<   2012年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧


生後2カ月男児死亡 山形

虐待内容:身体的虐待
発生日:2012年3月中旬
ところ:山形県東根市
子の氏名:友真ちゃん
子の年齢:生後2カ月
性別:男
子の状態:死亡
虐待した人(続き柄):母(長男)
年齢:21歳
職業:パート従業員
容疑:傷害致死容疑
逮捕の日:2012年7月30日
虐待の状況:2012年3月中旬、母が自宅で長男の頭を柱に打ち付けて頭蓋骨(ずがいこつ)骨折などを負わせ、頭蓋内損傷で死なせた疑い。数日たってから容体が悪くなり、母が3月15日午前9時ごろ「長男が呼吸をしていない。様子がおかしい」と119番、長男は搬送先の病院で同日午後2時ごろに死亡した。病院が頭蓋骨骨折の理由を尋ねると、母は「知らない。分からない」などと答えた。不審に感じた病院側が通報し、同署が捜査。司法解剖して死因に関し複数の法医学者に意見を求める一方、事情聴取を重ねたところ、母が30日になって容疑を認め、「泣きやまず大変だった」「子供にはかわいそうなことをした」と供述。当時、父は不在だった。

家族構成:父(28)、母、長男の3人暮らし。
その他: 昨年12月に実家のある盛岡市で母は長男を出産し、その後は東根市で父と長男の3人で暮らしていた。2月下旬に市の担当者が訪問した際は、子供も元気で変わったこともなかった。
 母は盛岡市出身で、尾花沢市の夫の実家で同居後、昨年(2011年)6月に東根市のアパートに転入。同年12月末(盛岡市の実家で?)友真ちゃんを出産した。周囲に気心が知れた友人はなく、同じアパートの住民も「近所付き合いはなかった」という。母は「人と話すのが苦手だった」「地域に育児サークルなどがあるのは知っていたが、自分から顔を出す気持ちにはなれなかった」と供述。一方、父は育児に無関心ではなく、母の手伝いなどもしていた。事件の約3週間前の2月21日、東根市の職員は母と自宅で面会していた。生後1~2か月の乳児がいる家庭を保健師や看護師が訪問指導する事業で、体重測定をしたり、授乳や便通の状態を聞き取ったりして、成育状況を確認した。母親が育児で精神状態が不安定になりやすい時期でもあるため、「物事がうまく進まない時に自分を責めないか」「理由なく不安や心配にならないか」――など、産後うつに関する質問票にも回答してもらった。訪問時間は約1時間。だが、市子育て健康課によると、友真ちゃんに虐待されたような外傷はなく、母との会話や質問票への回答からも、ひどく悩んでいる様子は感じ取れなかったという。
[PR]

by tatata24 | 2012-07-31 21:12 | 山形県

1歳女児重体のち死亡 奈良

虐待内容:身体的虐待+ネグレクト
発生日:2012年6月中旬~7月中旬
ところ:奈良県田原本町
子の年齢:1歳3か月
性別:女
子の状態:頭の骨を折るなど意識不明の重体(8月22日、多発性外傷による呼吸不全で死亡)。

虐待した人(続き柄):母と父(長女)
年齢:22歳と27歳
職業:無職と土木作業員
容疑:傷害容疑,保護責任者遺棄容疑

逮捕の日:2012年7月22日、2012年8月12日再逮捕
虐待の状況:今年6月中旬~7月中旬、母は自宅で長女の頭などに平手打ちするなどの暴行を加え、けがをさせた疑い。母親が7月21日午後10時半ごろ長女を病院に連れていき、頭に殴られたような痕があり顔にはあざもあった。栄養障害でやせていたことから、病院が県中央こども家庭相談センター(奈良市)に通報した。
体重が1歳児の平均に満たないほどやせていた。母は「育児疲れでイライラして殴ってしまった」と供述。
再逮捕容疑は、2012年3月~7月21日ごろ、長女に十分な食事を与えず、低栄養状態にさせ、病院に連れて行かず放置した疑い。1歳3ヶ月児の標準体重は8~11Kgだが、長女は5.5Kgしかなかった。母は容疑を認めている。父は否認。
8月22日未明、長女は、多発性外傷による呼吸不全で死亡した。 県警は傷害致死容疑を視野に、司法解剖をして暴行と死亡の関連を調べる。

家族構成:父(27)、母、長男(2)、長女、次男(0)の5人暮らし。(父母は内縁だが実子)
その他: 近隣の住人は「毎日のようにひどく泣く子どもの声が聞こえ、時には『もう』と荒々しく言う母親と思われる声も聞こえた」
[PR]

by tatata24 | 2012-07-23 22:03 | 奈良県

生後1カ月男児死亡(心中) 東京都

虐待内容:身体的虐待
発生日:2012年7月18日
ところ:東京都練馬区
子の年齢:生後1カ月
性別:男
子の状態:死亡
虐待した人(続き柄):母(次男)
年齢:37歳
職業:
容疑:
逮捕の日:
虐待の状況:7月18日午後8時ごろ、練馬区の自宅浴室で、母(37)と生後1カ月の次男が倒れているのを、消防からの通報で駆けつけた石神井署員が発見。乳児の胸には刺し傷があり、搬送先の病院で死亡が確認された。母も大量の睡眠薬を飲んだとみられ入院したが、目立った外傷がなく、命に別条はない。浴室で血のついたナイフが見つかった。育児に悩んでいたとの情報もある。長男が通う幼稚園から「母親が迎えに来ない」と連絡があり、自宅を訪ねた母方祖父(70)が2人が倒れているのを見つけ119番通報した。

家族構成:父、母、長男(3)次男
その他:
[PR]

by tatata24 | 2012-07-18 21:23 | 東京都

生後5ヶ月女児揺さぶりで重傷 神奈川

虐待内容:身体的虐待
発生日:2011年3月22日
ところ:神奈川県横浜市栄区
子の年齢:当時5カ月
性別:女
子の状態:急性脳浮腫や急性硬膜下血腫などの重傷。命に別条はないが、今後両目の失明や発育障害が残る恐れがある。

虐待した人(続き柄):父(長女)
年齢:32歳
職業:自営業
容疑:傷害容疑
逮捕の日:2012年7月15日
虐待の状況:2011年3月22日午前9時ごろから午後6時ごろまでの間、自宅で当時5カ月だった長女の頭部を揺さぶるなどして硬膜下血腫などの重傷を負わせた疑い。当時、母と祖母は朝から出勤し、自宅には父と長女の2人でいた。夕方に母親が帰宅すると、長女が寝室で白目をむいて倒れていた。夜になって父母が病院に連れて行った。長女には、脳障害のほか、胸などにもあざがあり、医師が「虐待ではないか」と同署に通報していた。父は「午後にミルクを飲ませたが、ほとんど飲まず、白目になった。あやす時に何度か縦に揺さぶったが、強い衝撃を与えた記憶はない」と説明。

家族構成:父、母、長女(1)、次女(3ヶ月)、父の母の5人暮らし。(当時は次女は生まれておらず4人暮らし)
その他:長女は退院後、乳児院に入所していて、通院中。
[PR]

by tatata24 | 2012-07-16 21:40 | 神奈川県

5歳男児死亡 埼玉

虐待内容:身体的虐待
発生日:2012年7月9日
ところ:埼玉県朝霞市
子の氏名:明日(あした)ちゃん
子の年齢:5歳
性別:男
子の状態:死亡
虐待した人(続き柄):母と継父(母の長男)
年齢:23歳と23歳
職業:無職と無職
容疑:傷害容疑
逮捕の日:2012年7月10日
虐待の状況:母と継父は9日夜、「子どもが息をしていない」と消防に通報し、母の長男(5歳)が病院に運ばれたが、既に心肺停止状態で、まもなく死亡が確認された。長男の体には十数か所にあざがあった。2人は調べに対して、「懐かないので殴った」などと供述。6月20日から7月8日までの間、自宅アパートで、長男の手や足を棒でたたくなどしてけがをさせた疑い。司法解剖の結果、明日ちゃんの直接の死因は特定できなかったが、明日ちゃんのあごの骨が折れていた。全身にあった十数カ所のあざには古いものもあり、日常的に虐待されていた疑い。

家族構成:母、継父、長男の3人暮らし
その他:明日ちゃんには発達障害があった。2007年12月に朝霞市福祉事務所から児童相談所に「母親が拒否的」と通告があった。その後の養育支援で改善が認められた。2008年7月には市福祉事務所から「あざをつくって保育所に登園した」と連絡があった。2011年2~3月と、2012年3~5月の2回、児童相談所が明日ちゃんを一時保護した。6月上旬には二度、児相職員が長男にあざがないことを確認した。長男が通っていた朝霞市内の保育園によると、0歳児から入園し、6月7日まで通っていたが、母から欠席の連絡が入り、その後は通園していなかった。
[PR]

by tatata24 | 2012-07-10 22:22 | 埼玉県

2歳男児死亡 静岡

虐待内容:身体的虐待
発生日:2012年5月3日
ところ:静岡県伊東市
子の氏名:瑛斗(えいと)ちゃん
子の年齢:2歳
性別:男
子の状態:死亡
虐待した人(続き柄):父(長男)
年齢:27歳
職業:建設作業員
容疑:傷害致死容疑
逮捕の日:2012年7月5日
虐待の状況:2012年5月3日、父が119番し、長男は病院に搬送されたが、脳損傷で死亡が確認された。頭部に不自然な外傷があったため、病院が警察に通報した。事件当時、自宅には父と瑛斗ちゃんら双子の子供しかいなかったため、同署は父の暴行と判断した。

家族構成:父、母、双子の長男、次男、父方祖母、父の弟の6人暮らし
その他: 2010年5月、生後3カ月だった長男について、医療機関から「頭に水がたまっている」との連絡が児相にあった。医療機関の診断では、外からの衝撃などによるものではなく、虐待の可能性を疑うことはできなかった。しかし、母親が20代前半と若く、最初の子が双子だったことから、伊東市健康医療課がケアすることにした。 同年11月、瑛斗ちゃんが入院。医療機関から「吐くなどの症状があり、頭部に外傷がみられる」と児相に連絡。1カ月前にも、頭への外傷で通院していたことを医療機関から聞き、職員が自宅を訪問した。両親は「手を上げたのではない。頭を打ったのは心当たりがない」と説明。職員は虐待の兆候がないと判断した。長男は年内に退院した。
2011年1月、医療機関から「頭を打って来院した」と連絡。3度目の通報だった。児相は、虐待を疑う。一時保護が必要と判断し、県東部の児童福祉施設で預かり、同年2月に正式に入所。両親は1カ月に1回面会に来ていたという。長男に怖がる様子がなく、伊東市の市立保育園に入所できるなどの環境も整ったため、12年3月末に退所した。市の健康医療課が、保育園を通じて注意深くケアすることにした。4月からは市内の保育園に双子の弟と一緒に通っていた。保育園での着替えなどでも、あざといった虐待の兆候はみつからなかった。 しかし、5月3日、長男は救急搬送され、夕方、脳挫傷で亡くなった。
[PR]

by tatata24 | 2012-07-07 22:14 | 静岡県

5歳男児死亡(心中) 神奈川

虐待内容:身体的虐待
発生日:2012年5月29日
ところ:神奈川県相模原市南区
子の氏名:秀太くん
子の年齢:5歳
性別:男
子の状態:死亡
虐待した人(続き柄):母(長男)
年齢:38歳
職業:無職
容疑:殺人容疑
逮捕の日:2012年7月6日
虐待の状況:母は5月29日午後8時ごろ、自宅で長男の胸を包丁で刺し、殺害した疑い。母は当時、長男とは別の部屋で、左手首や左脇腹に切り傷を負い、意識不明の状態で発見された。同署は無理心中を図ったとみて、回復を待って逮捕した。母は「自分の子どもに手を掛けることはしない。知らない人が突然来て刺した」などと容疑を否認。

家族構成:
その他:相模原市の育児相談を担当する課の職員が、事件の直前に家庭訪問などを行っていた。事件の8日前に母親の知りあいから「母親の精神状態が不安定で、こどもの世話ができていないようだ」と通報があったため、育児放棄の疑いがあるとして、担当の職員が3回にわたり家庭訪問などを行った。最初の訪問の際には母親に体調のすぐれない様子が見られたものの、その後は長男も含め、変わった様子はなかったため、担当の職員は育児に問題はないと判断して、6月に再び面会することを約束し、すぐに対応するのを見送った。
[PR]

by tatata24 | 2012-07-06 20:50 | 神奈川県
line

忘れないために・・・。ニュースは流れて消えていきます。繰り返さないために、ここに記録しておきます。(ニュースとして公表された内容です。ただし全てを網羅しているわけではありません)


by tatata24
line