<   2010年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2歳女児死亡 広島

虐待内容:身体的虐待
発生日:2010年12月25日
ところ:広島市東区
子の氏名:尾崎朱音(あやね)ちゃん
子の年齢:2歳
性別:女
子の状態:死亡。司法解剖の結果、死因は強い力が加わり肝臓がつぶれる肝挫滅による失血死と判明。
虐待した人(続き柄):継父(同居女性の長女)
年齢:35歳
職業:コンビニエンスストア店長
容疑:殺人の疑い
逮捕の日:2010年12月25日
虐待の状況:継父は、25日午前3時ごろ、継父が帰宅し、子供部屋にいた朱音ちゃんを踏んだり蹴ったりして殺害した疑い。25日午前7時5分ごろ、継父から「子どもが息をしていない」と119番があった。市消防局が女児を病院に搬送し、死亡が確認された。犯行当時、母は別室で就寝中だった。
女児の体に古い傷痕があることから、同署は日常的な虐待についても調べている。継父は「(朱音ちゃんが)ぐずるので暴行した」

家族構成:継父、母(27)、長女の3人
その他:児童相談所や警察には、虐待をうかがわせる情報はなかった。
[PR]

by tatata24 | 2010-12-25 20:26 | 広島県

12歳男児軽症 新潟

虐待内容:身体的虐待
発生日:2010年月日
ところ:新潟県長岡市
子の年齢:12歳
性別:男
子の状態:金づちの木製の柄部分で数十回殴り、軽傷
虐待した人(続き柄):母(長男)
年齢:32歳
職業:無職
容疑:傷害容疑
逮捕の日:2010年12月14日
虐待の状況:14日午後11時頃、自宅で小学6年の
長男(12)の腕や足、尻などを、金づちの木製の柄部分で数十回殴り、軽傷を負わせた疑い。母が119番し、搬送先の病院から「虐待のおそれがある」と同署に通報があり、発覚した。長男には古い傷もあり、日常的に虐待を受けていた疑いもある。
家族構成:母、長男、二男(10)との3人暮らし。
その他:
[PR]

by tatata24 | 2010-12-15 22:22 | 新潟県

生後3ヶ月男児硬膜下血腫 京都

虐待内容:身体的虐待
発生日:2010年12月10日
ところ:京都市南区
子の年齢:生後3カ月
性別:男
子の状態:硬膜下血腫などのけが。意識があり、命に別条はない。
虐待した人(続き柄):父(二男)
年齢:33歳
職業:無職
容疑:傷害容疑
逮捕の日:2010年12月11日
虐待の状況:10日午前10時ごろ、自宅で次男の顔を手で殴り、硬膜下血腫などのけがをさせた疑い。父は
「泣きやまないのでカッとなって往復ビンタをした」 母が10日夜、ぐったりしている次男に気付いて病院に連れて行き、虐待を疑った病院が11日午前に府警に通報した。

家族構成:父、母(24)、長男(1)と次男の4人暮らし。
その他:次男、長男とも体にあざなどはなく、これまで児童相談所や府警に虐待の通報や相談もない
[PR]

by tatata24 | 2010-12-12 22:13 | 京都府

生後4ヶ月男児重傷 大阪

虐待内容:身体的虐待
発生日:2010年4月上旬~5月上旬
ところ:大阪府寝屋川市
子の年齢:生後4~6カ月
性別:男
子の状態:両足骨折など2カ月の重傷
虐待した人(続き柄):父母(長男)
年齢:37歳と31歳
職業:建設会社役員と無職
容疑:傷害容疑
逮捕の日:2010年12月7日
虐待の状況:4月上旬~5月下旬、自宅で長男の体を足で踏みつけるなどして、両足や右上腕骨、肋骨骨折の2カ月の重傷を負わせた疑い。5月31日に母が「おむつを替えるときに痛がって泣いた」と長男を連れて病院を受診。病院の医師が、骨折の具合から虐待を疑って子ども家庭センターに通報した。父母は医師に対し「なぜ骨折したのかわからない」などとと説明していた。父は「いらいらしてやった。妻は共謀していない」と話し、母は否認している。長男の腕などに骨折の跡があるといい、同署は、虐待を繰り返していたとみて調べる。
家族構成:
その他:
[PR]

by tatata24 | 2010-12-07 20:08 | 大阪府

5歳女児死亡 埼玉

虐待内容:身体的虐待
発生日:2010年11月24日
ところ:埼玉県東松山市
子の氏名:宮沢愛(まな)ちゃん
子の年齢:5歳
性別:女
子の状態:死亡
虐待した人(続き柄):同居のベビーシッター()
年齢:34歳
職業:ベビーシッター、無職
容疑:傷害致死容疑
逮捕の日:2010年12月1日
虐待の状況:11月24日ごろ、愛ちゃんの自宅で、愛ちゃんを背後からけり、弾みで玄関ドアの屋外側に頭を打ちつけるなどの暴行を加え、26日未明に低酸素脳症で死亡させた疑い。容疑者は24日の暴行後、愛ちゃんの頭を冷やすなど看病したが、25日昼すぎにトイレで倒れているのを発見。「数日前に玄関前で転んだ」119番をした。不審に思った医師が県警に通報した。「(愛ちゃんが)言うことを聞かず、風呂に入るのを嫌がり、着替えが遅いので腹立たしかった。しつけが過ぎた」と供述。
愛ちゃんの父親は18日午前に仕事に出掛けて以降、自宅に戻らず、自宅では容疑者と愛ちゃんが2人で生活していた。愛ちゃんの全身にはあざや殴られたような痕があった。容疑者は8月ごろ、愛ちゃんの父親と出会い系サイトを通じて知り合い、「(愛ちゃんの)面倒をみたい」と住み込みのベビーシッターとして雇うように依頼。児童相談所に預けようとした父親を押し切る形で、月10万円の報酬を受け取り、11月上旬から3人で暮らしていた。疑者はベビーシッターの経験や保育士の資格などはなかった。
周辺住民らによると、先月20日ごろ、愛ちゃんの住む自宅から激しく怒鳴る女の声が聞こえたという。23日には「どうしてできないの」という怒鳴り声が聞こえた。24日には「ぎゃー」という動物の泣き声のような声や、「ドンドン」という物音も聞こえたという。

家族構成:父(48)、長女、ベビーシッターの3人
その他:死亡した愛ちゃんは、3人きょうだいの末っ子。4月ごろ離婚した父親が、愛ちゃんを連れて東松山の現場住宅へ11月上旬に転居するまでは、年の離れた2人の兄らと日高市内で暮らしていた。
[PR]

by tatata24 | 2010-12-01 21:12 | 埼玉県
line

忘れないために・・・。ニュースは流れて消えていきます。繰り返さないために、ここに記録しておきます。(ニュースとして公表された内容です。ただし全てを網羅しているわけではありません)


by tatata24
line