日
ところ:東京都町田市
子の氏名:
子の年齢:生後八カ月
子の所属:
性別:女
子の状態:顔にやけど

虐待した人(続き柄):父(長女)
年齢:23歳
職業:無職
容疑:傷害容疑
逮捕の日:2014年2月21日
虐待の状況:父は1月29日夜から翌30日未明までの間に、自宅で長女に熱湯をかけ、顔全体をやけどさせた疑い。仕事から戻った母親が気づき、町田署に相談。帰宅した母が、父を問い詰めると、「風呂に入れていて、顔を拭いたら皮がむけた」と話したという。父は署の調べに対し「風呂場で長女を洗っていたとき、蛇口の熱湯を直接、二秒ほどかけた」と供述。長女の顔の皮は、やけどでめくれていたほか、全身から古いあざや、やけどの痕が見つかった。署は虐待を受けていた可能性があるとみている。父は、母にも暴力を振るっていたため、その2日後、母は警察へ相談。

家族構成:父母、次男(1)、長女
その他: 父は、2013年5月、母へのDV容疑で神奈川県警に逮捕されている(起訴猶予処分)。この時の夫婦間のトラブルは、子どもへの精神的虐待にあたるとして、児童相談所が問題視し、介入。父に「DVはしません」と、誓約書を書かせた。そして一家は、父方の実家で暮らし始めた。2013年11月、長男を実家に残し、父母と次男と長女は、現場となったアパートで暮らし始めた。父は、2013年末にアルバイトを辞め、それから、家でゲームをしていたという。 昨年末以降、長女の体に傷があるのを不審に思った母が理由を尋ねても、父は「勝手に転んだ」などと答えていた。父のものとみられるツイッターには、「また娘に泣かれた。どんだけパパ嫌なんだよ」、「娘がなかなか寝てくれんなぁ。ゲームする時間なくなるよ」などと書かれていた。父は母へも暴力。「『なぜ働かないの?』と言われて切れた」と話した。神奈川県の児童相談所は、1月になって妻と連絡が取れたため、転居先の児童相談所へ、引き継ぎを進めていた。
[PR]

by tatata24 | 2014-02-24 20:28 | 東京都

2歳女児死亡 東京

虐待内容:身体的虐待
発生日:2014年1月30日
ところ:東京都葛飾区
子の氏名:愛羅ちゃん
子の年齢:2歳
子の所属:
性別:女
子の状態:死亡

虐待した人(続き柄)父(次女)
年齢:33歳
職業:無職
容疑:傷害容疑
逮捕の日:2014年1月30日
虐待の状況:1月30日午前2時半ごろ、東京都葛飾区のマンションで「子どもが苦しがり、息をしていない」と父親(33)から119番通報があった。消防隊員が毛布の上で心肺停止状態になっていた女児(2)を発見。病院に搬送したが、死亡した。女児の全身に約30カ所のあざがあり、警視庁は傷害致死の疑いで調べている。
父と母は事情聴取に対して、「2、3日前に公園の滑り台から落ちた」と説明している。次女の頭から腹部にかけて比較的古いあざがあり、唇も切れていた。葛飾署は31日に遺体を司法解剖して死因を調べる。


家族構成:父、母(26)と次女、三男(9か月)の4人暮らし。母親と別の男性との間に生まれた長女(6)、長男(5)、次男(3)と次女も平成24年3月ごろから経済的困窮を理由に、親類宅に預けられていたが、次女は1月7日から一時的に自宅に戻っていた。

その他:死亡した次女のアパート周辺では、複数の住民が子どもの泣き声を聞いていた。近所の主婦は、昨夏に二度ほど、しかりつけるような男性の怒鳴り声と、子どもの泣き声を聞いた。「午前中だったので、学校に行っていない小さい子どもなのかと思った。どこの部屋かは分からなかった」と振り返る。 近所の男性によると昨年10月、この部屋から「ふざけんじゃねえ。こいつ何やってんだ」という男の怒鳴り声が聞こえ、子供が「ごめんなさい」と泣きながら謝っていた。男性は「泣き声は30分間ぐらい続いた。3日連続で泣き声がしたので警察に通報したことがあった」と話した。1月25日には近隣住民から「子供の泣き叫ぶ声がする」と通報があり、署員が自宅を訪れたが、父母は「夫婦げんか」と説明。次女に外傷などがないため、虐待を受けていると判断されなかった。
[PR]

by tatata24 | 2014-01-30 22:26 | 東京都

生後間もない女児遺棄 東京

虐待内容:ネグレクト
発生日:2011年3月6日
ところ:東京都大田区
子の氏名:
子の年齢:生後間もない
子の所属:
性別:女
子の状態:保護され、現在も無事
虐待した人(続き柄):父母(次女)
年齢:32歳と31歳
職業:無職とホステス
容疑:保護責任者遺棄容疑
逮捕の日:2013年10月30日
虐待の状況:2011年3月の午後10時、大田区内の公園のベンチの上で、衣服に包まれた赤ちゃんを近所の人が見つけ、通報した。赤ちゃんには、へその緒がついたままだった。父母は、事件当時に住んでいた自宅から、徒歩10分ほどの公園に、生まれたばかりの女の子を放置した。女の子は保護され、現在も無事に育っている。保護責任者遺棄の疑いで、父(32)と、母(31)が2013年10月30日に逮捕された。父は「1人でやった。妻は関係ない」、母は「夫と相談してやった。お金がなかった」と容疑を認めている。
二人は当時、住民登録をしておらず、大田区に母子手帳の申請などもしていなかった。

家族構成:
その他:夫婦には上から男の子2人、女の子2人のあわせて4人の子供がおり、「平成14(2002)年に長男を捨て、平成22(2010)年には長女を捨てた」と供述。長女については、2010年1月30日、大田区の住宅の花壇の隙間の中に、放置されていた。四人の子のうち二女児の出産の際に病院などを使わなかったことが判明。児童相談所が平成16年、夫婦から虐待を受けていた次男を保護し、戸籍などで長男がいることが判明。 父母は平成16年12月中旬、北児童相談所の職員に長男の行方を尋ねられ、父母は「長男は生後数カ月で親族に預けた」と説明した。平成17年1月ごろに父母と連絡がつかなくなり、親族に預けた事実もなかったことが発覚。父母が当時暮らしていた北区内のアパートは1月中旬には引き払われていた。父母に連絡が取れないため、今年9月、捜査1課に「平成14年ごろから長男の行方が分からない夫婦がいる」と連絡していた。父母は8年以上、所在不明だったが、児相の追跡調査で、今年6月に母が大田区に住民登録したことが8月に判明。長女も次女も戸籍に登録されていなかったが、DNA型鑑定で夫婦の実子と確認された。長女と次女、次男は生存が確認されているが、長男は行方が分かっておらず、捜査1課が関連を調べている。長男について、2002年の出生後間もなく「(当時住んでいた)埼玉県上尾市内に捨てた」と供述した。
[PR]

by tatata24 | 2013-10-30 18:00 | 東京都

生後10カ月女児重体 東京

虐待内容:身体的虐待
発生日:2013年9月17日~18日
ところ:東京都町田市
子の氏名:
子の年齢:生後10カ月
子の所属:
性別:女
子の状態:頭の打撲や肋骨8本を折るなど意識不明の重体
虐待した人(続き柄):父母(長女)
年齢:26歳と26歳
職業:理容師
容疑:傷害容疑
逮捕の日:2013年9月21日
虐待の状況:父母は17日から18日にかけて、自宅で生後10か月の長女の顔や腹を殴ったり床に落としたりして、頭の打撲や肋骨8本を折るなどの重傷を負わせた疑い。異変に気付いた父が18日に119番。長女は相模原市の病院に搬送されたが、意識不明の重体。全身に皮下出血や打撲痕などがあったことから、病院が「虐待の疑いがある」と警察に通報した。「父はわたしはやってない。妻もやってないと思う。ケガは長男がおもちゃなどをぶつけたせいだと思う」と容疑を否認。母は「夜泣きがうるさい、なつかないと(娘を)夫が殴っているのをただ見ていた」「自分も夫から暴力を受けていて、止められなかった」「生後1カ月ごろから父が暴力を振るい始めた。これまでに自分も一緒に殴ったことがある」」と供述。警視庁によると、長女や母の体にはあざがあることから、父が日常的に家族に暴力を振るっていた可能性もあるとみて調べている。

家族構成:父母、長男(2)、長女の4人暮らし
その他:
[PR]

by tatata24 | 2013-09-21 22:47 | 東京都

5歳男児死亡 東京

虐待内容:身体的虐待
発生日:2013年9月6日
ところ:東京都江東区
子の氏名:龍桜(りゅうおう)ちゃん
子の年齢:5歳
子の所属:幼稚園
性別:男
子の状態:死亡
虐待した人(続き柄):父(長男)
年齢:45歳
職業:無職
容疑:傷害致死容疑
逮捕の日:2013年9月6日
虐待の状況:父は9月6日午前9時半~同10時頃、自宅で長男におよそ30分間にわたって、全身を殴ったり
けったりして、死亡させた疑い。長男は同日午後2時半頃、父にタクシーで病院に運ばれたが、間もなく死亡。
病院関係者が、長男がすでに心肺停止の状態で全身にあざがあるのに気付き、同署に通報した。父は「下着のまま幼稚園に行こうとしたので頭に来た」「服をうまく着れずもたもたしているので腹が立って殴ったり蹴ったりした。普段から、いたずらをしたり、言うことを聞かなかったりした時に殴っていたが、今回は、いつもの比じゃないくらい長時間殴ってしまった」と供述。司法解剖の結果、死因は全身を強く殴られたことによる、出血性ショック死とみられることがわかった。

家族構成:父、長女(9)、次女(8)、長男、三女(3)の4人暮らし。父母は1年前に離婚。
その他:
[PR]

by tatata24 | 2013-09-07 22:50 | 東京都

12歳女児死亡(心中) 東京

虐待内容:身体的虐待(心中)
発生日:2012年9月21日
ところ:東京都小金井市
子の年齢:12歳
性別:女
子の状態:死亡
虐待した人(続き柄):母(長女)
年齢:43歳
職業:無職
容疑:
逮捕の日:
虐待の状況:9月21日午後1時35分ごろ、東京都小金井市の簡易宿泊施設の室内で、女性2人が倒れているのを男性管理人が見つけ、119番通報した。駆けつけた警視庁小金井署員が、2人が布団の上に並んだ状態で死亡しているのを確認した。2人はこの部屋に住む母親(43)と長女(12)とみられ、長女には首に絞められたような痕があり、母親は頭からポリ袋をかぶった状態で死亡していた。女児の首に絞められたような痕があった。女児には毛布がかけられていた。死後2日程度とみられる。いずれも窒息死とみられる。部屋には鍵がかかっており、争ったような形跡はなかった。
この女性を差出人とする「子供を殺して自分も死にます」といった内容の封書が21日、小金井市役所に届き、市から連絡を受けた管理人が室内を確認したところ、2人が倒れているのを見つけた。

家族構成:
その他:
2人は昨年2月から生活保護を受給し、同施設に住んでいた。
[PR]

by tatata24 | 2012-09-21 23:12 | 東京都

5歳男児死亡(心中) 東京

虐待内容:身体的虐待(心中)
発生日:2012年9月13日
ところ:東京都渋谷区
子の氏名:駿之佑(しゅんのすけ)ちゃん
子の年齢:5歳
性別:男
子の状態:死亡
虐待した人(続き柄):継父(母の長男)
年齢:61歳
職業:飲食店経営
容疑:殺人容疑
逮捕の日:
虐待の状況:9月13日午前7時ごろ、東京都渋谷区の閑静な住宅街にある高級マンション7階の一室で女性(38)と男児(5)が死亡しているのを警視庁原宿署員が発見した。女性には首を絞められたような痕があった。亡くなった2人は寝室のベッドにあおむけに寝かされた状態で、顔にはタオルがかけられていた。死後半日から1日程度経過していた。同居する男性(61)の行方が分かっておらず、「後を追う」という趣旨の書き置きが残されていた。男は「女性と子供を手にかけた」と親族に連絡。親族が13日6時45分ごろ、「安否確認してほしい」と110番していた。警視庁捜査1課は14日、殺人事件と断定し、同居していた会社社長の男(61)について殺人容疑で逮捕状を取った。司法解剖の結果、母の死因は首を絞められたことによる窒息死と判明。男は親族に「資金繰りが苦しい」と話していた。
17日、殺人容疑で逮捕状が出ていた同居の飲食店経営の男(61)が長野県茅野市の山中で死亡しているのが発見された。検視の結果、死後2、3日経過しているとみられる。頭部に傷があることから、崖から飛び降りたとみられる。近くに「3人で暮らせて幸せだった。天国に行ってもまた一緒に暮らそう」などと書かれたメモが残されていた。
家族構成:継父、母、長男の3人暮らし
その他:
[PR]

by tatata24 | 2012-09-13 22:55 | 東京都
line

忘れないために・・・。ニュースは流れて消えていきます。繰り返さないために、ここに記録しておきます。(ニュースとして公表された内容です。ただし全てを網羅しているわけではありません)


by tatata24
line