<   2011年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧


5歳男児死亡 埼玉

虐待内容:身体的虐待、ネグレクト
発生日:2011年8月14日~16日
ところ:埼玉県春日部市
子の氏名:響(ひびき)君
子の年齢:5歳
性別:男
子の状態:死亡
虐待した人(続き柄):父と父の弟(父の長男)
年齢:27歳と25歳
職業:無職とアルバイト
容疑:暴行容疑
逮捕の日:2011年10月25日
虐待の状況:父は8月14日と15日、父の弟は同16日、自宅マンションで、父の長男響(ひびき)君
(5つ)の頭や顔を殴る蹴るなどした容疑。16日夜に響君が意識不明になり、父が119番。救急隊の到着時、既に死亡していた。死因は硬膜下血腫とみられ、頭や顔に複数のあざがあった。父は「部屋の壁への落書きや食事の仕方を注意したが、言うことを聞かないので殴った」と供述。父の弟は「夜勤から帰宅して仮眠しようとしたら、騒いでうるさかったので殴った」と述べた。父は弟と2人で響君の面倒を見ていたが、コンビニのおにぎりやパンなどを1日2回響ちゃんに与えていたと説明、死亡時の体重は同年齢の平均の半分の約十キロだった。自宅にはごみが散乱、響君は幼稚園や保育園に通っておらず、入浴もほとんどさせてもらえなかったとみられる。

家族構成:父、長男、父の弟の3人暮らし。父は2007年に離婚。
その他:2007年9月、「泣き声が聞こえる」との近隣住民の通報で県警が家庭を訪問し、ネグレクト(養育放棄)の疑いがあるとして春日部市に相談。市は児童相談所と連絡を取りながら、2008年2月以降、「要保護児童」として1カ月に2回、定期的に響君と面会した。職員が09年3月に家庭訪問をした際に、3歳だった響ちゃんの体重を量ったところ平均に近い13.5キロだった。2009年5月には「発育も良好で危険性が低い」と判断し、訪問回数を3カ月に1回に減らした。 同6月に春日部署に再び通報があり、署員が父と弟を厳重注意したこともあったが、市は2010年3月に危険性は低いとして要保護対象から除外。最後に響君と面会したのは2010年12月だった。10年12月に訪問した職員が響ちゃんを抱きかかえた際も体重が減っている様子はなく元気だった。あざなども見あたらなかったという。響ちゃんは幼稚園などに通っていなかったため、市職員が小学校への入学準備のため今年5月と7月に家庭訪問したが、不在だったという。
一方、響ちゃんが住むマンションの複数の住民は泣き声が今年に入りひどくなったと話している。女性(64)は「7、8月は『入れて、入れて』という声が特にひどかった」、男性会社員(66)も「今年に入りこれまでにないくらいの声で泣いていた」と語った。

会見した春日部市こども家庭課の課長は「結果としてこのようなことになり、非常に残念」と話し、県越谷児童相談所の所長は「判断は見誤っていなかったと思う。どのような対応ができるかは、今後検討したい」と述べた。
[PR]

by tatata24 | 2011-10-26 21:47 | 埼玉県

2歳男児重症 大阪

虐待内容:身体的虐待
発生日:2011年10月24日
ところ:大阪市東成区
子の年齢:2歳
性別:男
子の状態:転落して頭の骨が折れる重傷。
虐待した人(続き柄):母(長男)
年齢:35歳
職業:無職
容疑:殺人未遂容疑
逮捕の日:2011年10月25日
虐待の状況:24日午後9時ごろ、大阪市内の母子生活支援施設の職員から「男児が5階から転落した」と119番通報があった。男児は約10メートル下の2階部分のスレート製の屋根に落ち、頭の骨が折れる重傷。同居する母親(35)が長男(2)を5階の自室ベランダから落としたことを認めた。府警は翌25日未明に母親を殺人未遂容疑で逮捕した。「育児に疲れ、落として殺そうと思った」と容疑を認めている。転落直前、母親は5階自室のベランダで男児を抱え上げている姿を目撃されていた。

家族構成:母と長男の2人
その他:母親は2008年12月、「夫に家を追い出された」として生まれて間もない男児を連れて同母子生活支援施設に入所。直後から精神的に不安定で仕事はしていなかった。同施設では、約50組の母子が別々の部屋で生活している。
[PR]

by tatata24 | 2011-10-25 18:52 | 大阪府

生後2~3カ月男児放置 宮崎

虐待内容:ネグレクト
発生日:2011年10月23日
ところ:宮崎市
子の年齢:生後2~3カ月
性別:男
子の状態:健康状態に問題はない。
虐待した人(続き柄):()
年齢:
職業:
容疑:保護責任者遺棄容疑
逮捕の日:
虐待の状況:23日午前4時半ごろ、宮崎市の立体駐車場の身体障害者用公衆トイレで、生後2~3カ月とみられる乳児がベビー服を着て、毛布にくるまれて泣いているのを通行人の夫婦が発見し、近くの交番に届けた。乳児は男の子で、健康状態に問題はない。乳児は駐車場1階のトイレの床に置き去りにされていたという。横にオムツや哺乳瓶の入ったバッグがあった。置き手紙などはなかったという。
家族構成:
その他:
[PR]

by tatata24 | 2011-10-23 19:05 | 宮崎県

14歳男児死亡 愛知

虐待内容:身体的虐待
発生日:2011年10月22日
ところ:名古屋市名東区
子の氏名:昌己(まさき)君
子の年齢:14歳
性別:男
子の状態:死亡
虐待した人(続き柄):母の交際相手(母の長男)
年齢:37歳
職業:会社員
容疑:傷害致死容疑
逮捕の日:2011年10月22日
虐待の状況:22日午前六時四十分ごろ、名古屋市名東区の市営住宅で、長男で中学校二年の昌己(まさき)君(14)が倒れたまま動かないと、母から119番があった。昌己君は搬送先の病院で、三時間後に胸部打撲で死亡した。現場にいた母の交際相手の会社員(37)が昌己君への暴行を認め、名東署は傷害の疑いで逮捕。同日午前六時半ごろ、昌己君の胸付近を足で三回ほど蹴り、心肺停止にさせた疑い。「昌己君が勉強をしたとうそをついたので、カッとなって蹴った」と供述している。
母の交際相手は母と三年ほど前に交際を始めて家に頻繁に出入りし、二十一日夜から泊まっていた。母は別の部屋で寝ており、交際相手に「(昌己君が)ぐったりしている」と起こされたという。

家族構成:母(38)と長男の二人暮らし。母は無職。昌己君の小学6年の弟は瑞穂区の祖母宅で生活。7月に祖母から瑞穂署に、交際相手者から弟への虐待をめぐる相談があった。

その他:瑞穂署へ昨夏と今夏、母と昌己君の祖母から、交際相手の暴力の相談が二回あった。被害届を出すよう助言したが、母は応じなかった。
名古屋市中央児童相談所は、六月に交際相手が昌己君に暴行した事実を把握していたと明らかにした。昌己君が当時通っていた同市瑞穂区の中学校から「家で暴力を受けている」と連絡を受け、家庭を訪問。交際相手は「しつけだった」と暴行を認めた。 相談所は「反省の言葉を口にし、保護の必要などはないと判断した。援助の至らなさ、不十分さを認めないといけない」とした。 相談所によると、2008年9月に「(昌己君の)養育が十分にされていない」と近隣住民から連絡があり、家庭への指導を始めた。昌己君を二週間から一カ月ほど相談所で保護したこともあった。交際相手による虐待も含め、これまで二十回ほど家庭訪問や学校での面談をしてきた。
[PR]

by tatata24 | 2011-10-23 18:14 | 愛知県

生後間もない女児放置 千葉

虐待内容:ネグレクト
発生日:2011年10月20日
ところ:千葉市若葉区
子の年齢:生後間もない
性別:女
子の状態:命に別条はない。
虐待した人(続き柄):母()
年齢:
職業:
容疑:保護責任者遺棄容疑
逮捕の日:
虐待の状況:20日午後11時頃、千葉市若葉区のコンビニ店から、女子トイレのゴミ箱から、
ポリ袋に入れられた乳児を客が見つけ、店を通じて110番した。ごみ箱からはへその緒がついたままの女児が見つかり、病院に運ばれた。体重2800グラム。命に別条はないという。トイレの床に血がついていることなどから、トイレで産み落とされたとみられる。発見直前まで長時間にわたってトイレを利用していた女性客がいた。

家族構成:
その他:
[PR]

by tatata24 | 2011-10-21 18:59 | 千葉県

8歳女児死亡 東京都(心中)

虐待内容:身体的虐待
発生日:2011年10月11日
ところ:東京都江東区
子の年齢:8歳
性別:女
子の状態:死亡
虐待した人(続き柄):母(長女)
年齢:40歳代
職業:
容疑:
逮捕の日:
虐待の状況:10月11日児相職員が部屋を訪問したが、応答がないため別居していた女性の夫に連絡。夫が合鍵で玄関のドアを開けた。一緒に室内に入って、母と女児が倒れているのを発見して110番した。2人はこの部屋に住む母親と長女とみられ、和室の布団の上で死亡していた。目立った外傷はなく、近くにしちりんと炭の燃えかすがあった。同署は心中を図ったとみて身元や死因を調べている。2人と一緒に長男とみられる男児も住んでいて病院に搬送されたが、和室以外の部屋にいて命に別条はない。

家族構成:母、長男(11)、長女
その他:児相を所管する東京都家庭支援課は「母親と男児の関係について、児相が複数回面会していたが、亡くなった女児についてはない。詳細は答えられない」としている。
[PR]

by tatata24 | 2011-10-11 20:33 | 東京都

生後間もない女児重傷 北海道 

虐待内容:身体的虐待
発生日:2011年5月下旬~8月
ところ:札幌市白石区
子の年齢:生後間もない
性別:女
子の状態:硬膜下血腫や頭部骨折などの重傷
虐待した人(続き柄):父(長女)
年齢:25歳
職業:会社員
容疑:傷害容疑
逮捕の日:2011年10月7日
虐待の状況:今年5月初旬に生まれた長女に対して同月下旬以降、自宅マンションの床に放り投げたり、殴る蹴るなどの暴行を繰り返し、硬膜下血腫や頭部骨折などの重傷を負わせた疑い。8月6日、父の留守中に母(27)が長女を病院に連れて行き、けがの状況から医師が虐待の疑いが高いと判断。連絡を受けた市児童福祉総合センターが同15日に警察に通報した。
長女は現在、市内の病院に入院中。意識がもうろうとしていた搬送時の状態からは、呼び掛けに応じる程度まで回復したが、脳などに後遺症が残る可能性もある。
家族構成:父、母(27)、長女の3人暮らし
その他:母は虐待に気づいていたが、父が「俺がやったことがバレる。病院に連れて行くと
金もかかる」などと威圧していたという。
[PR]

by tatata24 | 2011-10-08 20:19 | 北海道

10歳代前半女児に売春 長野

虐待内容:性的虐待
発生日:2011年1月上旬
ところ:長野県
子の年齢:10歳代前半
性別:女
子の状態:
虐待した人(続き柄):母(長女)
年齢:45歳
職業:派遣社員
容疑:児童
福祉法違反(淫行をさせる行為)容疑
逮捕の日:2011年9月15日
虐待の状況:母親は1月上旬、知人の無職男性(72)がわいせつな行為をすると知りながら、現金2~3万円で紹介し、南信地方のホテルでわいせつな行為をさせた疑い。男性は18歳未満であると知りながら、わいせつな行為をした疑い(児童買春・児童ポルノ禁止法違反(児童買春)容疑)で逮捕。2容疑者とも容疑を認め、母親は「娘に申し訳ないことをした」と供述。母親は数年前から複数回、夫ら家族に見つからないように長女を車で男性との待ち合わせ場所に連れて行き、わいせつ行為をさせていたとみられる。男性は「毎回、金を払っていたわけではない」と供述。7月に長女が通う学校の関係者から同署へ届け出があり、発覚した。
家族構成:
その他:長野県、警は小学生の次女も知人に紹介し、性的暴行をさせようとしたとして母(45)と知人(72)を2011年11月10日、強姦(ごうかん)未遂容疑で再逮捕した。5月中旬ごろ、県南部のホテルで、2度にわたり次女に性的暴行をしようとした疑い。母は次女を連れて知人とホテルの部屋に入り数万円を受け取り、知人が性的暴行を加えようとした際も室内に居た。
[PR]

by tatata24 | 2011-10-05 21:09 | 長野県
line

忘れないために・・・。ニュースは流れて消えていきます。繰り返さないために、ここに記録しておきます。(ニュースとして公表された内容です。ただし全てを網羅しているわけではありません)


by tatata24
line