カテゴリ:大阪府( 88 )


3歳女児死亡 大阪

虐待内容:ネグレクト
発生日:2014年2月~6月15日
ところ:大阪府茨木市
子の氏名:紗弥音(さやね)ちゃん
子の年齢:3歳
子の所属:
性別:女
子の状態:死亡

虐待した人(続き柄):継父と母(長女)
年齢:22歳と19歳
職業:大工と無職
容疑:殺人容疑
逮捕の日:2014年11月20日
虐待の状況:2014年6月15日午後1時ごろ、自宅の浴室で長女が倒れているのに気づき、父親が「3歳の長女が息をしていない」と消防に通報した。長女は病院に運ばれて手当てを受けていたが、まもなく死亡した。母子手帳には、2013年10月の体重が11・4キロと記載されていたが、今年6月の死亡時には同年齢の平均15キロの半分ほどの8キロに減っていた。胃に内容物はなく、腸にはアルミはくやロウ、タマネギの皮が残っていた。府警は、空腹を満たすために自分でのみ込んだとみている。司法解剖の結果、死因は低栄養による衰弱死だった。両親は2014年2月以降、長女に必要な食事を与えずに放置し、6月15日に衰弱死させた疑いがある。頭部には硬膜下血腫や打撲の痕があり、ベランダの手すりに粘着テープでくくりつけられていたとの目撃情報もあることから、府警は日常的な虐待があったとみて調べている。

家族構成:継父と母と長女、長男(1)の4人暮らし。両親は2013年4月に結婚し、継父は長女と養子縁組した。長男(1)は両親の間に生まれた。長男への虐待はないという。

その他:2014年2月に主治医が紗弥音ちゃんを診察した際には異常は見られなかったという。茨木保健所によると、2013年10月上旬、予防接種をした茨木市から「顔と足首にあざがある」との報告があった。担当の保健師が母親に電話で連絡を取り女児との面会を求めたが「都合がつかない」と言われ、そのおよそ2週間後の10月下旬に母親が長女と保健所を訪れた際には、あざはなかった。担当者は「病気で転倒した時のあざ」とみて「虐待の兆候はない」と判断した。
母方曾祖母(72)は「長女は体が細くて病気がち。育てるのが大変な子だったが、大事にされていた。虐待は信じられない」と話す。
近所の住人の目撃情報では長女が自宅のベランダの手すりにテープでくくりつけられていたという。また今年の 2 月には、閉め出されたのかベランダで「 ママ、入れて! 」と叫んでいた姿も目撃されている。
長女は、筋力の発達が遅れる「先天性ミオパチー」を患い、食事を口からとることができなかった。
その後、母親が、当時同居していた母方祖母とともに、長女の食事のトレーニングに励み、2013年1月には、軟らかいものが食べられるまでに回復した。この病気で発達の遅れを伴い体重が軽くなることもあるが、
長女は自立歩行ができるようになるなど快方に向かっていた。しかし母親は、2014年2月ごろから、祖母と長女が会うことを拒むようになったという。
[PR]

by tatata24 | 2014-11-20 23:56 | 大阪府

生後4か月男児死亡 大阪

虐待内容:身体的虐待
発生日:2014年5月25~28日
ところ:大阪府岸和田市
子の氏名:礼示朗(れいじろう)ちゃん
子の年齢:生後4か月
子の所属:
性別:男
子の状態:死亡

虐待した人(続き柄):母(次男)
年齢:26歳
職業:無職
容疑:殺人容疑
逮捕の日:2014年11月19日
虐待の状況:母は2014年5月25~28日、岸和田市の自宅で次男を殺害しようとして何らかの暴行を加え、急性硬膜下血腫による高度脳腫脹などで死亡させた疑い。頭部に外傷はなかったが、頭部が激しく揺さぶられたことによる脳腫脹とみられている。「子どもが息をしていない」と母は自分で消防に通報し、次男は病院で手当てを受けていた。次男は2か月後の7月27日、搬送先の病院で死亡した。次男は病院へ運ばれた際、生後4ヶ月の平均体重7,100gを大きく下回り、わずか4,760gしか無かった。母は「暴行を加えた覚えはありません。どうしてこんなことになったのか分からない」などと話し、容疑を否認。事件当時、家には母と次男の2人きりだった。

家族構成:母と長男(2)と次男との3人暮らし。
その他: 母は次男を妊娠中、市の保健センターに対し、育児の悩みを打ち明けるなどしたことがあったという。
[PR]

by tatata24 | 2014-11-19 23:01 | 大阪府

生後4か月男児死亡 大阪 

虐待内容:身体的虐待
発生日:2013年11月20日ごろと28日ごろ
ところ:大阪市住吉区
子の氏名:愛琉ちゃん
子の年齢:生後3か月
子の所属:
性別:男
子の状態:死亡

虐待した人(続き柄):父(長男)
年齢:27歳
職業:無職
容疑:傷害容疑
逮捕の日:2014年10月21日
虐待の状況:父は去年11月20日と28日ごろ、自宅で長男の太ももや足の裏にやけどを負わせた疑い。同11月21日と29日、12月3日に父自ら長男を病院に連れて行き、医師に「近くにストーブがあった」と説明。当時、虐待は疑われなかった。父は「子どもの前に置いていたストーブが原因だと思います。わざとやったわけではありません」などと容疑を否認。長男は昨年11月以降に少なくとも4回病院に運ばれた。生後4カ月だった今年1月11日夜、「入浴中に容体がおかしくなった」と父から119番があり、病院に搬送されたが、翌12日死亡した。救急隊員が両足のやけどの痕に気付いて府警住吉署に通報。顔や体にもあざがあり、司法解剖で死因は低酸素虚血性脳症と判明したが、虐待との因果関係ははっきりしない。警察は、日常的な虐待による免疫力の低下などが原因とみて捜査していた。病院搬送時、いずれも母親は仕事で不在だった。 

家族構成:父、母(23)、長男の3人暮らし。
その他:
[PR]

by tatata24 | 2014-10-22 22:25 | 大阪府

5歳10歳12歳死亡重体 大阪 

虐待内容:身体的虐待(心中)
発生日:2014年10月14日
ところ:大阪府泉佐野市
子の氏名:
子の年齢:12歳・10歳・5歳
子の所属:
性別:男・女・女
子の状態:重体・重体・死亡

虐待した人(続き柄):母(長男・長女・次女)
年齢:40歳
職業:アルバイト
容疑:
逮捕の日:
虐待の状況:10月14日午前7時45分ごろ、大阪府泉佐野市の佐野漁港の岸壁で、「窓の開いた車が海に沈んでいる」と通行人から110番があった。消防のレスキュー隊が、海底に沈んだ車内から女性1人と子供3人の計4人を救出したが、搬送先の病院で女性の死亡を確認。子供3人はいずれも心肺停止状態という。
堺市のアルバイト女性(40)と女性の次女(5)が間もなく死亡。中学1年の長男(12)、小学4年の長女(10)
は、ともに意識不明の重体という。近くにブレーキ痕はなく、同署が身元の確認を進めるとともに無理心中の可能性もあるとみて調べている。4人はいずれも目立った外傷はなかった。

家族構成:
その他:
[PR]

by tatata24 | 2014-10-15 22:57 | 大阪府

2歳女児重傷 大阪

虐待内容:身体的虐待
発生日:2014年3月26日~4月11日
ところ:大阪府東大阪市
子の氏名:
子の年齢:2歳
子の所属:保育所
性別:女
子の状態:頭部骨折と硬膜下血腫の重傷、命に別条はない

虐待した人(続き柄):父母(次女)
年齢:37歳と22歳
職業:無職と無職
容疑:傷害容疑
逮捕の日:2014年10月9日
虐待の状況:父母は3月26日~4月11日のいずれかの時期に次女に暴行し、左側頭部骨折と硬膜下血腫の重傷を負わせた疑い。次女が通う保育所が4月10日、次女の体に複数のあざを確認し、虐待の疑いがあるとして大阪府東大阪子ども家庭センターに通告。職員が翌11日、布施署員と当時の自宅を訪れ、児童福祉法に基づき保護した。次女の体のあざを確認し、すぐ病院に運んだ。病院で精密検査を受け、頭の骨を折る重傷を負っていたことが分かった。背中や足には殴られたような複数の打撲痕もあった。命に別条はないという。父は「事実は違う」、母は「ブランコから落ちた」などと否認している。父母は当時、夫婦だった。次女は重傷を負っていたにもかかわらず、両親は治療を受けさせていなかった。

家族構成:当時は、父母と子ども3人の計5人暮らし。父母は2014年5月に離婚。
その他:次女は生後間もない2012年3月に頭のけがが見つかり、病院に約1カ月間保護された。2012年4月と6月にも右腕骨折などで病院を受診し、2回ともセンターに保護された。父母は当時、「過って踏んだ」などと説明していた。または「授乳中に落ちた」などと説明していた。2回目の保護以降、センターは両親への指導を続け、2014年3月に一時帰宅させた。その結果、自宅で長期間過ごすことが可能と判断し、3月末に保護を解除していた。次女は4月1日から公立保育所に通い始めた。次女の姉妹は幼いが、けがは確認されていない。父親は次女が保護された後、別の事件で逮捕され、実刑判決を受けて収監中
[PR]

by tatata24 | 2014-10-10 21:12 | 大阪府

生後間もない男児死亡 大阪

虐待内容:ネグレクト
発生日:2014年6月13日
ところ:大阪市東淀川区
子の氏名:
子の年齢:生後間もない
子の所属:
性別:男
子の状態:死亡

虐待した人(続き柄):母(子)
年齢:22歳
職業:アルバイト従業員
容疑:保護責任者遺棄致死容疑
逮捕の日:2014年6月17日
虐待の状況:母は6月13日午前3時ごろ、自宅マンションの洋間で男児を出産したが、病院に運ばず、適切な処置をせず約1時間後に死亡させた疑い。母は13日午前6時20分ごろ、東京の母子支援団体に「家で1人で出産した、養子に出そうと思う」とメールで相談。その後連絡が取れなくなり、不審に思った団体の担当者が13日午後、大阪府警の相談窓口「チャイルドレスキュー110番」に通報した。署員が自宅を訪ね、毛布にくるまれ冷たくなった男児を発見。そばにいた母に事情を聴くと泣き崩れたという。死因は呼吸がうまくできなかったことによる低換気障害。体重1372グラムで早産だったとみられる。母は1人暮らしで、家族や知人に妊娠を相談していなかった。母は「金も保険証もなく、産婦人科に行っていなかった。生まれた子は泣かず、しばらくして冷たくなった」と供述。
家族構成:1人暮らし。
その他:
[PR]

by tatata24 | 2014-06-18 20:40 | 大阪府

生後間もない男児 大阪

虐待内容:身体的虐待
発生日:2014年2月
ところ:大阪府高槻市
子の氏名:
子の年齢:生後約1カ月
子の所属:
性別:男
子の状態:意識不明の重体

虐待した人(続き柄):()
年齢:
職業:
容疑:
逮捕の日:
虐待の状況:男児は2月16日、両親に連れられ高槻市内の病院を受診した。病院側は男児の頭のけがが重く、命に危険があると判断し、大学病院への転院を119番して消防に要請。男児は大学病院に搬送された。その後、関係機関より「虐待の疑いがある」との情報が寄せられた。生後間もない男児は自力で動き回れる状況にないことから、府警は両親や周辺住民から事情を聴くなどして詳しい経緯を調べている。
家族構成:
その他:
[PR]

by tatata24 | 2014-04-15 21:16 | 大阪府

生後1か月重傷 大阪

虐待内容:身体的虐待
発生日:2013年3月末~6月
ところ:大阪府寝屋川市
子の氏名:
子の年齢:当時生後1~4カ月
子の所属:
性別:女
子の状態:脳挫傷や硬膜下血腫の重傷、後遺症が残る可能性がある。

虐待した人(続き柄):父(長女)
年齢:27歳
職業:無職
容疑:傷害容疑
逮捕の日:2014年3月18日
虐待の状況:父は2013年3月末~6月、当時の自宅マンションで、生後1~4カ月だった長女(1)の顔を繰り返したたき、哺乳瓶の底で頭を殴ったり体をベッドに投げつけたりして、脳挫傷や硬膜下血腫の重傷を負わせた疑い。長女は後遺症が残る可能性があるという。母が不在の時に週1回ほどの頻度で暴行を繰り返していた。1カ月健診でほおにあざがみつかり、4カ月健診で頭が腫れていたため、市が母親に精密検査を勧め、8月上旬、検査で脳挫傷が見つかった。病院から「虐待の可能性がある」との通報を受けた府子ども家庭センターが長女を保護。署が捜査していた。父は「週に1度、5~6回ビンタした。数え切れない。妻が外出中にミルクを飲まず、泣きやまないので腹がたった」と供述。

家族構成:父母(36)、長女と3人暮らし
その他:2013年2月、市や警察などでつくる要保護児童対策地域協議会は支援が必要な家庭として把握。市の保健師が数回、家庭訪問したが、虐待は確認できなかったという。
[PR]

by tatata24 | 2014-03-19 22:49 | 大阪府

3歳女児6か月のけが 大阪

虐待内容:身体的虐待
発生日:2013年9月23日
ところ:大阪府東大阪市

子の年齢:3歳
子の所属:幼稚園
性別:女
子の状態:硬膜下血腫など全治6カ月のけがで現在も入院中

虐待した人(続き柄):継母(内縁の夫の連れ子)
年齢:21歳
職業:職業不詳
容疑:傷害容疑
逮捕の日:2014年3月7日
虐待の状況:2013年9月23日夜、東大阪市のマンションの一室で、継母は同居男性の長女に暴力をふるい、左急性硬膜下血腫などのけがをさせた疑い。継母はこの後、「机の上のおもちゃが崩れて子どもに当たった」と119番通報していた。女児の体には他にもあざがあるという。女児を病院に搬送した消防が「虐待の可能性がある」として警察に連絡していた。長女は一時、意識不明の重体だったが、現在は、命に別条はない。現在も入院中だが、後遺症が出る可能性もあるという。継母は、「幼稚園でたたかれた時に、けがをしたのではないか」などと、容疑を否認。

家族構成:継母、父、長女の3人暮らし
その他:
[PR]

by tatata24 | 2014-03-08 13:15 | 大阪府

生後4か月男児死亡 大阪

虐待内容:身体的虐待
発生日:2013年8月24日
ところ:大阪市住吉区
子の氏名: 陸ちゃん
子の年齢:生後4か月
子の所属:
性別:男
子の状態:死亡

虐待した人(続き柄):母(四男)
年齢:37歳
職業:無職
容疑:殺人容疑
逮捕の日:2014年2月5日
虐待の状況:2013年8月24日午後、当時住んでいた大阪市住吉区の自宅マンションで、母は四男の陸(りく)ちゃんの頭に何らかの方法で強い衝撃を与え、殺害した疑い。24日午後11時頃、「子供が息をしていない」と母は119番した。翌25日、四男は搬送先の病院で外傷性くも膜下出血によって死亡した。四男は頭の骨が折れ、死因は外傷性くも膜下出血だった。当日の午後4〜11時ごろ、壁や床にたたきつけられるなど、強い暴行を受けた可能性が高いという。母は「買い物とか行ってまして、帰ってきたら、もう口が開いていて、冷たくなっていたんで。急いで救急車呼んで。(大事にしていて、手を出したりは一切ない?)大好きでした」と話した。 防犯カメラの映像などから、母が当日、頻繁にパチンコなどで外出を繰り返す一方、他に自宅に出入りした人物は確認できなかった。長女が暴行したとは考えられず、府警は母が関与した可能性が高いと判断した。

家族構成:母、長女(5)、四男の3人暮らし。
その他:
[PR]

by tatata24 | 2014-02-06 21:16 | 大阪府
line

忘れないために・・・。ニュースは流れて消えていきます。繰り返さないために、ここに記録しておきます。(ニュースとして公表された内容です。ただし全てを網羅しているわけではありません)


by tatata24
line