<   2006年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧


3歳男児死亡、他二児も衰弱 福島

虐待内容:身体的虐待、ネグレクト
発生日:2006年5月28日
ところ:福島県泉崎村北平山
子の氏名:白髭広ちゃん
子の年齢:3歳
性別:男
子の状態:死亡
虐待した人(続き柄):父(三男)
年齢:40歳
職業:無職
容疑:保護責任者遺棄致死傷罪
逮捕の日:2006年7月28日
虐待の状況:05年ごろから、三男の広(ひろむ)ちゃん(3)に十分な食事を与えないまま放置し、肺炎などにより死亡させた疑い。広ちゃんの体重は死亡当時7.9キロと、生後6カ月の乳児の平均並みだった。調べに対し2人は「しつけのつもりだった」と容疑を否認している。
家族構成:父と母と子
その他:子供が5人。病院の届け出で白河署が捜査を始めたところ、同居している二男(6)と二女(8)も衰弱しており、児童相談所に保護された。長男は虐待の疑いで児童相談所が手続きし、親権を失っていた。長女は生後3カ月で死亡している。
学校などによると、二女と二男は毎日のように遅刻。二女が体育の授業で着替える際にあざが見え、担任が理由を聞くと「お父さんとお母さんの言うことを聞かなかったからたたかれた」と話したという。二男は標準体重の半分の約10キロしかなかった。
県中央児童相談所などが虐待の可能性を把握しながら事件を防げなかった。
[PR]

by tatata24 | 2006-07-29 22:18 | 福島県

2歳女児死亡 滋賀

虐待内容:身体的虐待
発生日:2006年7月日
ところ:滋賀県高島市
子の氏名:優奈ちゃん
子の年齢:2歳
性別:女
子の状態:死亡
虐待した人(続き柄):父母(次女)
年齢:24歳と25歳
職業:航空自衛隊
容疑:傷害致死容疑
逮捕の日:2006年7月5日
虐待の状況:病院に連れてこられた2歳女児が,頭頂部に化のうしたやけどの跡があり,敗血症で死亡した。全身に数ヵ所あざもあった。両親は,6月中旬ごろから頭部に熱湯をかけたり,殴るけるなどの虐待を繰り返したと供述しているという。優奈ちゃんは03年に生まれたが、04年1月、育児不安から県内の乳児院に預けられた。今年5月中旬に、引き取り、同居した。その後、同県中央子ども家庭相談センター(草津市)や高島市が育児放棄がないか、13回以上の電話と5回の家庭訪問を行った。しかし、留守が多く、父母と1回会えただけで、優奈ちゃんを1度も確認できなかった。近所の住人は以前から、外に出されている女児をみたりしていて、気にかける人もいた。事件の数日前に同容疑者宅の浴室から『あちゅい,あちゅい』という泣き声が聞こえた。大人の怒鳴り声も聞こえた,という。
しかし、市や県中央子ども家庭相談センターに通報はなかった。

家族構成:父母と長女(3)、優奈ちゃん、長男(8ヶ月)の5人家族。
その他:
[PR]

by tatata24 | 2006-07-07 10:15 | 滋賀県
line

忘れないために・・・。ニュースは流れて消えていきます。繰り返さないために、ここに記録しておきます。(ニュースとして公表された内容です。ただし全てを網羅しているわけではありません)


by tatata24
line