9歳男児腕を骨折 三重

虐待内容:身体的虐待
発生日:2009年7月12日
ところ:三重県津市大門
子の年齢:9歳
性別:男
子の状態:腕を骨折
虐待した人(続き柄):継父(内妻の長男)
年齢:21歳
職業:無職
容疑:傷害容疑
逮捕の日:2009年7月29日
虐待の状況:12日午後8時半ごろ、自宅で小学4年の男児(9)の右手をひねったり腹を数回けるなどし、右腕骨折などの加療16日のけがをさせた。「男児が生意気なことを言い、内縁の妻とけんかになったので憂さ晴らしをした」
虐待を疑った学校が13日、市を通じて県中勢児童相談所に連絡し、男児を保護した同相談所が、男児を病院に連れて行き、津署に相談した。同相談所によると、5月中旬ごろ、男児の顔や上半身のあざを不審に思った学校から市を通じて通告があり、これまで3度の面接などを通じて虐待防止を指導していた。
家族構成:継父、母、長男、長女(乳児)の4人
その他:
[PR]

by tatata24 | 2009-07-30 21:14 | 三重県
line

忘れないために・・・。ニュースは流れて消えていきます。繰り返さないために、ここに記録しておきます。(ニュースとして公表された内容です。ただし全てを網羅しているわけではありません)


by tatata24
line