<   2010年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧


生後1ヶ月男児重傷 茨城

虐待内容:身体的虐待
発生日:2010年4月21日
ところ:茨城県北茨城市中郷町小野矢指
子の氏名:
子の年齢:生後1か月
性別:男
子の状態:急性硬膜下血腫と急性くも膜下出血で全治約1か月の重傷
虐待した人(続き柄):父(二男)
年齢:22歳
職業:無職
容疑:容疑
逮捕の日:2010年4月24日
虐待の状況:父は4月21日午後10時頃、自宅アパートで母の入浴中二男をあやそうとしたが泣き止まず、次男を壁に打ち付けたり、頭を殴ったりした。次男がぐったりしているのを見て、父母が水戸市内の病院に連れて行った。急性硬膜下血腫と急性くも膜下出血で全治約1か月の重傷。病院で「間違って頭をぶつけた」と述べたが、胸などにもあざがあったことから、病院が児童虐待の可能性があるとみて警察に通報した。父「泣きやまないので殴った」

家族構成:父、母(21)、長男(1)、二男の4人暮らし
その他:
[PR]

by tatata24 | 2010-04-25 21:57 | 茨城県

生後4ヶ月男児重体 北海道

虐待内容:身体的虐待
発生日:2010年2月から4月19日
ところ:札幌市白石区栄通
子の年齢:生後4か月
性別:男
子の状態:脳に硬膜下血腫などで意識不明の重体
虐待した人(続き柄):父(二男)
年齢:20歳
職業:建設作業員
容疑:容疑
逮捕の日:2010年4月23日
虐待の状況:は2月から4月19日にかけて、自宅で次男の足をつかんで逆さづりにしたり、高く放り投げたりして頭を激しく揺さぶる暴行を加え、脳に硬膜下血腫などの損傷を負わせた。4月19日午前、次男がぐったりしているのに気づいた父が母(20)に電話し、妻が119番した。搬送時、次男は意識不明の重体で「乳幼児揺さぶられ症候群(SBS)」と診断された。約1か月前から発症していた可能性がある。父は「泣き声がうるさかったので、寝かしつけるために激しく揺さぶったことがある」

家族構成:父、母(20)、長男(1)、二男の4人暮らし
その他:
[PR]

by tatata24 | 2010-04-24 21:57 | 北海道

8歳女児死亡 埼玉

虐待内容:身体的虐待
発生日:2010年4月24日
ところ:埼玉県越谷市
子の年齢:8歳
性別:女
子の状態:死亡
虐待した人(続き柄):母(長女)
年齢:41歳
職業:無職

虐待の状況:24日午前9時40分ごろ、父(40)から「子どもが息をしていない」と119番があった。
救急隊員が駆けつけると、小学3年の娘(8)が寝室の布団の上に倒れており、既に死亡していた。目立った外傷はなかった。
同日午前3時40分ごろには、自宅から約600メートル離れたマンション脇の市道で、母(41)が頭から血を流して死亡しているのが見つかった。妻が着ていたコートから「ご迷惑をかけます。ごめんなさい」と書かれたメモが見つかった。警察は、母が娘を殺害した後で飛び降り自殺したとみて調べている。
父は23日朝から仕事で外出中だった。

家族構成:警備員の父、母、長女の3人暮らし。
その他:
[PR]

by tatata24 | 2010-04-24 20:06 | 埼玉県

6歳男児重体 三重県

虐待内容:身体的虐待
発生日:2010年4月21日
ところ:三重県鈴鹿市算所
子の年齢:6歳
性別:男
子の状態:脳内出血で意識不明の重体。
虐待した人(続き柄):継父(同居女性の二男)
年齢:25歳
職業:無職
容疑:傷害容疑
逮捕の日:2010年4月22日
虐待の状況:21日午前7時ごろ、自宅で次男を殴り、脳内出血の傷害を負わせた。「厳しくしつけるために殴った。投げ飛ばしたり、足払いをかけたこともある」
21日午前、長女が中学校の教諭に相談。連絡を受けた北勢児童相談所が鈴鹿署に同行を要請し、同日午後6時半ごろ、署員らと容疑者宅を訪問した。次男は寝ており、母が「風邪をひいたので、寝かせている」と話したため、署員らは引き揚げた。署員は同日、さらに2回訪問したが、応答はなかったという。
 しかし、22日午前7時25分、長女が「弟が殴られた」と110番。同署員が駆け付けると、次男はぐったりしていた。

家族構成:継父、母(34)、長女(13)長男(10)、二男の5人暮らし。2009年から同居。

その他:長女(13)も今年2月ごろ、顔をはらしていたという。
[PR]

by tatata24 | 2010-04-23 21:58 | 三重県

生後9カ月女児重傷 福岡

虐待内容:身体的虐待
発生日:2010年4月16日
ところ:福岡市南区大楠
子の年齢:生後9カ月
性別:女
子の状態:右脚骨折の重傷
虐待した人(続き柄):父(長女)
年齢:23歳
職業:風俗店店員
容疑:傷害容疑
逮捕の日:2010年4月20日
虐待の状況:16日午前2時ごろ、福岡市南区大楠の自宅マンションの寝室で、長女を壁に投げ付け、右脚骨折の重傷を負わせた。「あやしていたが泣きやまないのでやった」

家族構成:父、母(23)、長女の3人暮らし

その他:
2009年11月に、病院からの通報で長女の頭蓋骨(ずがいこつ)にひびが入っているのが分かった。センターが調べたものの、事故の可能性も否定できず、家に帰した。同12月中旬になり、父からのDVの相談で、母子のシェルターに数日間保護。その後もセンターが、長女を約1週間保護した。母が「県外の親類を頼る」と長女を引き取りに訪れたため、センターは「夫と離れて県外で暮らしている」とみて連絡を取らなかった。しかし、12月末に、父と母子は同居を再開していた。同居後も2010年2月と3月の計2回、妻は南署にDVを相談していた。
[PR]

by tatata24 | 2010-04-20 20:48 | 福岡県

5ヶ月女児3週間のけが 福井

虐待内容:身体的虐待
発生日:2010年2月上旬から4月16日
ところ:福井県敦賀市東洋町
子の年齢:生後5カ月
性別:女
子の状態:腕などの骨を折る3週間のけが
虐待した人(続き柄):母(長女)
年齢:22歳
職業:無職
容疑:傷害容疑
逮捕の日:2010年4月19日
虐待の状況:自宅で長女を壁などにぶつけるなどし、腕などの骨を折る3週間のけが
をさせた。左右の腕と足の3カ所を骨折しており、足の裏側に刺し傷、顔と胸には打撲痕があった。「育児の疲れからイライラし、顔や胸を殴ったりした」
4月18日に愛知県の実家に里帰りし、母の母があざなどを見つけて病院に連れていった。病院で診察を受けて虐待の疑いがあることが分かり、病院が県知多児童障害者相談センターと同署に通報した。
家族構成:父(27)、母、長女
その他:
[PR]

by tatata24 | 2010-04-20 20:35 | 福井県

生後間もない女児遺体 北海道

虐待内容:身体的虐待
発生日:2010年4月18日
ところ:札幌市西区
子の年齢:生後間もない乳児
性別:女
子の状態:死亡(死因は窒息死)
虐待した人(続き柄):()
年齢:
職業:
容疑:
逮捕の日:
虐待の状況:札幌市西区のコンビニエンスストアで4月18日、トイレの中から生まれたばかりの乳児の遺体が見つかった。
18日午前11時ごろ、「トイレが血だらけになっている」と客から知らせを受けた店員が、便器の中に乳児がいるのを発見した。
札幌西署は19日、札医大で司法解剖を行い、乳児は女の子で、死因は窒息死と分かった。
家族構成:
その他:
[PR]

by tatata24 | 2010-04-19 20:51 | 北海道

4歳女児12日間のけが 大阪

虐待内容:身体的虐待
発生日:2010年3月21日
ところ:大阪府泉大津市式内町
子の年齢:4歳
性別:女
子の状態:顔などに12日間のけが
虐待した人(続き柄):継父(同居女性の長女)
年齢:26歳
職業:無職
容疑:傷害容疑
逮捕の日:2010年4月19日
虐待の状況:自宅で、同居女性の長女を素手で殴り、顔などに12日間のけがをさせた。「泣きやまないからしつけで顔や尻を殴った」
継父は、女性が仕事で出かけているときなどに長女の面倒を見ていた。長女が通う保育園関係者があざに気づき市に連絡。市から通報を受けた府岸和田子ども家庭センターが翌日、保護した。継父と女性は2009年11月に出会い系サイトで知り合い、2010年2月から同居。女性は「(継父は)最初は優しかったが、だんだんきつくなった。子供がジュースをこぼしただけで怒るようになり、玄関に立たせたりするようになった」と話している。
 近所に住む男性(66)の話「2月ごろから、『泣くな』という怒鳴り声や、女の子が『ごめんなさい』と謝る声を聞くことが4、5回あり、午前2時ごろまで泣き声が聞こえた日もあった」
家族構成:継父、母(26)、長女
その他:
[PR]

by tatata24 | 2010-04-19 20:48 | 大阪府

1歳男児死亡 大阪

虐待内容:身体的虐待
発生日:2010年4月14日
ところ:堺市堺区中向陽町
子の氏名:岩本隆雅(りゅうが)ちゃん
子の年齢:1歳
性別:男
子の状態:死亡
虐待した人(続き柄):継父(同居女性の子)
年齢:23歳
職業:無職
容疑:傷害容疑、傷害致死
逮捕の日:2010年4月15日
虐待の状況:マンション2階の一室から、「子供が冷たくなっている」と女性の声で119番
があった。救急隊が駆けつけたところ、この部屋に住む1歳6カ月の男児が、母親(21)の胸に抱かれてぐったりとしており、搬送先の病院で間もなく死亡が確認された。堺署は、男児死亡の経緯について、母親から任意で事情を聴いている。母親は虐待を否定し、
「子どもは風邪気味だった。近くの病院でもらった薬を飲ませたが吐いた」
 堺署や消防、病院関係者などによると、男児は前頭部にあざがあり、頭蓋内出血と腸管破裂の症状もみられたという。
 何らかの暴行を加えられたことによる虐待が疑われたため、堺署は堺市子ども相談所(児相)へ通報した。司法解剖で、死因は小腸や腸間膜が裂けたことに伴う出血性ショック死と分かっているが、腹腔内に大量の血がたまり、腹膜炎を起こしていたことも判明した。
大阪府警捜査1課と堺署は15日未明、男児の腹部を押さえ付けて負傷させたとして、母親(21)の内縁の夫(23)を傷害容疑で逮捕した。
「泣きやまないので腹が立った」と容疑を認めている。府警によると、継父はアパートで1月から同居。暴行当時、飲食店勤めの母親は仕事で外出中で、継父は風邪気味の隆雅ちゃんの世話をしていたという。調べに「食べ物や薬を与えても吐き出し、泣きやまず腹が立った。両手で3~4回、体重をかけて腹を押さえた」と供述。「母親の不在時に何度も暴力を振るった」とも言っており、府警は日常的に虐待していたとみて調べている。

家族構成:継父、母(21)、子

その他:継父は1月から勤務先のキャバクラの同僚だった母親と内縁関係にあり、3月末で同店を退職。
最近1カ月は母子宅のマンションで同居していた。
相談所によると、13日午後2時ごろ、同府松原市の医療機関から「3日に男児が受診した際、両目の周りにあざがあった。13日の再診時には治りかけていた」と連絡があった。緊急性はないと判断し、14日に家庭訪問する予定だったという。
[PR]

by tatata24 | 2010-04-16 21:37 | 大阪府

生後6ヶ月男児重傷 大阪

虐待内容:身体的虐待
発生日:2009年11月上旬から2010年1月24日
ところ:大阪府大東市北条7
子の年齢:生後6カ月
性別:男
子の状態:くも膜下出血などの重傷。症状は回復しているという。
虐待した人(続き柄):父(長男)
年齢:21歳
職業:とび職
容疑:傷害容疑
逮捕の日:2010年4月12日
虐待の状況:自宅マンションで、長男を風呂に入れた際に頭を蛇口にぶつけるなどの暴行を加え、くも膜下出血などの傷害を負わせた疑い。1月24日午前、妻の母が長男の目の周囲のあざに気付き、大阪市旭区の病院で受診させた。あごに裂傷や眼底出血もあったことから、病院が府中央子ども家庭センターに通報。センターは3月17日、府警に通報した。病院からの通報を受けたセンターは、何度か両親から事情を聴いたが、あごのけがについて父は「食べこぼしがかぶれただけ」などと釈明していたという。調べに対し「泣きやまないのでいらいらしてやった。昨年11月以降たびたび手を上げていた」「いらいらすると(首の据わらない長男を)両脇を持って上に放り投げ、抱きとめることもした」と供述。

家族構成:父、母(21)、長男の3人暮らし

その他:
[PR]

by tatata24 | 2010-04-12 20:54 | 大阪府
line

忘れないために・・・。ニュースは流れて消えていきます。繰り返さないために、ここに記録しておきます。(ニュースとして公表された内容です。ただし全てを網羅しているわけではありません)


by tatata24
line