<   2011年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧


生後8か月女児重体

虐待内容:身体的虐待
発生日:2011年10月中旬から11月下旬
ところ:福岡県筑紫野市
子の氏名:
子の年齢:生後8か月
性別:女
子の状態:意識不明の重体
虐待した人(続き柄):継父と母(母の長女)
年齢:19歳と19歳
職業:無職と無職
容疑:傷害容疑と傷害ほう助容疑
逮捕の日:2011年11月28日
虐待の状況:2人は27日夕、女児の意識がないことに気づき、自宅から119番したが、つながらなかったため、近くの住宅に女児を抱いて駆け込み、住人の女性(60)に119番を依頼した。女児は病院に運ばれたが意識不明の重体。病院から「打撲痕が複数ある女児が搬送された。虐待の疑いがある」と通報があった。
男は「赤ん坊を好きではなかった。自分の子ではないので、かわいくない。泣きやまないとイライラしてたたいた」母親は「(男に)嫌われたくなかったので、何も言えなかった」と供述。男は10月中旬~11月27日、同市の自宅で日常的に女児を平手やこぶしで殴る、体を前後に揺さぶったりするなどの暴行を加え、後頭部の骨折などの大けがを負わせた疑い。女は暴行を制止せずに放置し、女児を保護しなかった疑い。女児の全身にはあざがあったが、この間、病院を受診した記録はない。
家族構成:
その他:
[PR]

by tatata24 | 2011-11-28 19:28 | 福岡県

4歳男児死亡 大分

虐待内容:身体的虐待
発生日:2011年11月24日
ところ:大分県別府市
子の氏名:柊真(しゅうま)ちゃん
子の年齢:4歳
性別:男
子の状態:死亡
虐待した人(続き柄):母(長男)
年齢:37歳
職業:無職
容疑:傷害致死容疑
逮捕の日:2011年11月26日
虐待の状況:母は25日午後2時ごろ、同居の30代男性に付き添われて同署に自首し「朝起きたら子どもが死んでいた。お漏らしをしたので、しつけとしてたたいた。殺すつもりはなかった」と供述。24日午前8時ごろから午後5時ごろまで複数回、アパート1階の自宅で、長男の柊真ちゃんの頭や胸などを素手やビニール傘で何度も殴り、死亡させた疑い。司法解剖の結果、死因は頭部を殴られたことによる硬膜下血腫と断定。血腫は側頭部や頭頂部に3カ所あり、うち2カ所は比較的古いものだったという。全身に数カ所のやけどもあった。死亡時の体重は約10キロで、4歳男児の平均より数キロ程度軽かった。母は「以前からリモコンなどで子どもをたたいていた」と供述
家族構成:
その他:別府市内の別の場所に住んでいた5月、「柊真ちゃんが外に出され泣いている」と近所の人が市児童家庭課に通報。職員2人が駆け付けたが、柊真ちゃんが明るく振る舞ったため虐待とは判断せず、何かあったら連絡するよう母に伝えたという。 その後、現在の住所に転居したが、近所の人は「子どもが泣き叫ぶ声がしばしば聞こえた」と話していた。
[PR]

by tatata24 | 2011-11-26 21:09 | 大分県

生後2ヵ月女児重体 京都

虐待内容:身体的虐待
発生日:2011年4月4日から5月9日
ところ:京都市下京区
子の年齢:生後約2カ月
性別:女
子の状態:一時意識不明の重体。2カ月ほど入院した後、7月上旬に退院。現在は快方に向かっているが、手足のまひなどの後遺症がでる恐れもある。
虐待した人(続き柄):父母(次女)
年齢:24歳と22歳
職業:飲食店店員と無職
容疑:傷害容疑
逮捕の日:2011年11月19日
虐待の状況:5月9日、「娘がぐったりしていて動かない」などとして京都市内の病院に母が次女を連れて行き、不審に思った医師が児童相談所に連絡。児童相談所が警察に通報して発覚した。2人は今年4~5月ごろ、自宅などで次女の頭を強く揺さぶるなどの暴行を加え、硬膜下血腫にさせ一時意識不明の重体にした疑
い。母親は、被害乳児を含めて3人の乳児の育児に追われ、父親は仕事で不在がちだった。6月に府警が任意で母親に事情を聴いた際には、母親は「あやしていただけ」と説明。日常的な虐待をうかがわせるような外傷はなかった。

家族構成:父、母、長女、次女、三女の5人暮らし。
その他:母親は3月、いずれも女児の三つ子を病院で出産した。3人とも未熟児だったため約1カ月間入院。4月14日に保健師が訪問した際は、発育状況などに問題は見られなかった。
[PR]

by tatata24 | 2011-11-20 21:52 | 京都府

7歳男児重体 大阪

虐待内容:身体的虐待
発生日:2011年11月17日
ところ:大阪府茨木市
子の年齢:7歳
性別:男
子の状態:意識不明の重体。
虐待した人(続き柄):父(長男)
年齢:29歳
職業:建設業
容疑:傷害容疑
逮捕の日:2011年11月18日
虐待の状況:父は17日午後8時頃、自宅1階の居間で、胸の高さまで長男を抱え上げ、床に投げつけるなどして、頭蓋骨骨折などの大けがを負わせた疑い。父は、約10分後に「子供が頭を打ってけがをした」と119番し、駆け付けた救急隊が同署に通報した。父は「夕食前に風呂に入るように言ったが、言うことを聞かなかったので床にたたきつけた」と供述。

家族構成:父、長男、長女(5)の3人暮らし。しかし、元妻(27)が子どもの世話をするためにふだんから自宅を訪れ、事件当時も、元妻はも自宅にいたが、夕食の準備中だったという。
その他:大阪府吹田子ども家庭センターによると、元妻が8月中旬、「(父が)長男に暴力を振るったことがあり心配なので、2人の子供を引き取りたい」と相談の電話をかけていた。同センターは同市教委を通じ、長男が通う小学校に注意深く見守るよう依頼していた。
[PR]

by tatata24 | 2011-11-18 21:51 | 大阪府

生後6か月男児重傷 和歌山

虐待内容:身体的虐待
発生日:2011年10月8日
ところ:和歌山市
子の年齢:生後6か月
性別:男
子の状態:右大腿(だいたい)骨の骨折、全治1ヶ月の重傷。 
虐待した人(続き柄):父(長男)
年齢:24歳
職業:会社員
容疑:傷害容疑
逮捕の日:2011年11月16日
虐待の状況:10月8日午後9時30分頃、自宅の寝室で当時生後6カ月の長男が泣き止まないことに腹を立て、 右の太ももを踏みつけて骨折させた疑い。父は「泣きやまないので腹が立ってやった」と供述。 同月10日午前0時過ぎ、 家族が発熱を起こした長男を急患センターへ連れて行き、 同日昼ごろ、 熱が下がらず足が腫れてきた長男を再び病院へ連れて行った際、 骨折が分かった。 長男はことし7月初旬にも頭の血腫や眼底出血で受診しており、 同月13日、 県子ども・女性・障害者センターが児童虐待の可能性がある事案として同署に通報。和歌山地検が7日、処分保留とした。
2011年12月7日に再逮捕。容疑は、2011年6月、自宅で当時生後2カ月の長男を頭上から落下させて受け止めて揺さぶったり、自分の肩に長男の顔面を打ちつけるなどして、頭と目に全治約3週間のけがをさせた疑い。父は「あやしていただけで、けがをさせるつもりはなかった」と供述。


家族構成:
その他:
[PR]

by tatata24 | 2011-11-16 20:30 | 和歌山県

9歳男児死亡 埼玉

虐待内容:身体的虐待
発生日:2011年7月16日
ところ:埼玉県新座市
子の氏名:
子の年齢:9歳
性別:男
子の状態:死亡
虐待した人(続き柄):父()
年齢:29歳
職業:
容疑:傷害致死容疑
逮捕の日:2011年11月16日
虐待の状況:7月16日夜、新座市の自宅で父親とリハビリ中に倒れたという。母親が「子どもが頭を打った」と119番通報したが、男児は心肺停止状態だった。病院に向かっている途中に死亡が確認された。男児は障害があった。解剖の結果、体には数カ所のあざがあった。死亡時の状況が不自然だったことなどから県警が捜査した結果、父親が男児に暴行を加えていた疑いが強まり、逮捕に踏み切った

家族構成:
その他:
[PR]

by tatata24 | 2011-11-16 20:20 | 埼玉県

生後3か月男児重体 静岡

虐待内容:身体的虐待
発生日:2011年10月7日~11月10日
ところ:静岡県裾野市
子の年齢:生後3か月
性別:男
子の状態:頭蓋底骨折などで意識不明の重体。
虐待した人(続き柄):母(長男)
年齢:28歳
職業:無職
容疑:傷害容疑
逮捕の日:2011年11月11日
虐待の状況:10日夕、帰宅した父(28)が、長男が熱を出しているのに気づき119番。頭部骨折が判明。搬送先の病院が「暴行を受けたような不審な点がある」と110番した。10月7日~今月10日までの間、自宅で十数回にわたり、母が長男の頭を平手でたたき、頭蓋底骨折などの重傷を負わせた疑い。
家族構成:父、母、長女(2)、長男の4人暮らし
その他:長女にけがはなかった。事件前、新生児の健診に訪問した同市の担当保健師に対し、母は育児ストレスに悩む精神状態を明かして「子供たちに泣かれてしまうといらいらして、つい手が出てしまいそうになる」。
担当保健師は10月25日午前、当時市内の別の場所に住んでいた自宅アパートを訪問。健診時に男児の体に外傷などの異常は認められず、母がミルクを与える様子も確認した。担当保健師は「7日に本人と電話で話したばかり。16日には自宅を再度訪問する予定も入れた矢先の出来事になってしまった」と話した。
[PR]

by tatata24 | 2011-11-12 22:23 | 静岡県

生後1ヵ月男児大やけど 大阪

虐待内容:身体的虐待
発生日:2011年11月6日
ところ:大阪府豊中市
子の年齢:生後1カ月
性別:男
子の状態:腰から股にかけて大やけど
虐待した人(続き柄):父(長男)
年齢:33歳
職業:警備員
容疑:傷害容疑
逮捕の日:2011年11月8日
虐待の状況:今月6日午後9時半ごろ、自宅の浴室で長男に熱湯をかけ、腰から股にかけて大やけどを負わせた疑い。長男は大阪市住吉区内の病院の集中治療室に入っている。7日午後4時半ごろ、父母で地元の診療所に長男を連れて行ったが症状が重く治療できず、同6時すぎ、同市東淀川区の病院に車で搬送。同9時ごろに病院からの通報で事件が発覚、長男は住吉区の病院に転院した。父は「風呂に一緒に入り、シャワーの温度を高く設定したままかけてしまった」と供述。
府警捜査1課などは11月19日、すぐに病院に連れて行かず十分な治療を受けさせなかったとして、保護責任者遺棄の疑いで、母親(25)を逮捕した。逮捕容疑は11月6日夜~7日夕、住んでいた豊中市の自宅で、長男が入浴中に大やけどを負ったにもかかわらず、病院に連れて行くなどの十分な治療を受けさせなかった疑い。
家族構成:父、母(25)と長女(5)、長男との4人暮らし。
その他:
[PR]

by tatata24 | 2011-11-08 20:36 | 大阪府
line

忘れないために・・・。ニュースは流れて消えていきます。繰り返さないために、ここに記録しておきます。(ニュースとして公表された内容です。ただし全てを網羅しているわけではありません)


by tatata24
line