<   2010年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2歳男児死亡 大阪

虐待内容:身体的虐待
発生日:2010年3月28日
ところ:大阪府門真市
子の氏名:
子の年齢:2歳
性別:男
子の状態:死亡
虐待した人(続き柄):継父(同居女性の長男)
年齢:19歳
職業:無職
容疑:傷害容疑
逮捕の日:2010年3月28日
虐待の状況:継父は28日午前2時半頃、男児のかかりつけ医だった同府寝屋川市の小児科医院に男児を抱えて訪れたが、その際、医師には「たんを詰まらせて動かなくなった」「急にぐったりした」と話していた。継父に抱きかかえられて来た時、男児は顔などに見るからに痛々しいあざがあり、呼吸も確認できなかった。
医師は心肺蘇生術をするとともに119番通報した。すでに心肺停止状態だった男児は同府枚方市内の病院に搬送された。全身打撲と急性硬膜下血腫の疑いで28日午後、死亡が確認された。府警は29日午後に遺体を司法解剖して死因を調べる。
09年10月ごろ、母が美容院から帰宅した際、長男の顔が赤く腫れ、くちびるを切って出血しているのに気づいた。母が「あんた殴ったんちゃう」と継父を問いつめたところ、「もう二度としない」と約束したという。
 しかし、母はその後もたびたび、長男の顔にあざを見つけては、継父を問いただすことが続いた。
3月17日には長男の顔の右側に大きなあざがあることに気づき、継父に注意したが無視されたため、
継父の姉(21)に相談することもあったという。
母は「仕事の間に長男を見てもらっている負い目があり、継父に強く言えなかった」と話しているという。
 門真署によると、継父は昨年秋から暴行したことを認めており、「なかなかなつかないので、頭を壁に打ち付けたりたたいたりしたほか、けることもあった」と供述しているという。
家族構成:継父と母は中学時代の同級生で、09年7月に3人で同居を始めた。母は夜間の飲食店に勤めていたため、留守の間は継父が長男の世話をし、当初はかわいがっていたという。
その他: 門真市は、男児が1歳半健診を受けなかったため、09年11月に看護師が現場となった母親宅を訪問していた。母親は看護師に「私たちは母子家庭です」と説明。男児にあざなどの虐待をうかがわせる様子はなかった。
[PR]

by tatata24 | 2010-03-29 21:07 | 大阪府

15歳男児重体 愛知

虐待内容:身体的虐待
発生日:2010年3月20日
ところ:愛知県豊田市平芝町
子の年齢:15歳
性別:男
子の状態:意識不明の重体
虐待した人(続き柄):継父(妻の長男)
年齢:38歳
職業:会社員
容疑:傷害容疑
逮捕の日:2010年3月21日
虐待の状況:3月20日午後8時20分ごろ、自宅の長男の部屋で、長男のほおを平手で2発、顔面を拳で1発殴るなどして外傷性くも膜下出血を負わせたとされる。
長男は意識を失い、母親(44)が119番して病院に運ばれた。継父は「自分の部屋の掃除をするように言ったが、無視されたので腹が立って殴った」
家族構成:
その他:長男は今月8日に市内の中学校を卒業し、進学を希望しているという。
[PR]

by tatata24 | 2010-03-22 21:34 | 愛知県

2ヵ月女児死亡 大阪

虐待内容:身体的虐待
発生日:2010年1月25日
ところ:堺市中区深井水池町
子の氏名:綾音(あやね)ちゃん
子の年齢:生後2カ月
性別:女
子の状態:死亡
虐待した人(続き柄):母(長女)
年齢:24歳
職業:無職
容疑:殺人容疑
逮捕の日:2010年3月16日
虐待の状況:布団に寝かせていた綾音ちゃんが動かなくなっていることに気付いて母は119番した。当初は「ミルクをのどに詰まらせた」などと説明していた。1月25日午後8時ごろから約20分間にわたり、マンション自室で、長女綾音あやねちゃんの頭部を何度も激しく
揺さぶるなどの暴行を加えて殺害した。綾音ちゃんの体に目立った外傷はなかったが、司法解剖の結果、死因は脳に激しい衝撃を受けたときに起こる外傷性脳腫脹しゅちょうと判明した。「ぐずって泣きやまない子どもに腹が立ち、前後に4回ほど揺さぶった。夜も寝られない育児の疲れでいらいらした」と供述。「乳児を揺さぶれば死ぬとわかっていた」とも話しており、捜査1課は未必の故意による殺意があると判断した。
家族構成:父(23)母、長女の3人暮らし
その他:夫は当時、外出していた。
[PR]

by tatata24 | 2010-03-16 21:00 | 大阪府

5歳男児打撲とやけど 千葉

虐待内容:身体的虐待
発生日:2010年1月下旬から2月16日
ところ:千葉県船橋市高根台3丁目
子の年5歳
性別:男
子の状態:死亡
虐待した人(続き柄):継父(妻の長男)
年齢:22歳
職業:トラック運転手
容疑:傷害容疑
逮捕の日:2010年3月12日
虐待の状況:は1月下旬から2月16日までの間、自宅や車内で複数回にわたり、長男の顔を殴ったり、
熱したシガーライターを足の裏に押しつけたりするなどし、打撲ややけどにより全治4週間のけがを負わせた。
家族構成:継父、母、母の連れ子の長男と長女(2)の4人暮らし
その他:2月16日、虐待を疑った幼稚園側から市に通報があり、児相がその日から長男を一時保護している。その後、通報を受けた同署が捜査していた。現在は長女も別の場所で保護されている。
[PR]

by tatata24 | 2010-03-12 20:45 | 千葉県

1歳女児死亡 大阪

虐待内容:身体的虐待
発生日:2010年1月27日
ところ:大阪府寝屋川市
子の年齢:1歳
性別:女
子の状態:のどに物を詰まらせ心肺停止状態、意識不明の状態で病院に搬送。
3月7日に死亡。
虐待した人(続き柄):()
年齢:歳
職業:
容疑:
逮捕の日:
虐待の状況:1月27日午前、同市内の男性(26)方から、「娘を起こそうとしても目を覚まさない」と119番があった。救急隊員が駆けつけたところ、女児はのどに物を詰まらせ心肺停止状態になっており、その後、病院で治療を受けていた。女児はあごを骨折しており、体重は約6キロと同年齢の平均体重の半分程度だった。体にたばこの火を押しつけられたような跡などがあった。
病院は、女児の体に複数のあざがあったことなどから、大阪府中央子ども家庭センターに連絡。虐待の可能性があるとして、同センターが寝屋川署に通報した。
司法解剖の結果、女児は頭に外から何らかの力を加えられたことで硬膜下血腫(けっしゅ)を起こし、脳が腫れたことが原因で死亡したことがわかった。
家族構成:
その他:
[PR]

by tatata24 | 2010-03-09 21:06 | 大阪府

5歳男児死亡 奈良

虐待内容:ネグレクト
発生日:2010年1月初旬から3月3日
ところ:奈良県桜井市粟殿(おおどの)
子の氏名:智樹(ともき)ちゃん
子の年齢:5歳
性別:男
子の状態:死亡
虐待した人(続き柄):父と母(長男)
年齢:35歳と26歳
職業:会社員とパート店員
容疑:保護責任者遺棄致死容疑
逮捕の日:2010年3月3日
虐待の状況:父母は2010年1月初めごろから3月3日まで、智樹ちゃんに十分な食事を与えず、死亡させた。智樹ちゃんの体重は5歳児平均の3分の1程度の6.2キロ、身長も平均より約25センチ低い85センチしかなかった。あばら骨や足の骨が浮き出た状態で、自力で歩けず、紙おむつをつけて布団に寝かされていた。「朝1回だけ食事や水を与えていた。この1週間ぐらいは食事を与えていたが、何も食べていない」
顔などに複数のあざがあったほかは、目立った外傷はなかった。
保育所や幼稚園に通っていなかった。
奈良県中央こども家庭相談センターに、3日午前11時ごろ、母から「息子が物を食べず、かわいくないので、
そのまま放っている」と連絡があった。その後、正午ごろまでに、さらに2回電話があり、泣きながら、「子どもを虐待している」「やせており、風邪で寝ている」「子どもがぐったりしている。救急車を呼んだ方がいいだろうか」などと話したという。 同センター職員から連絡を受けた桜井市職員が午後0時20分ごろ、家庭を訪ね、横たわっている智樹ちゃんを発見。同市消防本部に通報し、同消防本部が桜井署に「虐待を受け、意識レベルの低い男児を搬送中」と通報したという。
桜井市が実施している無料の乳幼児健康診査を、智樹ちゃんは生後4、10カ月の2回しか受診していなかった。桜井市は家庭訪問をしていなかった。
母は「3年ほど前から夫婦仲が悪く、夫に似ている息子が憎くなって顔をたたいたりするようになった」
家族構成:父母と長男と長女(3)の4人。
その他:
[PR]

by tatata24 | 2010-03-04 23:46 | 奈良県

4歳男児死亡 埼玉

虐待内容:ネグレクト
発生日:2008年2月11日
ところ:埼玉県蕨市中央
子の氏名:力人(りきと)ちゃん
子の年齢:4歳
性別:男
子の状態:急性脳症による衰弱死。頭や顔には複数の擦り傷やあざもあった。
虐待した人(続き柄):父母(二男)
年齢:47歳と37歳
職業:無職
容疑:保護責任者遺棄容疑
逮捕の日:2010年3月4日
虐待の状況:2008年2月11日、父が「次男の呼吸が弱くなっている」と119番。力人ちゃんは病院に搬送されたが、間もなく死亡が確認された。死亡した当時、力人ちゃんの体重は平均より6キロほど少ない約10キロだった。調べに対し、父は「食事の量は少なかったかもしれない」と供述し、母は「そういう事実はない」と否認している。
力人ちゃんは当時、公立保育園に入園していたが、一度も通園したことがなかった。
当時近所に住んでいた人によると、部屋からは怒鳴り声や子どもの泣き声が毎日のように聞こえた。
「お水を下さい」と哀願する声も響いていたという。

家族構成:当時、父母と長男(10)と力人ちゃんとの4人家族だったが、長男は児童相談所に保護され、別居中だった。力人ちゃんが亡くなった2か月後、母は長女(1)を出産したが、長女は、直後に児童相談所に職権保護された。

その他:夫婦は2003年から約1年間、蕨市内の公園で当時4歳の長男とともに路上生活。同年に次男の力人ちゃんが生まれ、
「育てられる環境にない」との児相の説得で力人ちゃんを乳児院に預けた。両親と長男はしばらく公園暮らしを続けたが、翌04年に
生活保護を受けて市内のアパートに住み始めたのを契機に、次男を06年に引き取った。
 当時から事件が起きるまでに、児相や市児童福祉課など関係機関が20回以上の会議を持ち、対応を協議。
長男も次男も学校や保育園にほとんど行っていないことから、育児放棄を疑い、各機関が入れ代わり立ち代わりに月3回以上の
家庭訪問を行っていた。夫婦は訪問しても、なかなか次男に会わせようとしなかったという。
近隣住民は両親の行動を不審に思うようになっていった。
「両親はしょっちゅう出掛けていて、誰が面倒を見ているのかと思っていた」
「子どもがご飯を残したら『ご飯を食べなくてもいい』と言われていた。
子どもの泣き声がすごかった。『ドン』という壁に何かがぶつかる音もよく聞こえた。スリッパやペットボトルの音が聞こえたから、
それでたたいていたのかも。虐待が手に取るように分かった」
力人ちゃんは06年4月、近くの保育園に入ったが、1日も通っておらず、長男も小学校を休んでいたという。
保育園では、毎月1回、家庭訪問したが、応対した父が「風邪だから」などと理由を言って「通園を拒否していた」 保育園の園長は、07年5月ごろ、自宅前で一家4人と会った。力人ちゃんを抱きしめたとき、
極端にやせているとは感じなかった。「保育園に来てね」と話しかけると、何も言わずほほえんだという。
県南児童相談所は「家庭訪問で、あざや傷などはっきりした虐待の証拠が発見されたことはなかった。
よほど緊急性があれば保護できたが、今回は判断が難しく、踏み切れなかった」と説明する。
家庭訪問で力人ちゃんの体重や身長を測り、発育の遅れを証明して保護への手立てを進めようとしていた矢先の事件だった。
 児相など関係機関は事件の3カ月前、家庭訪問し力人ちゃんに会った市保健センターの保健師から「やせていて、言葉に覇気がない」などの報告を受け、保護へ向けて動き始めていた。事件の直前、2008年1月30日にも、児相などの職員が家庭訪問し体重などを測ろうとしたが、両親が拒否し本人には会えなかったという。
[PR]

by tatata24 | 2010-03-04 21:06 | 埼玉県

2ヶ月男児重傷 埼玉

虐待内容:身体的虐待
発生日:2009年10月19日
ところ:埼玉県上尾市
子の年齢:2カ月
性別:男
子の状態:頭蓋骨(ずがいこつ)骨折などの重傷
虐待した人(続き柄):父(二男)
年齢:39歳
職業:無職
容疑:傷害容疑
逮捕の日:2010年3月2日
虐待の状況:2009年10月19日、自宅で、抱きかかえていた次男を数回床に投げ落とし、頭蓋骨(ずがいこつ)骨折などの重傷
を負わせた。「泣いてばかりいてイライラして床に投げた」。次男は現在も入院中。
10月27日、次男がけいれんを起こし母乳を嘔吐(おうと)したため妻の119番通報で病院に運ばれ、けがが判明した。
家族構成:当時、父、母(24)と長男(3)、次男の4人暮らしだった。2010年1月に離婚して別居した。
その他:
[PR]

by tatata24 | 2010-03-03 22:24 | 埼玉県
line

忘れないために・・・。ニュースは流れて消えていきます。繰り返さないために、ここに記録しておきます。(ニュースとして公表された内容です。ただし全てを網羅しているわけではありません)


by tatata24
line