カテゴリ:奈良県( 13 )


2歳男児死亡 奈良

虐待内容:身体的虐待
発生日:2016年4月10日
ところ:奈良県生駒市
子の氏名:幸也(ゆきや)くん
子の年齢:2歳
子の所属:
性別:男
子の状態:死亡

虐待した人(続き柄):父(長男)
年齢:39歳
職業:会社員
容疑:殺人容疑
逮捕の日:2016年4月11日
虐待の状況:父は、4月10日午後5時50分ごろ、自宅マンション和室で、プラスチック製の収納ケース(幅約80センチ、奥行き約40センチ、深さ約30センチ)に長男と長女(3)を入れて蓋をロックし、約20~30分放置して長男を殺害した疑い。父は、収納ケースの下に長男を、長女(3)を上にして閉じ込め、外から蓋をロック
していた。父が蓋を開けると、長女は起き上がったが、長男はぐったりして意識がなく110番。2人に目立った外傷などはなかったが、長男は約7時間後に搬送先の病院で死亡が確認された。収納ケースは、グレー色の外から中が見えないもので、おもちゃやCDなども入っており、蓋の両端にロックが付いていた。身長は長男が約90センチ、長女が約96センチだった。長女に目立ったけがはなかったが、県警は長女への殺人未遂容疑も視野に捜査している。司法解剖の結果、死因は窒息による低酸素脳症と判明。父は「子供2人がリビングのテレビをたたいて騒ぎ、注意しても聞かなかったので仕方なくやった。殺すつもりはなかった」と供述。「ケースへの閉じ込めについては何回もやった」とも説明。父は当時、別の部屋で仕事をし、母は別室で食事の支度中で状況を認識していたが「前にもあったから大丈夫だと思っていた」と話している母はリビングでテレビを見ていた長男と長女がテレビに近寄りすぎているのを見つけ、「テレビを近くで見すぎたらだめ」などと注意。2人が言うことを聞かず、その後テレビをたたくなどして騒いでいたことから、父が長男と長女を収納ケースに閉じ込め、蓋をロックした。父は「子供の発達に問題があった」とも供述しており、母は今月、長男の発育について市の相談窓口を母子で訪ねる予定だった。県警は、子育ての悩みなどから父が同様の行為を繰り返していた可能性もあるとみて調べている。

家族構成:父、母(35)、長女(3)長男の4人暮らし
その他: 県中央こども家庭相談センター(児童相談所)によると、昨年12月21日に「子供の泣き声がする」との通報があり、生駒市が今年1月になって2度の家庭訪問を実施。母親と2人の子供に面会したが「けがやあざもなかったので、一時保護など緊急対応が必要とは判断しなかった」としている。ただ、「継続的な見守りは必要」として今年1月6日、2人を「要保護児童」とした。1月12、18日には市職員が家庭訪問して母親と子どもと面会した。その後は子どものインフルエンザなどを理由に面会できなかったが、母子は今月中に健康相談のため市健康課を訪れる予定だったという。
[PR]

by tatata24 | 2016-04-11 23:13 | 奈良県

3歳女児重傷 奈良

虐待内容:身体的虐待
発生日:2015年5月1日~3日
ところ:奈良県大淀町
子の氏名:
子の年齢:3歳
子の所属:
性別:女
子の状態:眼球打撲など全治3週間のけが

虐待した人(続き柄):継父(妻の長女)
年齢:26歳
職業:トラック運転手
容疑:傷害容疑
逮捕の日:2016年1月6日
虐待の状況:継父は平成27年5月1日午後3時40分~3日午前11時ごろの間、自宅などで長女に暴行を加え、左目に眼球打撲傷など全治約3週間の重傷を負わせた疑い。同月4日に近くの住民が「あざがある」と町に連絡。目や首の周りに殴られたような痕があり、町が同署に通報した。以前から虐待を疑う住民の通報があり、町担当者が2014年12月から家庭訪問などを続けていた。町の通報で、身体的虐待の疑いがあるとして県高田こども家庭相談センターが2015年5月8日に長女を保護していた。同署は日常的に暴行を繰り返していたとみて調べている。継父は「やっていません」と容疑を否認。

家族構成:父、母(22)と長女の3人暮らし。2014年ごろに結婚。
その他:
[PR]

by tatata24 | 2016-01-07 17:57 | 奈良県

生後4か月男児重傷 奈良県

虐待内容:身体的虐待
発生日:2014年8月中旬
ところ:奈良県御所市
子の氏名:
子の年齢:当時生後4カ月
子の所属:
性別:男
子の状態:全治5カ月の多発骨折や硬膜下血腫の重傷

虐待した人(続き柄):父(長男)
年齢:27歳
職業:無職
容疑:傷害容疑
逮捕の日:2015年3月17日(再逮捕)
虐待の状況:父は2014年8月中旬、泣きやまない長男にいら立ち、自宅和室に置いたブランコの支柱(直径2.5センチの金属製パイプ)に長男をたたき付け、頭の右側に全治5カ月余りを要する多発骨折や硬膜下血腫の重傷を負わせた疑い。父は2014年9月14日~15日ごろ、自宅で当時生後5カ月の長男を床に投げつけ、左頭頂骨多発骨折など全治約2カ月の重傷を負わせた疑いで2015年2月に傷害容疑で逮捕、既に起訴。病院を受診した際、頭の右側にも別の骨折があったため、県警が捜査を進めていた。父は2013(平成25)年9月、当時1歳だった長女の顔面を平手で殴って軽傷を負わせた疑いもある。

家族構成:父、母(30)と長女、長男の4人暮らし。
その他:長男は退院し、現在は児童相談所に一時保護されている。
[PR]

by tatata24 | 2015-03-18 20:42 | 奈良県

6歳男児一時重体 奈良

虐待内容:身体的虐待
発生日:2014年5月30日
ところ:奈良市
子の氏名:
子の年齢:6歳
子の所属:小1
性別:男
子の状態:頭に急性硬膜下血腫のけがで一時、意識不明の重体
虐待した人(続き柄):母(三男)
年齢:43歳
職業:無職
容疑:傷害容疑
逮捕の日:2014年11月4日
虐待の状況:母は5月30日午前9時~午後5時、自宅で三男を突き飛ばしたり、強く揺さぶったりするなどの暴行を加え、頭に急性硬膜下血腫のけがをさせた疑い。5月30日午後5時20分ごろ、母が「子供の様子がおかしい」と119番。三男は意識不明の重体で病院に運ばれ、緊急手術を受けた。7月上旬に退院したが、後遺症があるという。母は「やっていない」と容疑を否認。

家族構成:母の夫(46)、母、長男(13)、次男(11)、三男の5人暮らし
その他: 県中央こども家庭相談センター(児童相談所)によると、2008年にも母から心理的虐待を受けたとして、長男と次男を約2週間保護した。
以降も訪問するなどしてきたが、三男が搬送されるまで虐待の兆候はみられなかったという。
[PR]

by tatata24 | 2014-11-05 20:41 | 奈良県

4歳女児重体 奈良

虐待内容:身体的虐待
発生日:2014年4月13日
ところ:奈良市
子の氏名:
子の年齢:4歳
子の所属:
性別:女
子の状態:頭部に急性硬膜下血腫の大けがで意識不明

虐待した人(続き柄):父母(長女)
年齢:24歳と23歳
職業:無職とアルバイト店員
容疑:傷害容疑
逮捕の日:2014年9月30日
虐待の状況:父母は4月13日午前11時~午後0時40分ごろ、奈良市内の親類宅で、この家に預けていた長女を押し倒すなどし、頭部に急性硬膜下血腫の大けがを負わせた疑い。長女はぐったりしたため救急搬送され、今も意識不明。奈良県中央こども家庭相談センター(児童相談所)が4月16日、虐待の疑いがあるとして県警に通報した。父母は容疑を否認。

家族構成:
その他: 2010年5月から、当時0歳だった長女と1歳の長男が育児放棄されているとして、こども家庭相談センターは奈良市と連携し、父母と長女らが暮らしていた自宅を月1回ペースで定期的に家庭訪問などを実施してきた。育児に関するアドバイスなどを行ったが、長女に身体的虐待の痕跡はなく、兆候もうかがえなかったという。2013年3月、長女に外傷が見つかったため、身体的虐待の疑いがあるとして2人を一時保護。1カ月後、親類が引き取った。その後も2014年3月まで、市の担当者らが毎月家庭訪問のほか、母や親戚(しんせき)との面談を実施。4月以降の訪問先は親戚宅だったが、父母と長女が会うことで、身体的虐待が加えられる危険性はみられなかったという。
[PR]

by tatata24 | 2014-10-01 14:36 | 奈良県

1歳女児重体のち死亡 奈良

虐待内容:身体的虐待+ネグレクト
発生日:2012年6月中旬~7月中旬
ところ:奈良県田原本町
子の年齢:1歳3か月
性別:女
子の状態:頭の骨を折るなど意識不明の重体(8月22日、多発性外傷による呼吸不全で死亡)。

虐待した人(続き柄):母と父(長女)
年齢:22歳と27歳
職業:無職と土木作業員
容疑:傷害容疑,保護責任者遺棄容疑

逮捕の日:2012年7月22日、2012年8月12日再逮捕
虐待の状況:今年6月中旬~7月中旬、母は自宅で長女の頭などに平手打ちするなどの暴行を加え、けがをさせた疑い。母親が7月21日午後10時半ごろ長女を病院に連れていき、頭に殴られたような痕があり顔にはあざもあった。栄養障害でやせていたことから、病院が県中央こども家庭相談センター(奈良市)に通報した。
体重が1歳児の平均に満たないほどやせていた。母は「育児疲れでイライラして殴ってしまった」と供述。
再逮捕容疑は、2012年3月~7月21日ごろ、長女に十分な食事を与えず、低栄養状態にさせ、病院に連れて行かず放置した疑い。1歳3ヶ月児の標準体重は8~11Kgだが、長女は5.5Kgしかなかった。母は容疑を認めている。父は否認。
8月22日未明、長女は、多発性外傷による呼吸不全で死亡した。 県警は傷害致死容疑を視野に、司法解剖をして暴行と死亡の関連を調べる。

家族構成:父(27)、母、長男(2)、長女、次男(0)の5人暮らし。(父母は内縁だが実子)
その他: 近隣の住人は「毎日のようにひどく泣く子どもの声が聞こえ、時には『もう』と荒々しく言う母親と思われる声も聞こえた」
[PR]

by tatata24 | 2012-07-23 22:03 | 奈良県

4歳女児軽症 奈良

虐待内容:身体的虐待
発生日:2010年10月18日~19日
ところ:奈良県桜井市
子の年齢:4歳
性別:女
子の状態:頭を瓶に打ちつけるなどし、
2週間のけが
虐待した人(続き柄):継父(同居女性の長女)
年齢:41歳
職業:アルバイト
容疑:傷害容疑
逮捕の日:2011年4月26日
虐待の状況:2010年10月18日夜から翌19日朝までの間、奈良県桜井市内の当時同居していた女性(26)宅で、女性の長女(4)の頭をつかんで床に置いてあった瓶に額を打ち付けるなどし、2週間のけがを負わせた。女児が通う市立保育所が市児童福祉課に通報して発覚した。「言うことを聞かず懐かないことに腹が立ち、暴力を振るった」と継父。母も一緒に食事をしていたが「止めて別れるのが怖かった」
家族構成:
その他:女児は2010年4月に3人で同居を始めたその直後にも暴行があり、児童相談所が同7月まで女児を一時保護したが、当時は帰宅していた。この事件(2010年10月)以降は再び保護されている。
[PR]

by tatata24 | 2011-04-30 20:36 | 奈良県

4歳男児軽症 奈良

虐待内容:身体的虐待
発生日:2010年4月18日
ところ:奈良県田原本町
子の年齢:4歳
性別:男
子の状態:全治10日間の軽傷
虐待した人(続き柄):継父(妻の長男)
年齢:26歳
職業:土木作業員
容疑:傷害容疑
逮捕の日:2010年5月26日
虐待の状況:4月18日午後8時半ごろ、自宅で男児の顔を殴り、全治10日間の軽傷を負わせた。「しつけの一環としてやった」男児と妹の顔などにあざがあり、同署は日常的に虐待していたとみて調べている。
2009年9月18日、近所の住民から「子供がよく泣いている」と同署に相談があった。その後、県中央子ども家庭センター(奈良市)職員らが約10回にわたり訪問。男児と長女の手や足にあざを見つけたが、母は「けんかで妹をつねったので、夫がしつけのために殴った」「表で遊んでいてあざができた」などと虐待を否定していた。しかし、男児が通う保育所から「顔にあざがある」と通報があり、4月19日に男児と妹を一時保護した。
二男にあざなどはない。

家族構成:継父、母(27)、長男、長女(2)、二男(6ヵ月)の5人暮らし
その他:
[PR]

by tatata24 | 2010-05-27 20:10 | 奈良県

5歳男児死亡 奈良

虐待内容:ネグレクト
発生日:2010年1月初旬から3月3日
ところ:奈良県桜井市粟殿(おおどの)
子の氏名:智樹(ともき)ちゃん
子の年齢:5歳
性別:男
子の状態:死亡
虐待した人(続き柄):父と母(長男)
年齢:35歳と26歳
職業:会社員とパート店員
容疑:保護責任者遺棄致死容疑
逮捕の日:2010年3月3日
虐待の状況:父母は2010年1月初めごろから3月3日まで、智樹ちゃんに十分な食事を与えず、死亡させた。智樹ちゃんの体重は5歳児平均の3分の1程度の6.2キロ、身長も平均より約25センチ低い85センチしかなかった。あばら骨や足の骨が浮き出た状態で、自力で歩けず、紙おむつをつけて布団に寝かされていた。「朝1回だけ食事や水を与えていた。この1週間ぐらいは食事を与えていたが、何も食べていない」
顔などに複数のあざがあったほかは、目立った外傷はなかった。
保育所や幼稚園に通っていなかった。
奈良県中央こども家庭相談センターに、3日午前11時ごろ、母から「息子が物を食べず、かわいくないので、
そのまま放っている」と連絡があった。その後、正午ごろまでに、さらに2回電話があり、泣きながら、「子どもを虐待している」「やせており、風邪で寝ている」「子どもがぐったりしている。救急車を呼んだ方がいいだろうか」などと話したという。 同センター職員から連絡を受けた桜井市職員が午後0時20分ごろ、家庭を訪ね、横たわっている智樹ちゃんを発見。同市消防本部に通報し、同消防本部が桜井署に「虐待を受け、意識レベルの低い男児を搬送中」と通報したという。
桜井市が実施している無料の乳幼児健康診査を、智樹ちゃんは生後4、10カ月の2回しか受診していなかった。桜井市は家庭訪問をしていなかった。
母は「3年ほど前から夫婦仲が悪く、夫に似ている息子が憎くなって顔をたたいたりするようになった」
家族構成:父母と長男と長女(3)の4人。
その他:
[PR]

by tatata24 | 2010-03-04 23:46 | 奈良県

2ヶ月男児重体 奈良

虐待内容:身体的虐待
発生日:2009年6月17日
ところ:奈良県天理市田部町
子の年齢:生後2カ月
性別:男
子の状態:意識不明の重体
虐待した人(続き柄):父(長男)
年齢:20歳
職業:無職
容疑:傷害容疑
逮捕の日:2009年6月17日
虐待の状況:17日午前6時半ごろ、妻がトイレに行っている際に長男を2回殴打。
さらに、妻が抱き抱えた長男を突き飛ばして、約50センチの高さから床に落とした。
長男の容体がおかしいため、同日午前7時10分ごろ、父母は市内の病院へ長男を搬送。
病院から「虐待の疑いのある子どもが運ばれた」と警察に届け出があった。
「長男が夜泣きをするため、普段からつねったり、たたいたりしていた」
「2月ごろに派遣会社から首を切られ、イライラしていた」
家族構成:父、母(内縁・21歳)、長男の3人
その他: 
[PR]

by tatata24 | 2009-06-17 22:18 | 奈良県
line

忘れないために・・・。ニュースは流れて消えていきます。繰り返さないために、ここに記録しておきます。(ニュースとして公表された内容です。ただし全てを網羅しているわけではありません)


by tatata24
line