14歳男児自殺 東京都

虐待内容:身体的虐待
発生日:2010年~2014年7月29日
ところ:東京都西東京市
子の氏名:
子の年齢:14歳
子の所属:中学2年
性別:男
子の状態:首をつって自殺

虐待した人(続き柄):継父(妻の長男)
年齢:41歳
職業:無職
容疑:傷害容疑
逮捕の日:2014年7月31日
虐待の状況:継父は7月29日午後、自宅で長男の顔や胸を数回殴ったり蹴ったりしてけがをさせた疑い。継父は29日午後、長男の顔を殴るなどしたうえ、「24時間以内に首をつって死んでくれ」と自殺を迫った。「部屋を出るな」と長男に指示もしていたという。長男は30日、自室で首をつって自殺しており、同署では長男が日常的に虐待を受け、それを苦に自殺した可能性があるとみている。30日朝、母親が自宅で首をつっている長男を見つけ119番。遺体には古いものも含め、顔や胸、足などにあざがあり、継父が暴行を加えたことを認めた。「ふすまの開け閉めが悪かったので殴った」と容疑を認めている。同居する母親は「3~4年前から暴行が始まり、今年6月ごろから激しくなった」と説明。継父は6月中旬、中学校に「体調が悪いので休ませる」などと連絡。長男は6月13日から中学を休んでいた。継父はボクシング経験者で、「ボクシングのグロープをはめて長男を殴ったことがある」などと供述。

家族構成:継父、母、長男、次男の4人暮らし。3〜4年前から西東京市内の都営アパートで同居を始め、2年前に結婚した。家計は妻がパートで支えていたという。その他: 2013年10~11月ごろ長男の右目付近にあざがあるのを中学校の担任が見つけた。生徒は「継父から暴力を受けた」と話した。学校は母親に医者へ連れて行くよう伝え、母親が了解したため、様子を見ようと判断した。2014年4月にも顔にあざが見つかり、長男は継父の暴力と認めたうえで、教諭に「いつもではないので大丈夫」と話した。学校は、継父から話を聴いたが「子どもを強くしたい」などと説明を受け、特段の対応は取らなかった。6月中旬から不登校になり学校は家庭訪問したいと伝えたが、継父に「来ないでほしい」「祖母宅に移るので自宅にはいない」などと断られ、そのままにしていたという。強制的な立ち入り権限を持つ児童相談所には通告せず、市教委に報告したのは生徒の自殺後だった。
[PR]

# by tatata24 | 2014-07-31 22:26 | 東京都

生後2か月男児重傷 鹿児島

虐待内容:身体的虐待
発生日:2013年8月14日
ところ:鹿児島県鹿屋市
子の氏名:
子の年齢:生後2か月(当時)
子の所属:
性別:男
子の状態:急性硬膜下血腫や頭蓋骨骨折などの重傷のち2013年12月に肺炎で死亡

虐待した人(続き柄):父(長男)
年齢:29歳
職業:無職
容疑:傷害容疑
逮捕の日:2014年7月14日
虐待の状況:2013年8月14日午後8時頃、鹿児島市のアパートの自室で、同居する女性との間に生まれた男児の体を揺さぶるなど暴行を加え、急性硬膜下血腫や頭蓋骨骨折などの傷害を負わせた疑い。父は同日、男児を市内の病院に連れて行き、診察した医師が「虐待の可能性がある」と同署に通報した。男児は顔や手足にあざがあった。長男には視覚障害の後遺症が残ったほか、将来的に手足が不自由になったり、言語能力に障害が生じたりする可能性があると診断された。長男は約1か月間入院した後、乳児院に預けられたが、昨年12月、肺炎の疑いで死亡した。暴行と死亡との因果関係は不明という。父は「泣きやまなかったので揺さぶった」と供述。

家族構成:父、母(27)、長男の3人暮らし。父母は事実婚。
その他:
[PR]

# by tatata24 | 2014-07-16 21:58

1歳男児重体 静岡

虐待内容:身体的虐待
発生日:2014年7月4日~6日
ところ:静岡県沼津市
子の氏名:
子の年齢:1歳
子の所属:
性別:男
子の状態:意識不明の重体

虐待した人(続き柄):継父(同居女性の子)
年齢:29歳
職業:無職
容疑:傷害容疑
逮捕の日:2014年7月6日
虐待の状況:継父は7月4日午後5時半から6日午前1時45分の間に、同市内のアパート男児の頭に暴行を加えるなどし、急性硬膜下出血の傷害を負わせ、意識不明の重体にした疑い。仕事中だった男児の母親に継父から「子供の具合が悪いようだ」と電話があり、母親が外出先から119番通報した。男児は病院に運ばれたが、全身に傷があったため、病院が沼津署に通報した。母親が4日に男児の姿を確認した際は、元気な様子だったという。母は5日夕から仕事で不在にしており、自宅には継父と男児の2人だった。

家族構成:継父、母、子の3人暮らし
その他:同署や県東部児童相談所に虐待などの情報は寄せられていなかった。
[PR]

# by tatata24 | 2014-07-08 22:49 | 静岡県

3歳女児死亡 埼玉

虐待内容:身体的虐待
発生日:2014年6月27日
ところ:埼玉県草加市
子の氏名:舞風(まいか)ちゃん
子の年齢:3歳
子の所属:
性別:女
子の状態:死亡

虐待した人(続き柄):継母(夫の長女)
年齢:32歳
職業:無職
容疑:暴行容疑
逮捕の日:2014年6月27日
虐待の状況:継母は6月27日午前10時30分頃、自宅アパートで長女(3)を押し倒した疑い。継母は、長女が倒れて動かなくなったため119番した。長女は、病院に搬送されたが、約4時間後に死亡した。死因は急性硬膜下血腫による脳ヘルニアだった。同署は暴行との因果関係について調べている。継母は「イライラして払いのけた」と供述。長女に、目立ったあざなどはない。父は仕事で外出中だった。

家族構成:継母、父(33)、長女の3人暮らし。今年3月に同居を始めた。
その他:これまでに児童相談所への通報や相談はなかった。近所の主婦は「子供を叱りつける声や激しく泣く声が聞こえた」と話した。
[PR]

# by tatata24 | 2014-06-28 22:23 | 埼玉県

4歳男児死亡 東京

虐待内容:ネグレクト
発生日:2013年3月
ところ:東京都足立区
子の氏名:
子の年齢:4歳
子の所属:
性別:男
子の状態:死亡

虐待した人(続き柄):父母(次男)
年齢:30歳と27歳
職業:無職
容疑:詐欺容疑
逮捕の日:2014年6月26日
虐待の状況:夫婦は4歳になる次男が行方不明になっている事実を隠し、1年ほどにわたって次男分の児童手当や生活保護費、およそ43万円を不正に受給していたとして詐欺の疑い。父は「次男が死んで届け出ると額が減ってしまうから不正に受給した」と供述、母も「生活が苦しかったので死んだことを隠して届け出ず、もらい続けていた」と供述。夫婦は「去年3月に朝起きたら次男が死んでいた。遺体は遺棄した」と供述。警視庁は、供述に基づいて山梨県の河口湖周辺の捜索を続けているが、これまでのところ発見には至っていない。

家族構成:父母と死亡した次男を含めて子ども6人の8人暮らし
その他:「育児放棄」の恐れがあるなどと判断し、児相は家庭訪問をしていた。児相が次男を最後に確認したのは201年2月の家庭訪問でその後、同7月と12月にも家に出向いたが、いずれも父が玄関先などで対応し、「妻が寝ているので別の日にしてほしい」などと応じなかったため、子ども6人全員の姿を確認せずに引き揚げていた。児相は5月14日、「次男がいなくなっている」との情報を得て、同16日に計2回、自宅を訪問。父は布団をかけて寝ている子ども6人の姿を見せた。布団で寝ている子ども6人の頭部を確認した。職員が同日午後に再び訪ねた時には、居間で背を向けて座っている姿を、父が「次男です」と指さした。一緒に寝ている妻について「体調不良だ」と言ったため、それ以上の調査はしなかった。警視庁によると、父母は今年3月、インターネットで体長約1メートルのマネキン人形を購入していた。警視庁は、次男とされたのは人形だったとみている。 また母親が5月、近所の知人に「次男を児童相談所に連れて行かないといけないので、あなたの子供を貸してほしい」と頼んでいた。児相は次男と出頭するように要請しており、警視庁捜査1課は父母が別人を次男にみせかけ、事件発覚を逃れようとしたとみて調べている。
[PR]

# by tatata24 | 2014-06-27 22:55 | 東京都

生後5か月男児死亡 宮崎

虐待内容:ネグレクト
発生日:2014年6月15日
ところ:宮崎県都城市
子の氏名:大志ちゃん
子の年齢:生後5カ月
子の所属:
性別:男
子の状態:死亡

虐待した人(続き柄):母と同居人(母の次男)
年齢:21歳と21歳(同居人も女性)
職業:ホステスとホステス
容疑:保護責任者遺棄致死容疑
逮捕の日:2014年6月20日
虐待の状況:母と同居人の2人は、自宅アパートに大志ちゃんを放置して数日間外出し、ミルクなどを与えず、15日ごろに餓死させた疑い。同居人は、外出がちな母親にかわって大志ちゃんの世話をしていた。
17日午後2時ごろ、帰宅した同居人が死亡している大志ちゃんを発見。連絡を受けた母が通報した。署員が駆けつけたとき、遺体は布団の上で毛布を掛けられており、目立った外傷はなかった。一緒に住む長男(2)は無事だった。司法解剖の結果、餓死と判明した。生後5カ月の男児の体重は平均6〜9キロとされるが、大志ちゃんは発見時、体重約3キロだった。


家族構成:同居人と母、長男、次男の4人暮らし
その他:
[PR]

# by tatata24 | 2014-06-22 22:11 | 宮崎県

生後間もない男児死亡 大阪

虐待内容:ネグレクト
発生日:2014年6月13日
ところ:大阪市東淀川区
子の氏名:
子の年齢:生後間もない
子の所属:
性別:男
子の状態:死亡

虐待した人(続き柄):母(子)
年齢:22歳
職業:アルバイト従業員
容疑:保護責任者遺棄致死容疑
逮捕の日:2014年6月17日
虐待の状況:母は6月13日午前3時ごろ、自宅マンションの洋間で男児を出産したが、病院に運ばず、適切な処置をせず約1時間後に死亡させた疑い。母は13日午前6時20分ごろ、東京の母子支援団体に「家で1人で出産した、養子に出そうと思う」とメールで相談。その後連絡が取れなくなり、不審に思った団体の担当者が13日午後、大阪府警の相談窓口「チャイルドレスキュー110番」に通報した。署員が自宅を訪ね、毛布にくるまれ冷たくなった男児を発見。そばにいた母に事情を聴くと泣き崩れたという。死因は呼吸がうまくできなかったことによる低換気障害。体重1372グラムで早産だったとみられる。母は1人暮らしで、家族や知人に妊娠を相談していなかった。母は「金も保険証もなく、産婦人科に行っていなかった。生まれた子は泣かず、しばらくして冷たくなった」と供述。
家族構成:1人暮らし。
その他:
[PR]

# by tatata24 | 2014-06-18 20:40 | 大阪府

7歳と6歳と2歳死亡(心中) 千葉 

虐待内容:身体的虐待(心中)
発生日:2014年6月14日
ところ:千葉県八千代市
子の氏名:晴慶(はるみち)君、寿美花(すみか)ちゃん、颯佑(そうすけ)ちゃん。
子の年齢:7歳と6歳と2歳
子の所属:7歳児と6歳児は小学生
性別:男と女と男
子の状態:死亡
虐待した人(続き柄):母()
年齢:35歳
職業:無職
容疑:
逮捕の日:
虐待の状況:6月14日午後5時55分ごろ、千葉県八千代市の14階建てマンションの入り口付近で女性と幼い子供3人の計4人が倒れているのを近所の住民が発見し、110番した。マンション前に、市内に住む女性(35)が倒れており、玄関の屋根の上で男児(7)と女児(6)が倒れていた。ほかに男児(2)が近くの木に引っかかった状態だった。2歳の男児の死亡が現場で確認され、残る3人は病院に運ばれたが意識不明の重体。のち4人とも同日死亡が確認された。最上階のエレベーターの前に母のものとみられる荷物があり、中に運転免許証もあった。遺書などは見つかっていない。最上階から飛び降りたとみられ、女性は子供の母親で、無理心中とみて調べている。このマンションはオートロックではなく、エレベーターの防犯カメラには4人が14階で降りた様子が映っていたという。母親は、マンションから約2キロ離れた場所に住んでいた。
家族構成:
その他:
[PR]

# by tatata24 | 2014-06-15 20:48 | 千葉県

2歳女児死亡 宮城

虐待内容:身体的虐待
発生日:2014年6月4日~5日
ところ:宮城県仙台市宮城野区
子の氏名:ほたるちゃん
子の年齢:2歳
子の所属:
性別:女
子の状態:低酸素性脳障害のため死亡

虐待した人(続き柄):母の交際相手(母の長女)
年齢:32歳
職業:建設作業員
容疑:傷害容疑
逮捕の日:2014年6月13日
虐待の状況:男は6月4日午後7時ごろから5日午前1時ごろまでの間、男の自宅で、ほたるちゃんの頬をつかみ、皮下出血のけがを負わせた疑い。母親が迎えに行ったところ、ほたるちゃんの頬にアザが残っていたという。8日深夜、ほたるちゃんが自宅でうめき声をあげて嘔吐(おうと)した。9日未明にぐったりしていたため、母が入院させたが、12日午前に死亡した。ほたるちゃんは入院先の病院で低酸素性脳障害のため死亡した。病院が県警に通報した。県警は、ほたるちゃんの体に複数の傷があることから、日常的な暴行があった疑いもあるとみて捜査している。男から事情を聴いたところ、4日午後7時~5日午前1時ごろ、男宅でほたるちゃんを預かっていた際に頰をつねったと話した。「ほたるちゃんに両頬の内側をかむ癖があり、しつけのために両頬をつかんだ」と供述。5月末に預けた際にもほたるちゃんの顔にアザなどがあった。

家族構成:母と長女の2人暮らし。4日は母親が男にほたるちゃんを預けていた。
その他:
[PR]

# by tatata24 | 2014-06-14 21:36 | 宮城県

5歳男児死亡 神奈川

虐待内容:ネグレクト
発生日:2006年10月から2007年1月ころ
ところ:神奈川県厚木市
子の氏名:理玖(りく)ちゃん
子の年齢:当時5歳
子の所属:
性別:男
子の状態:死亡

虐待した人(続き柄):父()
年齢:36歳
職業:トラック運転手
容疑:保護責任者遺棄致死容疑
逮捕の日:2014年5月31日
虐待の状況:父は、2006年10月ごろから07年1月ごろにかけ、食事や水分を十分に与えず、息子を衰弱させ、遺体が見つかったアパートの部屋で死亡させた疑い。厚木署は今年5月22日、児相から「中学校に入学するはずの男の子が学校に来ない」と通報を受け、30日に父と連絡を取って立ち会いを求めて入室、遺体を発見した。父は「2005年ごろに母が家を出て行き、その後は父が息子の面倒を見ていた」と供述。仕事などで留守にしがちだった06年秋ごろ、部屋に戻ると6畳間で死亡していたという。「外出時は息子が外に出られないように部屋に閉じ込めていた。息子が死に、怖くなって家を出た」と供述。遺体は身長約1メートルで目立った外傷はなく、性別が判別できない状態で、死後、長期間経過しているという。司法解剖して詳しく死因を調べる。母とは連絡が取れず、所在も不明。遺体の周りには飲料水や弁当などのごみが大量に散乱。県警は賞味期限や製造年月日から死亡の時期を推定した。男子は生きていたら、30日に13歳の誕生日を迎えるはずだった。

家族構成:
その他: 同県厚木児童相談所の所長は31日、記者会見した。男児の所在を最後に確認したのは平成16年(2004)で、小学校に通っていないことを把握しながら、今年春まで県警に相談しなかった。2004年10月7日午前4時半ごろ、アパートの近くで通行人が男児を発見し、児相が保護。その際、男児は裸足で、Tシャツと紙おむつ姿だったといい、翌8日、母親に引き渡した。児相が男児の姿を確認したのはこの時が最後だったという。その後、男児が小学校に通っていないことを把握していたが、今年に入って事件性もあると判断し、5月22日に県警に相談していた。
[PR]

# by tatata24 | 2014-05-31 22:38 | 神奈川県

5歳女児重傷 和歌山

虐待内容:身体的虐待
発生日:2013年6月23日
ところ:和歌山県有田市
子の氏名:
子の年齢:5歳
子の所属:
性別:女
子の状態:左太ももの付け根の骨を折る重傷
虐待した人(続き柄):継父(妻の連れ子)
年齢:29歳
職業:会社員
容疑:傷害容疑
逮捕の日:2014年5月20日
虐待の状況:継父は2013年6月23日午後5時ごろ、和歌山市内の自宅で、長女に暴行し、全治72日の左太ももの付け根の骨を折る重傷を負わせた疑い。「長女が転んで怪我をした」という内容の119番通報を継父がして、長女は病院に搬送された。当時、母は外出しており、自宅には継父と長女、次女がいた。同署は病院の診断結果から、外部から強い力が加えられ骨折したと判断した。長女が通う保育園から「骨折をした子がいる。虐待ではないか」と連絡があり、センター職員の相談を受けた和歌山東署が捜査していた。継父は「暴力は振るっていない」と容疑を否認している。長女は、病院からの退院を待って9月2日に一時保護された。長女は現在、児童相談センターの保護施設にいる。

家族構成:当時は継父と母(25)、長女、次女の4人家族。その後に夫婦は離婚が成立している。
その他:
[PR]

# by tatata24 | 2014-05-21 22:59 | 和歌山県

生後2か月女児重傷 茨城

虐待内容:身体的虐待
発生日:2014年2月8日
ところ:茨城県笠間市
子の氏名:
子の年齢:生後2カ月
子の所属:
性別:女
子の状態:骨折や脳挫傷などの重傷

虐待した人(続き柄):母(長女)
年齢:23歳
職業:無職
容疑:傷害容疑
逮捕の日:2014年4月30日
虐待の状況:母は2月8日昼ごろ、自宅で長女の頭を座椅子にたたきつけ、頭の骨を折るなどの重傷を負わせた疑い。当時、父は外出中だった。母が「子どもがけがをした」と同日中に119番。診察した水戸市内の病院から約2週間後、同署に連絡があった。長女は現在も入院中だが、命に別条はない。

家族構成:父(41)、母、長女の3人暮らし
その他:
[PR]

# by tatata24 | 2014-05-02 23:01 | 茨城県

生後間もない男児 大阪

虐待内容:身体的虐待
発生日:2014年2月
ところ:大阪府高槻市
子の氏名:
子の年齢:生後約1カ月
子の所属:
性別:男
子の状態:意識不明の重体

虐待した人(続き柄):()
年齢:
職業:
容疑:
逮捕の日:
虐待の状況:男児は2月16日、両親に連れられ高槻市内の病院を受診した。病院側は男児の頭のけがが重く、命に危険があると判断し、大学病院への転院を119番して消防に要請。男児は大学病院に搬送された。その後、関係機関より「虐待の疑いがある」との情報が寄せられた。生後間もない男児は自力で動き回れる状況にないことから、府警は両親や周辺住民から事情を聴くなどして詳しい経緯を調べている。
家族構成:
その他:
[PR]

# by tatata24 | 2014-04-15 21:16 | 大阪府

出産した男児遺体 群馬

虐待内容:
発生日:2014年3月上旬
ところ:群馬県太田市
子の氏名:
子の年齢:出産後すぐ
子の所属:
性別:男
子の状態:死亡

虐待した人(続き柄):母()
年齢:28歳
職業:アルバイト
容疑:死体遺棄容疑
逮捕の日:2014年4月3日
虐待の状況:2014年3月上旬ごろに自宅トイレで出産し、そのまま捨てたとみられる。4月2日くみ取り業者が遺体を見つけ、母方祖母(57)が110番通報した。死因などは不明で、司法解剖して調べる。母は「遺体を遺棄したことに間違いありません」「妊娠は認識していた」と話している。 家族は「何も気付かなかった」と話している。
家族構成:母方祖母、母、長男(9)、母の弟の4人暮らし。
その他:
[PR]

# by tatata24 | 2014-04-04 04:25 | 群馬県

生後間もない女児 重傷 鹿児島

虐待内容:身体的虐待
発生日:2012年1月18日から2月13日ごろの間
ところ:鹿児島市
子の氏名:
子の年齢:2歳(当時、生後間もない)
子の所属:
性別:女
子の状態:脳挫傷や眼底出血などの大けが。全身まひや視聴覚の障害などの後遺症が残る

虐待した人(続き柄):母(長女)
年齢:29歳
職業:無職
容疑:傷害容疑
逮捕の日:2014年4月2日
虐待の状況:母は2012年1月18日から2月13日ごろの間、自宅で長女を揺らしたりたたいたりし、慢性硬膜下血腫や眼底出血などの傷害を負わせた疑い。2月13日、長女が発熱したため、父母が市内の病院に連れていき、診察した医師が虐待の疑いがあるとみて県警に通報した。長女は乳幼児揺さぶられ症候群と診断され、体全身のまひや視聴覚に重い障害が残った。長女は約3か月入院した後、現在は県内の福祉施設で保護されているが、今でも視聴覚などに重い障害が残り、寝たきりの状態が続いている。母は「泣きやまないことにいらいらして、何回か強く揺さぶった」などと供述。

家族構成:当時、父(45)母、長女の3人暮らし。
その他:
[PR]

# by tatata24 | 2014-04-03 04:03 | 鹿児島県
line

忘れないために・・・。ニュースは流れて消えていきます。繰り返さないために、ここに記録しておきます。(ニュースとして公表された内容です。ただし全てを網羅しているわけではありません)


by tatata24
line