<   2013年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧


5歳女児死亡 埼玉

虐待内容:(保護者によらないため児童虐待防止法の定義する児童虐待ではない)
発生日:2013年12月5日
ところ:埼玉県本庄市
子の氏名:
子の年齢:5歳
子の所属:
性別:女
子の状態:死亡
虐待した人(続き柄):継父の連れ子(同居女性の子)
年齢:14歳
職業:中学2年生
容疑:傷害容疑
逮捕の日:2013年12月6日
虐待の状況:中2男子は5日午前1時ごろ、自宅で女児の顔面を数回殴り、床にたたきつけるなどの暴行を加え、顔面打撲の傷害を負わせた疑い。女児は約10時間後に搬送先の病院で死亡した。少年の父親(43)と女児の母親(24)は内縁関係にあり、少年と女児の間に血縁関係はなかった。男子生徒は「相手の家族が嫌いだった」と容疑を認めている。当時父親は外出中で、自宅には少年と女児を含めて家族計7人がいた。同日午前2時半ごろ、女児の母親と少年の祖母が女児を病院につれていったが、病院が夜間診療を行っていなかったため119番通報した。

家族構成:
その他:
[PR]

by tatata24 | 2013-12-06 21:44 | 埼玉県

7か月女児死亡 

虐待内容:身体的虐待
発生日:2012年7月12日~13日
ところ:愛知県豊橋市
子の氏名:望玲愛(みれあ)ちゃん
子の年齢:当時7か月
子の所属:
性別:女
子の状態:死亡
虐待した人(続き柄):父(三女)
年齢:33歳
職業:トラック運転手
容疑:傷害致死容疑
逮捕の日:2013年12月6日
虐待の状況:父母には、長女(2)と双子の姉妹の3人の子がいるが、双子は2012年2月、市内の病院に風邪の症状で入院、その後、双子の上の子(次女)が心肺停止状態になった。病院は次女に眼底出血があることなどに気付き、「虐待の疑いがある」と児相に通報。児相は父らに事情を聴いたが虐待を強く否定され、「病院内で第三者が関与した疑いもある」と判断した。三女は2012年3月に退院した後、母の実家で生活。児相は県警に情報提供すると共に、市こども保健課と連携して父宅への家庭訪問や面会を開始した。三女は
同4月に自宅へ戻り、その後も家庭訪問などを実施していた。
2012年7月12日夜から翌13日未明の間、自宅アパートで、三女の呼吸が突然、不自然になり、吐き始めたのに気づき、母が三女を市内の病院に運び入院した。事件当時、父は同じ部屋で寝ていた。その後、三女は意識不明に陥った。三女は目立った外傷はなかったが、意識が戻らないまま2012年8月7日に脳損傷や急性硬膜下血腫などで死亡した。病院から通報を受けた児童相談所が県警に連絡。司法解剖した結果、死因は、脳の損傷が原因の感染症だった。逮捕容疑は、父が三女の頭部を揺さぶったり打ち付けたりする暴行を加え、死亡させた疑い。父は「あやしていて手を離したら突然後ろに倒れた」と容疑を否認。

一方、双子の上の子(次女)は2012年2月に発熱のために市内の病院に搬送され三女とともに入院したが、
同3月7日までに意識不明になり、2013年7月29日に1歳7カ月で死亡した。司法解剖で、腕を骨折していたほか、脳を包む膜が破れていたことがわかった。

家族構成:当時、父と母、長女(2)、双子の姉妹の5人暮らしだった。父母は今年2月ごろに離婚し、父は現在、1人暮らし。
その他:愛知県東三河児童・障害者相談センター(児相)の所長は「虐待と断定できず、保護に踏み切るには至らなかった。結果的に双子の命が失われ、申し訳ない」と述べた。
[PR]

by tatata24 | 2013-12-06 21:15 | 愛知県

4か月男児死亡 栃木

虐待内容:身体的虐待
発生日:2012年6月24日
ところ:栃木県芳賀町
子の氏名:来夢(らいむ)くん
子の年齢:当時生後4か月
子の所属:
性別:男
子の状態:死亡
虐待した人(続き柄):父(二男)
年齢:23歳
職業:空調設備工
容疑:傷害致死容疑
逮捕の日:2013年12月4日
虐待の状況:父は2012年6月24日夜、自宅で当時生後4か月だった次男の体を激しく揺さぶるなどの暴行を加え、およそ1か月後の7月19日に死亡させた傷害致死の疑い。当時、二男は父と2人で部屋にいて、父方祖母が「(二男が)息はしているが、様子がおかしい」と119番通報し、病院に運ばれた。祖母は「わたしは、外にいたんです。パパと来夢が風呂に入るから、準備してたんですよ。いつも泣きが強いから、(二男が)お風呂入りたくて泣いてるのかな。その時に、急に泣きがやんでしまった。びっくりしたんですよ」「『母ちゃん大変だ、二男がぐったりしちゃった』と(父が)走ってきた。(父は)ちょっと気性は激しいけど、人に手を上げるような子じゃない。ましてや自分の子どももかわいがっていたし」と話した。消防からの通報を受け警察が調べたところ、死因は頭の中で出血する外傷性硬膜下血腫で、体を激しく揺さぶられたことなどが原因とみて捜査を続けてきたが、容疑が固まったとして、12月4日、逮捕した。父は「やっていない」と容疑を否認。

家族構成:父、母、子2人、父方祖父母、父の兄の計7人暮らし

その他: 事件は、2012年の6月24日で、その翌日の25日、児童相談所が自宅を訪れることになっていた。
児童相談所は、二男のあざが増えているという情報により、25日に家庭訪問をする約束を取り付けていた。
しかし、事件は、その前日に起きてしまった。
[PR]

by tatata24 | 2013-12-04 22:05 | 栃木県

6歳男児3週間のやけど 愛知

虐待内容:身体的虐待
発生日:2013年11月30日
ところ:愛知県豊田市
子の氏名:
子の年齢:6歳
子の所属:
性別:男
子の状態:顔や背中、胸に全治3週間のやけど
虐待した人(続き柄):継父(妻の長男)
年齢:26歳
職業:作業員
容疑:傷害容疑
逮捕の日:2013年12月2日
虐待の状況:継父は11月30日午後7時10分ごろ、自宅の風呂場で、蛇口からおけに注いだ熱湯を服の上から長男にかけ、顔や背中、胸に全治3週間のやけどを負わせた疑い。翌日12月1日に母親と受診に訪れた市内の病院が県警に通報し、事件が発覚した。継父は「嘘をついたことに腹を立ててやった」と供述。

家族構成:
その他:
[PR]

by tatata24 | 2013-12-03 21:33 | 愛知県
line

忘れないために・・・。ニュースは流れて消えていきます。繰り返さないために、ここに記録しておきます。(ニュースとして公表された内容です。ただし全てを網羅しているわけではありません)


by tatata24
line