カテゴリ:広島県( 19 )


生後8か月男児死亡 広島

虐待内容:ネグレクト
発生日:2016年2月上旬から3月2日
ところ:広島県呉市
子の氏名:璃音(りと)ちゃん
子の年齢:生後8カ月
子の所属:
性別:男
子の状態:死亡

虐待した人(続き柄):父母(長男)
年齢:41歳と22歳
職業:無職と無職
容疑:保護責任者遺棄容疑
逮捕の日:2016年3月2日
虐待の状況:3月2日午前8時ごろ、広島県呉市の住宅で「赤ちゃんが冷たくなっている」と父親から消防に通報があり、警察と消防が駆けつけたところ、この住宅に住む生後8か月の男の赤ちゃんが1階の和室の布団の上で倒れているのが見つかり、その場で死亡が確認された。死因は栄養不足による呼吸・循環不全とみられる。また、死亡推定時刻は、3月1日の午後1時15分ごろから24時間以内だとみられる。長男の背中には床ずれの痕もあったという。男の子がやせていたことなどから警察が捜査を進めた結果、父親(41)と母親(22)が先月上旬から十分な食事や水を与えず衰弱させた疑いがあるとして2人を保護責任者遺棄の疑いで逮捕した。両親は「2階で寝ていて1階に降りたら璃音ちゃんが冷たくなっていた」と供述。父は「衰弱していなかったし、世話をしていた」と容疑を否認し、母は「子どもを大事にしてやれなかった」と認めているという。死亡した長男の体にあかが付着していた。璃音ちゃんを入浴させていなかった疑いもあるとみられる。母は1月下旬までミルクをあげていたが、2月上旬から放置していたことを認めた。

家族構成:
その他: 長男は2015年6月に生まれた。同9~12月に予防接種を計3回受けており、医療機関からも虐待などを疑わせる報告がなかったことから「経過は順調で、子育てに問題はない」と判断していたとしている。しかし長男は3カ月と6カ月の乳児健診を受診していなかった。父は2015年12月、「生活が苦しい」と市の生活支援課に相談。職員が2016年1月7日、自宅を訪問し、親子3人と会った際、長男に変わった様子はなかったという。亡くなった長男は、1カ月健診時と比べ、体重が500グラム程度しか増えていなかった。長男は3キロ弱の体重で出生し、7月の1カ月健診では約3・6キロと順調だったという。しかし、父母は3カ月、6カ月の健診を受診させず、長男は3月2日、同時期の乳児の半分ほどの約4キロとやせ細った状態で、栄養不足により亡くなっているのが見つかった。市によると、昨年度の3カ月健診の対象乳児は1613人で、受診率は約97%だった。受診しなかった理由は「里帰りで不在」などだったといい、市は「居住していながら催促に応じないケースはまれだった。今後の対策を検討したい」としている。
[PR]

by tatata24 | 2016-03-02 16:54 | 広島県

4か月女児重傷 広島

虐待内容:身体的虐待
発生日:2014年11月3日
ところ:広島県熊野町
子の氏名:
子の年齢:4カ月
子の所属:
性別:女
子の状態:頭蓋骨を折る1カ月の重傷,命に別条はない
虐待した人(続き柄):父(長女)
年齢:23歳
職業:無職
容疑:傷害容疑
逮捕の日:2015年2月19日
虐待の状況:2014年11月3日昼ごろ、父は当時、生後4カ月の長女の頭に自宅などで暴行を加え、頭蓋骨を折る1カ月の重傷を負わせた疑い。買い物から帰宅した母が長女の頭に打撲痕を見つけ、飲み薬も吐いたため夫婦で病院に連れて行った。翌日、病院から県西部こども家庭センターに「虐待の疑いがある」と通告があった。長女は約1週間入院した。父は「殴っていない」と容疑を否認。

家族構成:父母と長女の3人暮らし
その他:
[PR]

by tatata24 | 2015-02-20 08:09 | 広島県

生後4か月女児死亡 広島

虐待内容:身体的虐待
発生日:2013年8月23日
ところ:広島市安佐南区
子の氏名:玲奈ちゃん
子の年齢:生後4カ月
子の所属:
性別:女
子の状態:意識不明の重体。9月18日死亡
虐待した人(続き柄):母(長女)
年齢:39歳
職業:無職
容疑:殺人未遂容疑
逮捕の日:2013年月日
虐待の状況:母は8月23日午後3時ごろ、自宅で長女の鼻や口をタオルでふさぎ、殺害しようとした疑い。母は直後に119番して救急車を呼んだ。長女は市内の病院に搬送されたが意識不明の重体。9月9日、広島市児童相談所が県警に「児童虐待の疑いがある」と通報。12日昼ごろ、母は「娘を殺そうとした」と広島中央署に出頭した。当時、家には、母と長女の2人だった。他に日常的な虐待の痕はなく、突発的にやったとみられる。
長女は、9月18日朝、入院先の広島市内の病院で死亡した。
家族構成:父母、長男、長女の4人暮らし
その他:
[PR]

by tatata24 | 2013-09-13 21:47 | 広島県

2歳女児重傷 広島

虐待内容:身体的虐待
発生日:2013年6月4日
ところ:広島市西区
子の年齢:2歳
子の所属:
性別:女
子の状態:くも膜下出血などで全治6か月のけが
虐待した人(続き柄):継父(妻の次女)
年齢:27歳
職業:無職
容疑:傷害容疑
逮捕の日:2013年6月27日
虐待の状況:6月から継父は妻と妻の長女(3)、次女と同居。3日夜、「子どもの泣き声が聞こえる」と近隣住民から通報があり、署員が駆け付けたが、外傷を確認できなかった。4日に児童相談所の職員が訪問し、次女の顔などに複数のあざを確認し、継父もたたいたことを認めたため、一時保護を決定。6日に子ども2人を保護した。妻の長女(3)への虐待行為は確認されなかったが、長女も保護した。
継父は「1カ月くらい前にしつけの意味で顔を平手でなぐったが、大けがはさせていない」と供述。
近隣住人によると、6月3日午後7時ごろ、この部屋から「ゴンゴンと殴る音と『殺すぞ』『死にたいんか』という男の怒鳴り声が聞こえた」女の子の泣き声も聞こえたため、虐待を疑い児童相談所に通報。110番もした。一方、継父が階段を上る次女に「よいしょ」と声を掛けながら手を引く姿も見ていて「いいお父さんだと思ってい
た」と困惑する。別の住人は「昼間に女の子がじゃれあって遊ぶ声や、男性の笑い声が聞こえた。問題があ
るようには見えなかった」と話した。

家族構成:継父、母(22)、長女(3)、次女
その他:
[PR]

by tatata24 | 2013-06-28 13:23 | 広島県

2歳男児死亡 広島

虐待内容:身体的虐待
発生日:2013年4月14日
ところ:広島県呉市
子の氏名:陽太(ひなた)ちゃん
子の年齢:2歳
子の所属:
性別:男
子の状態:死亡
虐待した人(続き柄):継父(同居女性の長男)
年齢:26歳
職業:無職
容疑:傷害致死容疑
逮捕の日:2013年5月29日
虐待の状況:継父は4月14日午後11時ごろ、自宅で同居女性の長男の両腕をつかんで強く前後に揺さぶり、急性硬膜下血腫で死亡させた疑い。陽太ちゃんがぐったりしていることから継父が119番。病院に搬送されたが、翌15日朝に死亡した。同課は、頭を強く揺さぶられ脳が傷つく「揺さぶられっ子症候群」の可能性があるとみて調べている。継父は「陽太の体を揺さぶったことに間違いないが、力強くは揺さぶっていない」と供述。日常的な虐待の痕跡は見られないという。

家族構成:継父、継父の長男(5)、母(28)、母の長女(7)、本児の5人暮らし
その他: 父子2人と母子3人は、4月初旬から同居を始めた。呉市子育て支援課によると、09年8月にあった男性の長男の1歳半健診の際、「子どもの髪の毛がべたついている」などの報告があったため、事件発覚まで計5回、育児支援のため自宅を訪問。長男に外傷や服装の乱れなどがなかったため「差し迫った危険はない」と判断し、訪問支援を続けていた。
近隣住人は「昼間に時々、子どもの大きな泣き声を聞いた」4月中旬ごろには「ごめんなさい」と何度も謝る声が聞こえたという。別の住人によると、昨秋ごろまで「ぎゃー」という子どもの叫び声や「もうご飯やらんよ」という男の大声がしていたという。一方3年前に国勢調査で男性宅を訪ねた別の住人は、男性は長男と2人暮らしで、料理を作っているところだった。その後は会えばあいさつするようになり、長男の手をひいて出かける姿をよく見かけたという。「いつも男の子の手を引いて、近くのスーパーに買い物に行っていた。こんなことをする人には見えなかった」という。
[PR]

by tatata24 | 2013-05-30 22:06 | 広島県

17歳13歳女児と男児死亡 広島

虐待内容:身体的虐待(心中)
発生日:2013年5月14日
ところ:広島県三原市
子の氏名:遥さんと正哉さん
子の年齢:17歳と13歳
子の所属:高校3年と中学2年
性別:女と男
子の状態:死亡
虐待した人(続き柄):父(次女と長男)
年齢:49歳
職業:会社員
容疑:殺人容疑
逮捕の日:2013年5月16日
虐待の状況:14日午前2時頃、父から「子ども2人を刀で刺した」と110番があった。三原署員が駆けつけたところ、1階和室で長男(13)、2階洋室で次女(17)がそれぞれ布団の中で胸から血を流して倒れており、病院に運ばれたが、まもなく死亡が確認された。長男のそばに座り込んでいた父が犯行を認めたため、同署は殺人未遂容疑で現行犯逮捕。腹部を負傷していたため、いったん釈放して病院で治療を受けさせ、回復を待って殺人容疑で再逮捕する。凶器とみられる短刀(刃渡り約30センチ)は1階で見つかっており、同署は無理心中を図ったとみている。司法解剖の結果、遥さんと正哉さんは、胸のあたりを複数回刺されていて、死因は失血死だったことが判明した。子供の教育方針をめぐり夫婦の意見が対立し、母は今月上旬から別居して同市内の実家に帰っていたという。父母は、同居の子を1人ずつ引き取る方向で離婚を協議しており、父は「子どもたちを手放したくなかった」などと供述。

家族構成:
その他:
[PR]

by tatata24 | 2013-05-14 20:11 | 広島県

5ヶ月男児重傷 広島

虐待内容:身体的虐待
発生日:2012年5月28日
ところ:広島県呉市
子の年齢:当時5カ月
子の所属:
性別:男
子の状態:長男は10月現在も入院しており、重い後遺症がある。
虐待した人(続き柄):父(長男)
年齢:25歳
職業:会社員
容疑:傷害容疑
逮捕の日:2012年10月18日
虐待の状況:父は5月28日夜、自宅で長男の体を上下に揺さぶり、頭などに硬膜下血腫や中枢神経障害後遺症などのけがを負わせた疑い。母が5月29日、「長男に熱がある」と病院に連れて行った。病院が「虐待の疑いがある」として広島県に連絡し、県西部こども家庭センターが、およそ2か月後のことし7月、警察に届け出た。長男は現在も入院しており、重い後遺症がある。父は「長男をあやすつもりで体を激しく揺さぶったことは間違いないが、それで硬膜下血腫になったかどうかは知らない」と。

家族構成:父、母、長女(3)、長男の4人暮らし。
その他:
[PR]

by tatata24 | 2012-10-19 21:14 | 広島県

11歳女児死亡 広島

虐待内容:身体的虐待
発生日:2012年10月1日
ところ:広島県府中町
子の氏名:唯真さん
子の年齢:11歳
性別:女
子の状態:死亡
虐待した人(続き柄):母(長女)
年齢:28歳
職業:無職
容疑:傷害致死容疑
逮捕の日:2012年10月1日
虐待の状況:母は10月1日午前11時ごろ、自宅アパートで、長女(11)の頭や腹を殴ったり蹴ったりして死亡させた疑い。同日午後2時ごろ、東広島市の交番に、母が「娘の様子が変だ」と自首してきた。運転していた車には心肺停止状態の長女が乗っており、病院に搬送されたが、午後2時半ごろに死亡が確認された。県警は司法解剖して詳しい死因などを調べる。母は「東広島市の祖母宅へ行く途中、様子がおかしいことに気付いた」と説明している。母が「娘を殴ったりした」と話したため、広島県警は傷害致死の疑いで、母を逮捕した。
母は「(犯行当日は)自宅の複数の場所で約30分間、娘を暴行した」と供述。 練習用のゴルフクラブ(長さ55センチ)で長女の頭を複数回殴っていた。頭部の傷が、先端がラバーで覆われたクラブの形状と一致した。母は「うそをつくので、しつけのために練習用ゴルフクラブで殴った」「取り返しのつかないことをしてしまった」と話している。 司法解剖の結果、長女の頭部には骨が砕けるほどの損傷があり、後頭部のくも膜下出血や脳挫傷を起こしていた。死因は、後頭部を強く殴られたことによる、くも膜下出血と脳挫傷に伴う出血性ショックと判明した。全身に複数のあざが見つかり、一部は事件前日までに出来たとみられるものもあった。古いあざは衣服の下の部分に集中していた。

家族構成:母、長女の2人暮らし
その他:長女は2011年3月に入所していた児童養護施設を出て、母と2人で暮らすようになった。
[PR]

by tatata24 | 2012-10-01 22:00 | 広島県

生後4ヶ月男児死亡 広島

虐待内容:身体的虐待
発生日:2012年9月7日
ところ:広島県廿日市市
子の氏名:遥希ちゃん
子の年齢:生後4か月
性別:男
子の状態:死亡
虐待した人(続き柄):母()
年齢:26歳
職業:無職
容疑:殺人容疑
逮捕の日:2012年9月7日
虐待の状況:9月7日午前10時45分ごろ、広島県廿日市市のアパートで「子どもを殺した」とする女の声の110番があった。県警廿日市署員が駆けつけたところ、アパートの浴槽で乳児が水につかった状態で見つかり、午後0時36分、病院で死亡が確認された。母親は水を張った浴槽に男児を沈めて殺害した疑い。署員が駆けつけた際、母親は不在だったが、すぐに帰宅した。同署は、間もなく現場に戻った母親を殺人容疑で緊急逮捕した。

家族構成:父母と子ども2人の4人暮らし
その他:
[PR]

by tatata24 | 2012-09-07 20:51 | 広島県

生後2ヵ月男児死亡 広島

虐待内容:ネグレクト
発生日:2011年9月~10月31日
ところ:広島県東広島市
子の氏名:蓮太ちゃん
子の年齢:生後2カ月
子の性別:男
子の状態:死亡
虐待した人(続き柄):父母(次男)
年齢:26歳と30歳
職業:無職
容疑:保護責任者遺棄致傷容疑
逮捕の日:2012年2月9日
虐待の状況:2011年9月~10月31日、次男に服を着せなかったり、長期間オムツを取り換えないなど不衛生な状態で放置し、全身に全治4週間の皮膚炎を負わせた疑い。父母は次男に医療措置を受けさせず、着替えもほとんどさせていなかった。2011年10月31日夜、父母によって同市の東広島医療センターへ搬送されたが、その後死亡した。低体温症のような症状もみられたが、死因は不明。センターから、体にあざのようなものがある子供が運ばれてきたとの通報があり、県警が捜査していた。父は「責任を怠ったつもりはない」と供述。母も「やるべきことはやっていた」
家族構成:父、母、次男の3人暮らし。
その他:
[PR]

by tatata24 | 2012-02-09 03:29 | 広島県
line

忘れないために・・・。ニュースは流れて消えていきます。繰り返さないために、ここに記録しておきます。(ニュースとして公表された内容です。ただし全てを網羅しているわけではありません)


by tatata24
line