カテゴリ:京都府( 17 )


1歳女児死亡 京都

虐待内容:身体的虐待
発生日:2013年5月16日
ところ:京都府福知山市
子の氏名:恋音(こはね)ちゃん
子の年齢:1歳
子の所属:
性別:女
子の状態:死亡

虐待した人(続き柄):母(三女)
年齢:27歳
職業:無職
容疑:殺人容疑
逮捕の日:2016年5月19日
虐待の状況:母は3年前の2013年5月16日早朝、自宅で三女を毛布などに押し込めて窒息死させた疑い。5月16日朝に母は「娘の意識、呼吸がない」と119番通報。駆け付けた救急隊員がぐったりした様子で倒れている女児を見つけて病院に搬送したが、死亡が確認された。 女児に目立った外傷はなかった。府警は当時、司法解剖を行ったが、死亡に至った経緯ははっきりしていなかった。複数の医師に鑑定を依頼したところ、「何者かに首を絞められたことによる窒息死」の可能性が高いことが判明。その後の調べで、母が女児を毛布でくるんだうえ、ゴムバンドのようなもので巻いている様子を、同居する家族が目撃していたことが判明。母は「全然心当たりはありません」と容疑を否認している。

家族構成:
その他:
[PR]

by tatata24 | 2016-05-19 23:10 | 京都府

生後5か月女児重傷 京都

虐待内容:身体的虐待
発生日:2015年1月下旬~3月下旬
ところ:京都府南丹市
子の氏名:
子の年齢:生後5か月
子の所属:
性別:女
子の状態:頭蓋骨骨折や慢性硬膜下血腫などの傷害

虐待した人(続き柄):父母(長女)
年齢:22歳と20歳
職業:無職
容疑:容疑
逮捕の日:2015年7月31日
虐待の状況:父母は2015年1月下旬~3月下旬、自宅などで長女の頭や体を揺さぶり、頭蓋骨骨折や慢性硬膜下血腫などの傷害を負わせた疑い。父母は3月31日、長女が自宅で嘔吐おうとしたとして同市内の病院に連れて行き、頭の骨が折れていたことなどから、虐待を疑った病院が保健所に連絡して発覚した。2人とも容疑を認め、「泣いてうるさいので強く揺さぶった」「泣きやまないので激しく揺さぶったかもしれない」などと供述。「乳幼児揺さぶられ症候群」と後に診断され、長女は保護施設に入所しているが、1年以上の通院が必要という。

家族構成:父、母、長男(2)長女の4人暮らし。
その他:
[PR]

by tatata24 | 2015-08-07 21:18 | 京都府

2歳男児大けが 京都

虐待内容:身体的虐待
発生日:2013年2月15日~16日
ところ:京都府宇治市
子の氏名:
子の年齢:2歳
子の所属:
性別:男
子の状態:急性硬膜下血腫や眼底出血などの大けがで現在も入院中

虐待した人(続き柄):父(長男)
年齢:22歳
職業:外壁職人
容疑:傷害容疑
逮捕の日:2014年10月24日
虐待の状況:父は昨年2月15~16日午前0時ごろ、宇治市の自宅で長男に頭を激しく揺さぶるなどし、急性硬膜下血腫や眼底出血などの大けがを負わせた疑い。父は「子供の具合が悪い」と、長男を宇治市の病院に連れて行き、病院から連絡を受けた宇治児童相談所が、虐待の恐れがあるとして同署に通報した。乳幼児揺さぶられ症候群とみられる。同署は複数の医師の意見などから犯行時間を特定し、当時自宅で長男と2人だった父が浮上した。長男は京都府舞鶴市の医療施設で入院・保護されている。後遺症のため座ることや寝返りができず、流動食しか食べられない。当時、母は外出していた。父は「覚えていない」と容疑を否認。
家族構成:父母、長男の3人暮らし
その他:
[PR]

by tatata24 | 2014-10-25 22:10 | 京都府

2歳男児死亡 京都

虐待内容:身体的虐待
発生日:2013年10月3日
ところ:京都府綾部市
子の氏名:
子の年齢:2歳
子の所属:
性別:男
子の状態:死亡
虐待した人(続き柄):父(長男)
年齢:34歳
職業:不詳
容疑:殺人容疑
逮捕の日:2013年10月3日
虐待の状況:10月3日午後4時45分ごろ、京都府綾部市で、住民から「男が子どもを連れ、窓ガラスを割って空き家に入った」と110番があった。綾部署員が駆けつけると、近くの八田川で、男が男児の足を持って河原にたたきつけていたため、殺人未遂の疑いで現行犯逮捕した。男児は頭を強く打って病院に搬送されたが、間もなく死亡が確認された。男児は長男(2)で、おむつ以外身に着けていなかった。空き家内にも血痕があり、同署は男が空き家でも長男を暴行したとみている。事件の約5分前、現場の川から南東約150メートルの国道27号で、男が運転する乗用車とトラックが衝突する事故が発生。トラックの運転手が警察に通報している最中に男が長男を連れて車を降り、立ち去った。空き家に向かったとみられる。右側のドアなどが激しく破損した白い乗用車が放置されていた。男は「自分の息子をたたきつけた」「子どもと車が呪われている」などと供述。

家族構成:父、母と長男の3人家族。
その他:父は6年前から精神疾患で通院歴があり、犯行前日の2日も通院していた。母がこの日午後3時頃起きたら、2人の姿がなかったという。
[PR]

by tatata24 | 2013-10-04 21:40 | 京都府

2歳女児重傷 京都

虐待内容:身体的虐待
発生日:2012年12月17日
ところ:京都市
子の年齢:2歳
子の所属:保育所
性別:女
子の状態:太もも骨折で全治5〜6カ月の重傷
虐待した人(続き柄):母(長女)
年齢:21歳
職業:無職
容疑:傷害容疑
逮捕の日:2012年12月19日
虐待の状況:12月17日夕方、母子支援施設で、長女が泣きやまないことに腹を立て、母は長女の左太ももを蹴るなどの暴行を加えた疑い。長女が同施設の職員と保育園から帰宅した直後からぐずり出し、泣きやまなかったという。暴行後、母親が長女の様子がおかしいことに気付き、施設を通じてタクシーで病院に搬送。母親は病院に「言うことを聞かないので風呂場に入れたら、内側からドアを蹴ってけがをした」などと話したが、説明が不自然なため病院が18日、府警に通報した。長女は蹴るなどして太もも骨折の全治5〜6カ月の重傷。母親は「泣きやまないのでイライラした。これまでも何度かたたいたことがある」などと供述。母親は長女のほか次女と3人で、ドメスティックバイオレンス(DV)被害者女性らが入所する施設で生活していた。

家族構成:
その他: 施設では、今月13日に長女の頬の傷に気づき母親も叩いたことを認めていたが、具体的な対策は取っていなかった。
[PR]

by tatata24 | 2012-12-19 22:10 | 京都府

2歳女児重傷 京都

虐待内容:身体的虐待
発生日:2012年12月17日
ところ:京都市
子の年齢:2歳
子の所属:保育所
性別:女
子の状態:太もも骨折で全治5〜6カ月の重傷
虐待した人(続き柄):母(長女)
年齢:21歳
職業:無職
容疑:傷害容疑
逮捕の日:2012年12月19日
虐待の状況:12月17日は、長女が同施設の職員と保育園から帰宅した直後からぐずり出し、泣きやまなかったという。暴行後、母親が長女の様子がおかしいことに気付き、施設を通じてタクシーで病院に搬送。母
親は病院に「言うことを聞かないので風呂場に入れたら、内側からドアを蹴ってけがをした」などと話したが、説明が不自然なため病院が18日、府警に通報した。長女は蹴るなどして太もも骨折の全治5〜6カ月の重傷。母親は「泣きやまないのでイライラした。これまでも何度かたたいたことがある」などと供述。母親は長女のほか次女と3人で、ドメスティックバイオレンス(DV)被害者女性らが入所する施設で生活していた。

家族構成:
その他: 施設では、今月13日に長女の頬の傷に気づき母親も叩いたことを認めていたが、具体的な対策は取っていなかった。
[PR]

by tatata24 | 2012-12-19 22:09 | 京都府

11歳男児重傷 京都

虐待内容:身体的虐待
発生日:2011年8月12日~13日
ところ:京都府宇治市
子の年齢:11歳
性別:男
子の状態:腹腔(ふくくう)内出血など3か月の重傷
虐待した人(続き柄):母の交際相手(母の長男)
年齢:31歳
職業:不詳
容疑:傷害容疑
逮捕の日:2011年12月1日
虐待の状況:母の交際相手は8月12日午後8時から13日午前9時にかけて、当時同居していた看護師女性(35)のアパートで、男児を腹を殴ったり足で蹴るなどし、腹腔(ふくくう)内出血など3か月の重傷を負わせた疑い。母(看護士)が8月13日午後に夜勤後に帰宅し、ぐったりしている長男を見つけ119番、病院が児童相談所を通して府警に通報。病院搬送時、長男の体重は23キロ、年長の幼稚園児くらいの重さしかなかった。体に複数のあざがあった。

家族構成:当時、継父、母、長女(13)、長男の4人暮らしだった。
その他:長男は3週間入院してが開放に向かい退院し、長女とともに府内の施設で保護されている。
[PR]

by tatata24 | 2011-12-01 19:23 | 京都府

生後2ヵ月女児重体 京都

虐待内容:身体的虐待
発生日:2011年4月4日から5月9日
ところ:京都市下京区
子の年齢:生後約2カ月
性別:女
子の状態:一時意識不明の重体。2カ月ほど入院した後、7月上旬に退院。現在は快方に向かっているが、手足のまひなどの後遺症がでる恐れもある。
虐待した人(続き柄):父母(次女)
年齢:24歳と22歳
職業:飲食店店員と無職
容疑:傷害容疑
逮捕の日:2011年11月19日
虐待の状況:5月9日、「娘がぐったりしていて動かない」などとして京都市内の病院に母が次女を連れて行き、不審に思った医師が児童相談所に連絡。児童相談所が警察に通報して発覚した。2人は今年4~5月ごろ、自宅などで次女の頭を強く揺さぶるなどの暴行を加え、硬膜下血腫にさせ一時意識不明の重体にした疑
い。母親は、被害乳児を含めて3人の乳児の育児に追われ、父親は仕事で不在がちだった。6月に府警が任意で母親に事情を聴いた際には、母親は「あやしていただけ」と説明。日常的な虐待をうかがわせるような外傷はなかった。

家族構成:父、母、長女、次女、三女の5人暮らし。
その他:母親は3月、いずれも女児の三つ子を病院で出産した。3人とも未熟児だったため約1カ月間入院。4月14日に保健師が訪問した際は、発育状況などに問題は見られなかった。
[PR]

by tatata24 | 2011-11-20 21:52 | 京都府

15歳と12歳に精神薬混入 京都

虐待内容:身体的虐待
発生日:2011年4月1日
ところ:京都府木津川市
子の年齢:15歳と12歳
性別:女と男
子の状態:瞳孔収縮やふら
つき、すぐに興奮するなど、1週間の加療が必要な症状、命には別条はない。
虐待した人(続き柄):母(次女と長男)
年齢:47歳
職業:無職
容疑:傷害容疑
逮捕の日:2011年4月2日
虐待の状況:1日の昼食として自宅で調理したシチューに薬物(精神疾患の薬)を混入し、次女(15)、長男(12)に食べさせ、瞳孔収縮やふら
つき、すぐに興奮するなど、1週間の加療が必要な症状を負わせたとされる。長男は念のため集中治療室で処置を受けているが、入院した次女も含め命には別条はない。1日夜に父親(50)が長男の様子がおかしいのに気付き、病院に連れていった。医師の診察で精神疾患系の薬物を飲まされていることが分かり、次女と長女(17)も検査を受けた。長女には異常がなかった。同署は父親からの聴取をもとに母親が食事に薬を混入したと特定した。母は「覚えていない」と供述。

家族構成:
その他:
[PR]

by tatata24 | 2011-04-03 21:51 | 京都府

6歳女児に縫い針 京都

虐待内容:身体的虐待
発生日:2011年月日
ところ:京都市上京区
子の年齢:6歳
性別:女
子の状態:長女の顔面を殴ったり、蹴ったりしたほか、両手指に縫い針を刺すなど全治5日の傷害
虐待した人(続き柄):母(長女)
年齢:43歳
職業:無職
容疑:傷害容疑
逮捕の日:2011年3月28日
虐待の状況:小学校入学前の長女に計算ドリルをさせていたが、数をうまく数えられないことに母は腹を立てていた。27日午前8時ごろから午後7時ごろまでの間、自宅で長女の顔面を殴ったり、蹴ったりしたほか、両手指に縫い針を刺すなど全治5日の傷害を負わせた疑い。当時、母は酒に酔っていた。同日午後6時ごろ、市内に住む実母に「娘を殴った」と電話して発覚。長女の身体にあざなどはなかった。

家族構成:
その他:
[PR]

by tatata24 | 2011-03-28 21:47 | 京都府
line

忘れないために・・・。ニュースは流れて消えていきます。繰り返さないために、ここに記録しておきます。(ニュースとして公表された内容です。ただし全てを網羅しているわけではありません)


by tatata24
line