4歳女児死亡 京都

虐待内容:身体的虐待
発生日:2008年2月12日
ところ:八幡市西山和気
子の氏名:松下真菜ちゃん
子の年齢:4歳
性別:女
子の状態:死亡
虐待した人(続き柄):母(次女)
年齢:26歳
職業:無職
容疑:保護責任者遺棄致死の疑い
逮捕の日:2008年5月1日
虐待の状況:衰弱して食事を受け付けず、歩行困難な状態に陥っていたのに、病院に連れて行くなど必要な保護をせずに放置し、12日夜に気管支肺炎で死亡させた。「体にあざがあるので、虐待を疑われるから病院に連れて行かなかった。死ぬとは思わなかった」母は2月13日午前零時ごろに「娘がけいれんを起こし、ぐったりしている」と119番通報した。真菜ちゃんは約1時間後に病院で死亡が確認された。府警が同日にを司法解剖した結果、硬膜下血腫が見つかり、体にあざがあった。体重が約10キロで、4歳児の平均を下回っていたため、虐待の疑いも含めて捜査していた。
家族構成:母、男性2人、長女、長男、次女、三女の7人
その他:母は、昨年10月に八幡市男山泉から同居する男性のアパートに移り住んだ。市によると、その前月に近隣住民から「親が子どもの面倒をみていない」「子どもがしかられ頻繁に泣き声がする」との通報が民生児童委員に寄せられていた。
[PR]

by tatata24 | 2008-05-01 20:42 | 京都府
line

忘れないために・・・。ニュースは流れて消えていきます。繰り返さないために、ここに記録しておきます。(ニュースとして公表された内容です。ただし全てを網羅しているわけではありません)


by tatata24
line