<   2012年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧


4歳男児死亡 東京

虐待内容:身体的虐待
発生日:2012年2月24日
ところ:東京都新宿区
子の氏名:勇翔(はやと)ちゃん
子の年齢:4歳
子の性別:男
子の状態:死亡
虐待した人(続き柄):母の交際相手(交際女性の長男)
年齢:27歳
職業:会社員
容疑:傷害容疑
逮捕の日:2012年2月25日
虐待の状況:24日午後8時55分ごろ、東京都新宿区のアパートの一室から「子どもがぐったりしていて動かない」と母親から119番があった。男児が病院に運ばれ、約1時間後に死亡した。警視庁戸塚署は25日、勇翔ちゃんの顔や腹を殴ったとして、傷害の疑いで、母親の交際相手で、この部屋に住む会社員の男(27)を逮捕した。司法解剖で長男が頭蓋内損傷により死亡したことが判明。長男の胸には今回の暴行より前の時期にできたとみられるあざが数か所、確認された。会社員は「昼食を食べず、かっとなって殴った。ぐったりしたのでソファに寝かした」と供述。暴行当時、母親はコインランドリーに行っており、午後1時半ごろ部屋に戻っていたが、長男はソファで寝ていて意識もあったため、通報が夜になったとされる。

家族構成:母親(22)と長男は、東京都立川市で2人暮らし。
その他:母と会社員は半年前から知人の紹介で交際を始め、毎週末、長男を連れて1人暮らしの会社員宅を訪れており、今回は前日から泊まっていた。
立川児童相談所によると、昨年8月、2人が住むアパートの近隣住民から「母親が子どもを置いて自宅を出て行く」「部屋がゴミだらけ」などと通報があったことから、虐待の疑いがあるとして母親へ指導した時期があったという。
[PR]

by tatata24 | 2012-02-25 11:26 | 東京都

生後3カ月男児死亡 山梨

虐待内容:身体的虐待
発生日:2010年3月21日
ところ:山梨県北杜市
子の氏名:理仁(まさと)ちゃん
子の年齢:生後3カ月
子の性別:男
子の状態:死亡
虐待した人(続き柄):父(長男)
年齢:22歳
職業:会社員
容疑:殺人容疑
逮捕の日:2012年2月22日
虐待の状況:10年3月21日午後5時ごろ、長男理仁(まさと)ちゃんが泣きやまないことに憤慨し、頭上に放り投げて約2メートル下の布団に落として脳挫傷などを負わせ、同年4月27日に収容先の病院で脳挫傷で死亡させた容疑。父は当初「だっこしていたら、誤って落としてしまった」と説明していた。事件当時は母と長女を含め家族全員が在宅していたが、母と長女は別室にいた。

家族構成:父、母、長女、長男の4人暮らし
その他:
[PR]

by tatata24 | 2012-02-22 22:52 | 山梨県

8歳と6歳男児死亡(心中) 大阪

虐待内容:身体的虐待(心中)
発生日:2012年2月19日
ところ:大阪府守口市
子の氏名:
子の年齢:8歳と6歳
子の性別:男と男
子の状態:死亡
虐待した人(続き柄):母(長男と次男)
年齢:42歳
職業:
容疑:
逮捕の日:
虐待の状況:19日午前2時45分頃、会社員の父(42)が、母(42)と小学2年生の長男(8)、幼稚園児の次男(6)が倒れているのを見つけ、親類を通じて119番。駆け付けた救急隊員が3人の死亡を確認した。長男と次男は3階の寝室の布団の上で、妻は近くの床の上に倒れていた。室内には練炭が入った七輪があり、窓やドアは粘着テープで目張りがされていた。2階の居間に「お父さん、ごめんなさい」とのメモ書きが置かれていた。守口署は、母親が無理心中を図ったとみて調べている。母は子育てに悩んでいたという。
家族構成:父と母、長男、、次男の4人暮らし
その他:
[PR]

by tatata24 | 2012-02-20 21:29 | 大阪府

4歳男児 背中にやけど 岡山

虐待内容:身体的虐待
発生日:2012年2月14日
ところ:岡山市中区
子の年齢:4歳
子の性別:男
子の状態:背中にやけど
虐待した人(続き柄):継父(同居女性の長男)
年齢:21歳
職業:無職
容疑:傷害容疑
逮捕の日:2012年2月16日
虐待の状況:14日午後0時半ごろ、内縁関係にあり同居している女性(25)宅で、野菜ジュースを勝手に飲んだことに腹を立て、女性の長男(4)に電気ポットからコップに注いだ熱湯1杯をパジャマの上からかけて浴びせた疑い。男児は背中にやけどを負った。継父と母は長男のやけどを巡って口論となり、午後7時頃に継父が母の顔を数回殴ったため、母が110番した。
家族構成:
その他:
[PR]

by tatata24 | 2012-02-16 21:15 | 岡山県

16歳女児重傷 福岡

虐待内容:身体的虐待
発生日:2012年1月7日
ところ:福岡市南区
子の年齢:16歳
子の性別:女
子の状態:全治約2カ月の重傷
虐待した人(続き柄):継父(妻の長女)
年齢:36歳
職業:無職
容疑:傷害容疑
逮捕の日:2012年2月15日
虐待の状況:1月7日午前10時と午後11時ごろ、自宅で長女の足を刃物で切りつけるなどして、全治約2カ月の重傷を負わせた疑い。継父は「長女が言うことを聞かなかったからやった」と供述。切り傷をたこ糸で縫合した形跡があるほか、畳用殺虫剤の針を刺して殺虫剤を注入された可能性もある。
少女は1月11日に母親と一緒に来院。少女は「間違えて足に殺虫剤の針を刺して噴射してしまった」と話した。右足の甲は腫れ上がり、傷口は化膿していたほか、太ももには切り傷を縫合したような痕があった。病院側が継父に事情を聴くと「娘が自傷行為をしたから、緊急だったので私が縫った。傷は娘が彫刻刀で切ったようだ」と説明。病院は足の甲を手術し、切り傷も縫合しなおした。少女は入院中、一貫して「自分で切った。お父さんに治療してもらった」と話し、見舞いに来た継父との関係に不審な点は見られなかったことなどから、通報の判断に迷ったという。 同17日、同市内の区役所に「自分でやったというのはおかしい」と相談。区役所が福岡市こども総合相談センターに通報。同センターと県警が連携し、2月6日の退院時に保護された。

家族構成:継父は11年3月に結婚して妻と妻の連れ子4人の計6人暮らし。
その他:市こども総合相談センターは長女を含め連れ子4人を保護した。
[PR]

by tatata24 | 2012-02-16 21:05 | 福岡県

9ヵ月女児死亡 静岡

虐待内容:ネグレクト
発生日:2012年2月10日
ところ:静岡県富士市
子の氏名:恋(れん)ちゃん
子の年齢:9か月
子の性別:女
子の状態:死亡
虐待した人(続き柄):父母(次女)
年齢:34歳と33歳
職業:無職
容疑:保護責任者遺棄致死容疑
逮捕の日:2012年2月12日
虐待の状況:父母は10日午前5時頃、宿泊先の大阪府大東市のホテルで、一緒に寝ていた次女がベッドから落ち白目をむいて、意識不明になったのに医師の診察を受けさせず、そのまま放置し12日までに死なせた疑い。奈良県警に11日夜、父母の親族を名乗る女性から「(母が)『夫が娘を病院に連れて行ってくれない』と連絡してきた」と電話があり、天理署員が12日未明、父母らが泊まっていた同県天理市のホテル前で職務質問。母が抱いていた次女の死亡を確認した。次女の左ほほには転落した際にできたとみられる変色した痕があった。2人は、恋ちゃんと長女(1歳)を連れていた。父は「家族で無理心中しようと思っていたので、病院に連れて行かなかった」、母は「死ぬつもりはなかったが、夫に従った」と供述。次女と1歳の長女も連れて7日ごろ、車で自宅を出発し、名古屋市内や大東市内の宿泊施設を転々としていた。
家族構成:
その他:
[PR]

by tatata24 | 2012-02-13 20:35 | 静岡県

生後2ヵ月男児死亡 広島

虐待内容:ネグレクト
発生日:2011年9月~10月31日
ところ:広島県東広島市
子の氏名:蓮太ちゃん
子の年齢:生後2カ月
子の性別:男
子の状態:死亡
虐待した人(続き柄):父母(次男)
年齢:26歳と30歳
職業:無職
容疑:保護責任者遺棄致傷容疑
逮捕の日:2012年2月9日
虐待の状況:2011年9月~10月31日、次男に服を着せなかったり、長期間オムツを取り換えないなど不衛生な状態で放置し、全身に全治4週間の皮膚炎を負わせた疑い。父母は次男に医療措置を受けさせず、着替えもほとんどさせていなかった。2011年10月31日夜、父母によって同市の東広島医療センターへ搬送されたが、その後死亡した。低体温症のような症状もみられたが、死因は不明。センターから、体にあざのようなものがある子供が運ばれてきたとの通報があり、県警が捜査していた。父は「責任を怠ったつもりはない」と供述。母も「やるべきことはやっていた」
家族構成:父、母、次男の3人暮らし。
その他:
[PR]

by tatata24 | 2012-02-09 03:29 | 広島県

生後5か月一時重体 兵庫

虐待内容:身体的虐待
発生日:2011年3月14日~18日
ところ:兵庫県加古川市
子の年齢:生後5か月
子の性別:男
子の状態:脳挫傷を負うなど一時重体に陥ったが、現在は回復に向かっている
虐待した人(続き柄):父(長男)
年齢:38歳
職業:派遣社員
容疑:傷害容疑
逮捕の日:2012年2月1日
虐待の状況:2011年3月14~18日、兵庫県加古川市の父方祖父宅で、生後5か月の長男が泣きやまないことに腹を立て、体を揺さぶるなどの暴行を加え、急性硬膜下血腫や脳挫傷などの重傷を負わせた疑い。父は「両手で持ち上げて前後に揺さぶった」と供述。
母親が2011年3月19日に長男を病院へ連れて行った際、体にあざがあるのを医師が見つけ、虐待の疑いがあるとして県こども家庭センターと警察に通報した。
男児は約1カ月後に退院し、現在は回復に向かっている。
家族構成:
その他:父と母は09年1月に離婚していたが、事件の3カ月前から父の実家で同居していた。
[PR]

by tatata24 | 2012-02-01 20:25 | 兵庫県
line

忘れないために・・・。ニュースは流れて消えていきます。繰り返さないために、ここに記録しておきます。(ニュースとして公表された内容です。ただし全てを網羅しているわけではありません)


by tatata24
line